スポンサーリンク

<歌詞和訳>Kill Rock’n Roll – System Of A Down 曲の解説と意味も

2020-04-11System Of A Down 歌詞和訳

System Of A Down – Kill Rock’n Roll
システム・オブ・ア・ダウン – キル・ロックン・ロール

 

アルメニア系アメリカ人4人によるロックバンド システム・オブ・ア・ダウンの5thアルバム「Hypnotize」(2005年) に収録されている曲です。

 

歌詞の意味と解釈

挑発的なタイトルや、「ア〇ホール」だの「クサを全部食う(eat the all grass)」などのフレーズが飛び出すので、「生半可なロックをぶっ〇す」的な意味の曲かと思いますが、実際は違うようです。

作者のダロン・マラキアンがインタビューで答えたところによると、”ロックンロール” とは「ウサギの名前」で、ダロンが誤って車でそのウサギを轢いてしまったのが、歌詞の元になっているそうです。(死んでしまったウサギに弔いとして “ロックンロール” と名付けたようです)。

少し首を傾げたくなるような逸話ですが(隠された別の意味がありそうな気もしますが)、歌詞の内容とはマッチしています。

 

歌詞と和訳

Written by Daron Malakian

So I felt like the biggest asshole
Felt like the biggest asshole
When I killed your rock and roll
Mow down the sexy people

俺は最低のケツ穴野郎(大バカ野郎) さ
最低のケツ穴野郎になっちまったんだ
お前の “ロックンロール” を殺した時
あんなセクシーな奴らを殺めちまった

 

mow down なぎ倒す、殺す

 

Every time I look in your eyes
Every day I’m watching you die
All the thoughts I see in you
About how I

お前の目を覗き込む度に
お前の死を見つめる度に
お前の頭の中がわかるんだ
俺はなんてことをやっちまったんだ

 

So I felt like the biggest asshole
Felt like the biggest asshole
When I killed your rock and roll
Mow down the sexy people

俺は最低の大バカ野郎さ
最低の大バカ野郎になっちまったんだ
お前の “ロックンロール” を殺した時
あんなセクシーな奴らを殺めちまった

 

Every time I look in your eyes
Every day I’m watching you die
All the thoughts I see in you
About how I

Why?
Why?

お前の目を覗き込む度に
お前の死を見つめる度に
お前の頭の中がわかるんだ
俺はなんてことをやっちまったんだ

どうして?
どうしてだ?

 

Eat all the grass

Eat all the grass that you want
Accidents happen in the dark
(×3)

Eat all the grass that you want
Accidents happen

草を食い尽くす
お前は夢中で草を食い尽くす
暗闇で事故が起こる

お前は夢中で草を食い尽くす
事故が起こる

 

Every time I look in your eyes
Every day I’m watching you die
All the thoughts I see in you
About how I

Why?
Why?

お前の目を覗き込む度に
お前の死を見つめる度に
お前の頭の中がわかるんだ
俺はなんてことをやっちまったんだ

どうして?
どうしてだ?

 

So I felt like the biggest asshole
When I killed rock ‘n roll
When I felt like the biggest asshole
When I kill rock ‘n roll

俺は最低の大バカ野郎さ
最低の大バカ野郎になっちまったんだ
お前の “ロックンロール” を殺した時
あんなセクシーな奴らを殺めちまった

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Hypnotize(2005年)

 

前作「Mezmerize」との2部作の後編となっている5thアルバム。2020年現時点での最新アルバムです。超個性的な前作に比べると、ややストレートに感じられ、1番バランスがとれている作品といえます。