スポンサーリンク

<歌詞和訳>Knocks Me Off My Feet (孤独という名の恋人) – Stevie Wonder 曲の解説と意味も

その他の有名曲・定番曲 和訳[恋愛] 失恋/報われない恋, [恋愛] 情熱的な愛, ★★★★★ (いい歌詞)

Stevie Wonder – Knocks Me Off My Feet
スティーヴィー・ワンダー – ノックス・ミー・オフ・マイ・フィート(邦題:孤独という名の恋人)

 

アメリカのミュージシャン スティーヴィー・ワンダーの18枚目のアルバム「Songs in the Key of Life」(1976年) に収録されている曲です。

 

歌詞の意味と解釈

タイトル「ノックス・ミー・オフ・マイ・フィート」を直訳すると、”立てなくなるほど僕をノックアウトする”となります。

ここでの”ノックアウト”は恋愛的な意味ですので、ニュアンス的には”僕を夢中にさせる“、”僕をメロメロにする“といった感じになります。

しかし、邦題が「孤独という名の恋人」となっているように、主人公は終始思い悩んでいる様子です。

そこには、好きと言えない事情があるのでしょうか。そう考えると、非常にもどかしいラブソングに思えます。

 

歌詞と和訳

Written by Stevie Wonder

I see us in the park
Strolling the summer days of imaginings in my head
And words from our hearts
Told only to the wind felt even without being said
I don’t want to bore you with my trouble
But there’s sumptin’ about your love
That makes me weak and
Knocks me off my feet

僕が思い浮かべるのは
夏の日に公園を散歩する僕ら二人の事。
そして、口にすることなく
風だけに告げられた、僕らの心に秘めた言葉。
僕の事で君に嫌な思いはさせたくないのに
君の愛には特別な何かがあって
それが僕を弱らせ
僕をすっかり夢中にさせる

 

stroll ぶらつく、散歩する
wtihout even ~さえせずに、~も無しに
bore with うんざりさせる、退屈させる
sumptin’ =somethingと思われます

 

There’s sumptin’ about your love
That makes me weak and
Knocks me off my feet
Knocks me off my feet

君の愛には特別な何かがあって
それが僕を弱らせ
僕をすっかり夢中にさせる
僕をすっかり夢中にさせる

 

I don’t want to bore you with it
Oh but I love you, I love you, I love you
I don’t want to bore you with it
Oh but I love you, I love you, I love you
More and more

こんな事で君に嫌な思いをさせたくない
あぁ、だけど、君を愛してる、君を愛しているんだ
こんな事で君に嫌な思いをさせたくない
あぁ、だけど、君を愛してる、君を愛しているんだ
ますます強く

 

more and more ますます、いよいよ

 

We lay beneath the stars
Under a lovers tree that’s seen through the eyes of my mind
I reach out for the part
Of me that lives in you that only our two hearts can find
But I don’t want to bore you with my trouble
But there’s sumptin’ about your love
That makes me weak and
Knocks me off my feet

僕の心の眼に映るのは
星空の下で
恋人達の木の陰に横たわる二人の姿。
僕が手を伸ばすのは
君の中にある、二人の心でしか見つけられない僕の一部。
それでも、僕の事で君に嫌な思いはさせたくない
でも君の愛には特別な何かがあって
それが僕を弱らせ
僕をすっかり夢中にさせる

 

There’s sumptin’ about your love
That makes me weak and
Knocks me off my feet
Knocks me off my feet

君の愛には特別な何かがあって
それが僕を弱らせ
僕をすっかり夢中にさせる
僕をすっかり夢中にさせる

 

I don’t want to bore you with it
Oh but I love you, I love you, I love you
I don’t want to bore you with it
Oh but I love you, I love you, I love you
(×3)

こんな事で君に嫌な思いをさせたくない
あぁ、だけど、君を愛してる、君を愛しているんだ
こんな事で君に嫌な思いをさせたくない
あぁ、だけど、君を愛してる、君を愛しているんだ

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Songs in the Key of Life(邦題:キー・オブ・ライフ 1976年)

 

通算18枚目のオリジナルアルバム。オリジナルレコード盤はLPレコード2枚に4曲入りのEP1枚を合わせた変則的なリリースだったそうです。
ビルボードアルバムチャートで13週連続首位を獲得、グラミー賞4部門を受賞するなど、70年代のポップミュージックを代表する傑作と言われています。