スポンサーリンク

<歌詞和訳>I Just Called to Say I Love You(心の愛) – Stevie Wonder 曲の解説と意味も

Stevie Wonder 歌詞和訳[恋愛] 不朽のラヴソング

Stevie Wonder – I Just Called to Say I Love You
スティーヴィー・ワンダー – アイ・ジャスト・コールド・トゥ・セイ・アイ・ラヴ・ユー(邦題:心の愛)

 

アメリカのミュージシャン スティーヴィー・ワンダーが1984年にリリースしたシングル曲です。

映画「The Woman in Red」のサウンドトラックの為に書かれた曲で、同名のサントラ盤からのリードシングルとしてリリースされました。

現在までに最も売れているスティーヴィー・ワンダーのシングル曲となっています。

その一方で、70年代の彼の本格派のファンク/ソウルサウンドを好むファンからは、80年代のポップ志向の作品はあまり評判が良くないようです(特にアメリカで)。

 

歌詞の意味と解釈

タイトルを訳すと「僕はただ君に『アイ・ラブ・ユー』と言う為に電話した」となります。

歌詞の内容もタイトルそのままですが、「君にアイ・ラブ・ユーと伝えるありきたりな日がどれほど重要か」を強調するために、1月~12月までの時節のイベントが順番に並べられています。

 

歌詞と和訳

Written by Stevie Wonder

No New Year’s Day to celebrate
No chocolate covered candy hearts to give away
No first of Spring, no song to sing
In fact here’s just another ordinary day

No April rain, no flowers bloom
No wedding Saturday, within the month of June
But what it is, is something true
Made up of these three words that I must say to you

新年のお祝いじゃない
ハート型のチョコを贈る日でもない
春の訪れでもないし、歌う歌があるわけでもない
今日はただの、ありきたりな一日

4月の雨が降り、花が咲き始めるわけでもない
6月の土曜の、結婚式でもない
だけどここには、真心がある
君に言わきゃいけない、3つの言葉で作られた

 

candy hearts キャンディーハーツ(ハート形のものに文字が書かれたお菓子や雑貨)。このくだりはバレンタインデーを表しています。日本とは違い、アメリカでは女性からチョコを贈るという事は無く男女互いにプレゼントを贈り合うそうです。
first of spring 春分の日
April shower 4月の雨。このくだりは、ことわざ「April showers bring May flowers」(4月の雨が5月の花をもたらす)をかけていると思われます。また、wedding Saturdayのくだりは「ジューン・ブライド」(欧米では6月に結婚すると生涯にわたって幸せになれると言われている)を指しています。

 

I just called to say I love you
I just called to say how much I care
I just called to say I love you
And I mean it from the bottom of my heart

君に電話したんだ、「アイ・ラヴ・ユー」と言いたくて
君に電話したんだ、どれほど君を想っているか伝えたくて
君に電話したんだ、「アイ・ラヴ・ユー」と言いたくて

本気なんだ、心の底から

 

I mean it 本気で言っている

 

No summer’s high
No warm July
No harvest moon to light one tender August night
No autumn breeze
No falling leaves
Not even time for birds to fly to southern skies

No Libra sun
No Halloween
No giving thanks to all the Christmas joy you bring
But what it is, though old so new
To fill your heart like no three words could ever do

浮かれた夏の日じゃない
暖かな7月じゃない
満月が照らす、穏やかな8月の夜でもない
秋のそよ風でもなければ
落ち葉のざわめきでもない
渡り鳥が南の空へ旅立つ季節でもない

太陽がてんびん座にある季節でも
ハロウィーンでもない
君が迎えさせてくれる、感謝祭や楽しいクリスマスでもないんだ。
ここにあるのは、古くからあるのにとても新しい
他の言葉じゃ決してできない、君の心を満たすための、3つの言葉

 

harvest moon 中秋(9月)の満月。収穫月
libra sun てんびん座、てんびん座に太陽がさしかかる9月下旬~10月を指す
giving thanks 感謝祭(thanksgiving day)を表していると思われます

 

I just called to say I love you
I just called to say how much I care
I just called to say I love you
And I mean it from the bottom of my heart

君に電話したんだ、「アイ・ラヴ・ユー」と言いたくて
君に電話したんだ、どれほど君を想っているか伝えたくて
君に電話したんだ、「アイ・ラヴ・ユー」と言いたくて

本気なんだ、心の底から

 

I just called to say I love you
I just called to say how much I care
I just called to say I love you
And I mean it from the bottom of my heart

Of my heart
Of my heart

君に電話したんだ、「アイ・ラヴ・ユー」と言いたくて
君に電話したんだ、どれほど君を想っているか伝えたくて
君に電話したんだ、「アイ・ラヴ・ユー」と言いたくて

本気なんだ、心の底から

心の底から
心の底から

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

The Woman In Red: Selections From The Original Motion Picture Soundtrack(1984年)

 

コメディ映画「ウーマン・イン・レッド」のサウンドトラックで、スティーヴィー・ワンダーにとって2作目のサントラアルバムとなります。

フルバージョンで聴ける『I Just Called to Say I Love You』以外の曲もスティーヴィー・ワンダーです。

 

Love Harmony & Eternity – Greatest 50 of Stevie Wonder(2010年)

 

彼の初レコーディングから50周年を記念して企画された、50曲入り3枚組のベストアルバム。3つのテーマを持った、本人監修による日本独自企画盤です。

 

Song Review A Greatest Hits Collection(1996年)

 

上の3枚組50曲はボリュームが多すぎるという人には、こちらの21曲入りベストがおススメ。有名どころはだいたい入っています。
2012年に高音質CDで再リリースされました(リンク先はそちらのページです)。