スポンサーリンク

<歌詞和訳>Overjoyed – Stevie Wonder 曲の解説と意味も

Stevie Wonder 歌詞和訳[恋愛] 失恋/報われない恋,[恋愛] 情熱的な愛

Stevie Wonder – Overjoyed
スティーヴィー・ワンダー – オーヴァージョイド

 

アメリカのミュージシャン スティーヴィー・ワンダーの20枚目のアルバム「In Square Circle」に収録されている曲です。

同年にシングルとしてもリリースされました。

1979年のアルバム「Journey Through “The Secret Life of Plants"」制作の際に没になっていた曲ですが、のちに陽の目を見る事になりました。

 

 

歌詞の意味と解釈

タイトル「オーバージョイド」とは"大喜び“、"狂喜して“という意味ですが、哀愁漂う曲調と同様に、歌詞の内容は明るいものではありません。

主人公の愛は報われなさそうですが、主人公に諦める様子は無く、その想いの強さ、そして相手も自分を想ってくれたらどれほど素晴らしいか(喜びに満ち溢れるか)を、想像しています。

若干重た過ぎる気もしますが、愛する気持ちはなかなか理屈では割り切れないものですし、重たい恋愛感情を抱いた事がある人なら、きっと共感できるのではないでしょうか。

 

訳について、over dreamover lovedover meといった"over“をかぶせた表現が出てきますが、このあたりは歌詞の流れを汲んで意訳しています。

 

歌詞と和訳

Written by Stevie Wonder

Over time, I’ve been building my castle of love
Just for two, though you never knew you were my reason
I’ve gone much too far for you now to say
That I’ve got to throw my castle away

長い時間をかけて、愛の城を築いてきた
二人だけの為に。君は少しも気づかなかったけど、君がそうさせたんだ
君は「そんな城壊してしまえ」と言うけれど
僕はもう、後戻りするには遠くに来過ぎてしまった

 

over time 時間とともに、長い時間をかけて

 

Over dreams, I have picked out a perfect come true
Though you never knew it was of you I’ve been dreaming
The sandman has come from too far away
For you to say come back some other day

たくさんの夢を見て、完璧な夢を選び抜いた
それなのに、君こそが僕の夢だという事を、君は全く知らない。
遥か遠くから夢を運んで来た妖精に
君は言うんだ「別の日に来て」と

 

pick out 拾いだす、選び出す、区別する、明らかにする
sandman サンドマン(ザントマン)。ヨーロッパの伝承に登場する睡魔(子供の目に砂を巻いて眠気を誘うと言われる) この歌詞においては主人公を指していると思われます

 

And though you don’t believe that they do
They do come true
For did my dreams
Come true when I looked at you
And maybe too, if you would believe
You too might be
Overjoyed, over loved, over me

君は信じないけれど
僕の夢は叶うんだ
なぜなら僕の夢は
君を見た瞬間、叶ったのだから。
信じてくれたなら
君もきっと
喜びが溢れ、愛が止まらなくなるんだ、僕への想いで

 

Over hearts, I have painfully turned every stone
Just to find, I had found what I’ve searched to discover
I’ve come much too far for me now to find
The love that I’ve sought can never be mine

張り裂けそうな心で、痛々しいほど、僕はあらゆる手を尽くした
僕は探していた愛を、見つけ出した
でもどうやら、僕は知り過ぎてしまった
探し求めた愛は、手に入らないという事まで

 

And though you don’t believe that they do
They do come true
For did my dreams
Come true when I looked at you
And maybe too, if you would believe
You too might be
Overjoyed, over loved, over me

君は信じないけれど
僕の夢は叶うんだ
なぜなら僕の夢は
君を見た瞬間、叶ったのだから。
信じてくれたなら
君もきっと
喜びが溢れ、愛が止まらなくなるんだ、僕への想いで

 

 

And though the odds say improbable
What do they know
For in romance
All true love needs is a chance
And maybe with a chance you will find
You too like I
Overjoyed, over loved, over you
Over you

勝ち目があるようには見えないけど
そんな事、誰にわかるのだろう。
恋愛において
真実の愛に必要なものは、きっかけなんだ
だからきっかけさえあれば、君も僕のように
気付くはずさ。
喜びが溢れ、愛が止まらなくなるんだ、君への想いで
君への想いで

 

odds オッズ、見込み、勝ち目、掛け率
improbable 起こりそうもない、本当らしくない
chance チャンス、運、機会、形勢

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

In Square Circle(1985年)

 

通算20枚目のオリジナル・アルバム。有名な『Part-Time Lover』や名バラード『Overjoyed』が取り上げられがちですが、他にも隠れた名曲が多く入っている、という声もあります。

 

Love Harmony & Eternity – Greatest 50 of Stevie Wonder(2010年)

 

彼の初レコーディングから50周年を記念して企画された、50曲入り3枚組のベストアルバム。3つのテーマを持った、本人監修による日本独自企画盤です。

 

Song Review A Greatest Hits Collection(1996年)

 

上の3枚組50曲はボリュームが多すぎるという人には、こちらの21曲入りベストがおススメ。有名どころはだいたい入っています。
2012年に高音質CDで再リリースされました(リンク先はそちらのページです)。