スポンサーリンク

Bob Dylan – Simple Twist Of Fate 歌詞の意味と和訳

2018-01-04

Bob Dylan – Simple Twist Of Fate
ボブ・ディラン – シンプル・ツイスト・オブ・フェイト(邦題:運命のひとひねり)

 

Bob Dylanの15作目のオリジナルアルバム「Blood on the Tracks(血の轍)」(1975年) の2曲目に収録された楽曲です。

2018年現在もライヴのセットリストに名を連ねています。

 

 

 

歌詞の意味と解釈

タイトルにある「ツイスト」は”ねじれ、曲げる”などの意味です。「フェイト」は”運命、宿命、成り行き”などを指します。

邦題は「運命のひとひねり」となっていますが、私の訳では「運命のいたずら」としました。

歌詞は、一組の男女が運命に翻弄される様子が描かれています。日本語にも「ボタンのかけ違い」という表現がありますが、ちょっとした偶然やすれ違いによって運命を左右する出会いや別れが発生するのが、人の世の常という事でしょうか。

 


ロックポスター Bob Dylan ボブ・ディラン ロンドン 1966 ポスター 61センチX91センチ

 

歌詞と和訳

Written by Bob Dylan

They sat together in the park
As the evening sky grew dark

She looked at him and he felt a spark
Tingle to his bones
‘Twas then he felt alone
And wished that he’d gone straight
And watched out for a simple twist of fate

二人は公園で一緒に座っていた。
夕暮れであたりが暗くなっていくと
彼女に見つめられた彼は
自分の体に火花が走るのを感じた。

彼は急に孤独を感じて
真っすぐな生き方をしなくちゃと思った。
運命のいたずらに気を付けるんだ

 

They walked along by the old canal
A little confused, I remember well

And stopped into a strange hotel
With a neon burning bright
He felt the heat of the night
Hit him like a freight train
Moving with a simple twist of fate

二人は古い運河沿いに歩いた
少し混乱してたけど、よく覚えている。
ネオンが煌々と輝く
奇妙なホテルの前で立ち止まった。

彼は夜の熱気が貨物列車のように
ぶつかってくるのを感じた。

運命のいだずらと共に進みなよ

 

A saxophone someplace far-off played
As she was walking on by the arcade
As the light bust through a beat-up shade
Where he was waking up
She dropped a coin into the cup
Of a blind man at the gate
And forgot about a simple twist of fate

彼女がアーケードを歩いていると、
サックスがどこか遠くで鳴っていた。
日の光がシェードから漏れ出している
そこで彼は目を覚ました。
彼女は、門に佇む盲目の男のカップに
コインを投げ入れ
運命のいたずらは忘れられた

 

He woke up, the room was bare
He didn’t see her anywhere
He told himself he didn’t care
Pushed the window open wide
Felt an emptiness inside
To which he just could not relate
Brought on by a simple twist of fate

彼が目を覚ますと、部屋は空っぽだった
彼女はどこにもいなかった。
彼は気にするなと自分に言い聞かせ
窓を大きく開け放ち
空っぽの心を感じた
彼にはどうしようもできない
これは運命のいたずらだ

 

He hears the ticking of the clocks
And walks along with a parrot that talks

Hunts her down by the waterfront docks
Where the sailors all come in

Maybe she’ll pick him out again
How long must he wait?
One more time, for a simple twist of fate

彼は時計の針の音を聞き
しゃべるオウムを連れて歩く。

水夫達が集まる海岸通りの波止場で
彼女を探す。

もしかしたら彼女が見つけてくれるかもしれない
彼はどれだけ待てばいい?
もう一度、運命のいたずらがやって来るまで

 

People tell me it’s a sin
To know and feel too much within

I still believe she was my twin
But I lost the ring
She was born in spring
But I was born too late
Blame it on a simple twist of fate

知り過ぎたり、感じ取り過ぎる事は、
罪な事だと人々は言う。

彼女は俺の片割れだと、いまだに信じてる
だけど運命の輪を失ってしまった。
彼女は春に生まれ
俺が生まれるのは遅すぎた。
それも運命のいたずらのせいさ

 

 


ロックTシャツBOB DYLAN ボブ・ディラン Blowing In The Wind フォトTシャツ

 

 

アルバム毎の特徴を知りたい人はこちら

 

ボブ・ディランの詩世界に浸りたい人はこちら