スポンサーリンク

<歌詞和訳>Hypnotize – System Of A Down 曲の解説と意味も

System Of A Down 歌詞和訳[社会] 風刺/抗議

System Of A Down – Hypnotize
システム・オブ・ア・ダウン – ヒプノタイズ

 

アルメニア系アメリカ人4人によるロックバンド システム・オブ・ア・ダウンの5thアルバム「Hypnotize」(2005年) の表題曲です。

同アルバムのリードシングルとして、2005年10月にリリースされました。

 

歌詞の意味と解釈

政治的なメッセージが込められたアルバム「ヒプノタイズ」の表題曲ですが、歌詞は少なく、シンプルにまとまっています。

「天安門広場に集まるのは流行りだったの?」「奴らはバカな奴らに催眠をかけた」「俺はただ車で彼女を待っている」

“操られている” のは一体誰なのか? 色々考えさせられます。

 

歌詞と和訳

Written by Serj Tankian & Daron Malakian

Why don’t you ask the kids at Tiananmen Square?
Was fashion the reason why they were there?
They disguise it, hypnotize it
Television made you buy it

天安門広場で若者たちに聞いてみれば?
「みんなが集まったのは流行りだったの?」って。
奴ら(政府) はそれを隠蔽している、そう仕向けている
テレビは君に、そう信じ込ませた

 

Tiananmen Square 天安門広場。中国北京にある50万人が収容できる広場で、数々の歴史的出来事の舞台となりました(その中には、中国国内では検索できない事件もあります)。 
disguise 偽装する、隠す
buy it 信じる

 

I’m just sitting in my car and waiting for my-

俺はただ車の中で待っている、俺の…

 

She’s scared that I will take her away from there
Her dreams and her country left with no one there
Mesmerized the simple-minded
Propaganda leaves us blinded

彼女は俺に連れ去られるかもしれないと怯えている
彼女の夢と、彼女の国は、一人残さず
バカな奴らに催眠をかけた
プロパガンダが俺達の視界を奪った

 

simple-minded だまされやすい、愚かな、無邪気な、単純な

 

I’m just sitting in my car and waiting for my girl
I’m just sitting in my car and waiting for my girl

俺はただ車の中で待っている、俺の恋人を
俺はただ車の中で待っている、俺の恋人を

 

I’m just sitting in my car and waiting for my girl
I’m just sitting in my car and waiting for my… girl

俺はただ車の中で待っている、俺の恋人を
俺はただ車の中で待っている、俺の、恋人を

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Hypnotize(2005年)

 

前作「Mezmerize」との2部作の後編となっている5thアルバム。2020年現時点での最新アルバムです。超個性的な前作に比べると、ややストレートに感じられ、1番バランスがとれている作品といえます。