スポンサーリンク

<歌詞和訳>Just The Way You Are (素顔のままで) – Billy Joel 曲の解説と意味も

2018-03-04Billy Joel 歌詞和訳[恋愛] 不朽のラヴソング

Billy Joel – Just The Way You Are
ビリー・ジョエル – ジャスト・ザ・ウェイ・ユー・アー(邦題:素顔のままで)

 

アメリカのシンガーソングライター/ピアニスト ビリー・ジョエルの5thアルバム「The Stranger」に収録されている曲です。

同アルバムのリードシングルとして、1977年9月にリリースされました。

もやがかかったようなピアノの音色と、ボサノヴァ調のリズム、ムードのあるサックスが印象的なラヴソングです。

 


ピアノ & ボーカル ビリー・ジョエル グレイテイスト・ヒッツ

 

歌詞の意味と和訳

タイトルにある「ザ・ウェイ・ユー・アー」は ”君らしいあり方” と訳せ、「ジャスト」はそれを強調しています。

自然に訳すと ”ありのままの君” となり、邦題の「素顔のままで」はそれを意訳した表現になります。

歌詞は「ありのままの君が好き」というシンプルな気持ち事を書いているだけなのですが、言葉のチョイスと表現力で、国境も時代も超越するラヴソングとなっています。

また、この曲はビリーの当時の妻エリザベス・ウェーバーに送られたものだと言われています(詳しくは後述しています)。

 

歌詞と和訳

Written by Billy Joel

Don’t go changing, to try and please me
You never let me down before

Don’t imagine you’re too familiar
And I don’t see you anymore

僕を喜ばせようとして、変わらなくていいんだよ
僕はこれまで、君にがっかりした事なんてないんだ

馴れ親しみ過ぎて
僕が飽きるだなんて、考えないで

 

I wouldn’t leave you in times of trouble
We never could have come this far

I took the good times, I’ll take the bad times
I’ll take you just the way you are

どんな困難があろうと、君を離しはしない
僕らには ”ここまで来れた” なんて終着はないんだ

素敵な時を過ごしてきた、これから辛い時もあるだろうけど
ありのままの君と過ごしたいんだ

 

have come this far こんな遠くまで来れた
多くの日本語訳(日本盤CDの訳など)では We never could have come this far が「ここまでやって来た僕ら」等と訳されていますが、never が付いているので「僕らに ”ここまで来れた” なんて事はない=二人の関係はずっと進行していく」という意味と解釈しました。

 

Don’t go trying some new fashion
Don’t change the color of your hair

You always have my unspoken passion
Although I might not seem to care

最新のファッションなんて追わないで
髪の色なんて変えないで

口に出せないほどの想いを、君に抱いている
そんな風に見えないかもしれないけどね

 

unspoken 口に出さない、暗黙の

 

I don’t want clever conversation
I never want to work that hard

I just want someone that I can talk to
I want you just the way you are

気の利いたセリフなんて無くていい
そんな風に気負わないで

なんでも話し合える
ありのままの君でいて欲しいんだ

 

I need to know that you will always be
The same old someone that I knew
What will it take till you believe in me
The way that I believe in you?

僕がよく知っている
昔のままの君でいて欲しい
僕が君を信じるように、君が僕を信じてくれるには

どうすればいいかな?

 

I said I love you and that’s forever
And this I promise from the heart

I could not love you any better
I love you just the way you are

君を愛している、永遠に
心から誓うよ

これ以上、愛せやしないくらい
ありのままの君を愛しているんだ

 

 

スポンサーリンク

 

妻に捧げるラヴソング

この曲は、ビリーの当時の妻エリザベス・ウェーバーへ、彼女の誕生日に贈られた曲だと言われています。

彼女は、マネジメント等のビジネス面でもビリーを支えていたそうです。

後のビリーの妻達(モデルなど) とは違い、いかにもビジネスウーマンな彼女ですが、歌詞にある「最新のファッションを追ったり、髪の色を変えたりしないで」という箇所も、彼女をイメージしたとなると、なるほどと思ってしまいます。

結婚生活は9年で終焉し、離婚後はしばらくこの曲はライヴのセットリストから外されていたそうです。

ちなみに、同じアルバムに収録されている『She’s Always A Woman』もまた、エリザベスについて書かれた曲と言われています。

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

The Stranger(1977年)

 

1,000万枚以上を売り上げ、ビリー・ジョエル最大のヒット作となっている5thアルバム。ビリー・ジョエルと言えば、まずはこのアルバムか次作の「52nd Street」と思われます。

 

Billy Joel: The Ultimate Collection(邦題:ビリー・ザ・ヒッツ 2000年)

 

キャリアを総括した全36曲2枚組のベストアルバム。ベストアルバムは何種類か出ていますが、基本的にはこれがあれば事足ります。

 

Piano Man The Very Best Of Billy Joel(2004年)

 

19曲入りのお手軽なベストアルバムです。

 

栄光と挫折が明かされるロングインタビュー


イノセントマン ビリー・ジョエル100時間インタヴューズ