スポンサーリンク

<和訳>Travis – Side

2017-12-26

Travisの3作目のアルバム「The Invisible Band」(和訳すると「姿無きバンド」 2001年) の3曲目に収録された曲です。
同アルバムの2枚目のシングルとしても2001年9月にリリースされています。

 

 

Travis – Side
トラヴィス – サイド

 

Well I believe there’s something watching over you
君を見守っている人が、きっといるよ

They’re watching every single thing you say
君の言葉、一つ一つを気にしてくれる

And when you die they’ll set you down and take you through
君が死んだら、彼らが君を横たえて、送り出してくれる

You’ll realize one day
君はある日気付くんだ

That the grass is always greener on the other side
隣の芝生はいつだって青く見えるものさ

The neighbor’s got a new car that you want to drive
隣人が新車を買えば、君はそれを運転したくなる

And when time is running out you want to stay alive
そして終わりの時が近づくと、君は生きていたいって思うんだ

We all live under the same sky
僕らはみんな同じ空の下を生きる

We all will live we all will die
僕らはみんな、同じように生き、そして死ぬ

There is no wrong
There is no right
そこには間違いも
正解も無いのさ
The circle only has one side
この円には裏も表もないんだよ

We all try hard to live our lives in harmony
僕らは調和して生きようと努力する

For fear of falling swiftly overboard
船から落っこちるのを恐れてる
But life is both a major and minor key
だけど人生はメジャーキ-でもマイナーキーでもあるんだ

Just open up the chord
とにかくコードを鳴らしてみなよ

That the grass is always greener on the other side
隣の芝生はいつだって青く見えるものさ
The neighbor’s got a new car that you want to drive
隣人が新車を買えば、君はそれを運転したくなる
And when time is running out you want to stay alive
そして終わりの時が近づくと、君は生きていたいって思うんだ

We all live under the same sky
僕らはみんな同じ空の下を生きる
We all will live we all will die
僕らはみんな、同じように生き、そして死ぬ
There is no wrong
There is no right
そこには間違いも
正解も無いのさ
The circle only has one side
この円には裏も表もないんだよ

But the grass is always greener on the other side
でも隣の芝生はいつだって青く見えるものさ

The neighbour’s got a new car that you want to drive
隣人が新車を買えば、君はそれを運転したくなる

And when time is running out you want to stay alive
そして終わりの時が近づくと君は生きていたいって思うんだ

We all live under the same sky
僕らはみんな同じ空の下を生きる
We all will live we all will die
僕らはみんな、同じように生き、そして死ぬ
There is no wrong
There is no right
そこには間違いも
正解も無いのさ
The circle only has one side
この円には裏も表もないんだよ

Written by Francis Healy
Side Lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC

 

雑記

トラヴィスらしい歌心に満ちた曲です。歌詞の内容も、日本人の心にもスッと入り込むような、いい歌詞だと思います。