スポンサーリンク

The Cure – Why Can’t I Be You? 歌詞の意味と和訳

2019-02-16

The Cure – Why Can’t I Be You?
ザ・キュアー – ホワイ・キャント・アイ・ビー・ユー?

 
 

The Cureの7作目のアルバム「Kiss Me, Kiss Me, Kiss Me」(1987年) の5曲目に収録されている曲です。

同アルバムからの1枚目のシングルとしても、1987年4月にリリースされました。

 

シングル集「Galore」(1997年) や、ベストアルバム「Greatest Hits」(2001年) にも収録されています。

 

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

どうして僕は君になれないの?」というタイトルは、魅力的な”君”にすっかり心奪われている”僕”の言葉です。

 

これは、ロバート・スミスが誰かに憧れるというよりも、当時現れていたキュアーのフォロアーに対する”皮肉”も込められているようです。

 

 

歌詞と和訳

Written by Simon Gallup, Pearl Thompson, Boris Williams, Robert Smith & Lol Tolhurst

You’re so gorgeous I’ll do anything
I’ll kiss you from your feet to where your head begins
You’re so perfect, you’re so right as rain
You make me, make me, make me, make me hungry again

君はとっても魅惑的、僕はなんだってしてあげる
君の足の先から頭までキスしたい
君はなんて完璧なんだ、君こそが正しいのさ
君は、君は、君は、君は、僕の欲望をかきたてる

 

as right as rain 完全に正しい、申し分ない
(雨は天気予報と関係なく降る時は降る=雨は正しい)

 

Everything you do is irresistible
Everything you do is simply kissable
Why can’t I be you?

君のすることに、抗えないよ
君のすることに、ただただキスしたい
どうして僕は君になれないの?

 

irresistible 抵抗できない、悩殺する
kissable キスしたくなるような

 

I’ll run around in circles until I run out of breath
I’ll eat you all up or I’ll just hug you to death
You’re so wonderful, too good to be true
You make me, make me, make me, make me hungry for you

息が切れるまで、ぐるぐる走り回りたい
君を食べ尽くしてしまいたい、それか、息が止まるまで抱きしめたい
君はとても素敵、この世のものじゃないみたい
君は、君は、君は、君は、僕の欲望をかきたてる

 

Everything you do is simply delicate
Everything you do is quite angelicate
Why can’t I be you?
Why can’t I be you?

君のする事は何でも、しなやかで
君のする事は何でも、天使がかっている
どうして君になれないの?

 

You turn my head when you turn around
You turn the whole world upside down
I’m smitten, I’m bitten, I’m hooked, I’m cooked, I’m stuck like glue
You make me, make me, make me, make me hungry for you

君が向きを変えれば、僕も向きを変える
君なら世界だってひっくり返せる
君に心奪われ、成す術なく、虜になって、骨抜きになって、べったりと夢中さ
君は、君は、君は、君は、僕の欲望をかきたてる

 

smite 強打する、心を奪う
glue 接着剤、糊

 

Everything you do is simply dreamy
Everything you do is quite delicious
So why can’t I be you?
Why can’t I be you?
Why can’t I be you?
Why can’t I be you?
Why can’t I be you?
You’re simply elegant

君のする事は何だって、夢のようで
君のする事は何だって、とっても心地よく
どうして僕は君じゃないんだろ?

どうして君になれないの?
君は本当に、エレガント