スポンサーリンク

<歌詞和訳>Problems (怒りの日) – Sex Pistols 曲の解説と意味も

2020-04-30Sex Pistols 歌詞和訳[生き方] 信念/自分らしさ, [生き方] 反抗/自由

Sex Pistols – Problems
セックス・ピストルズ – プロブレムズ(邦題:怒りの日)

 

イギリスのパンクロックバンド  セックス・ピストルズ。の唯一のオリジナルアルバム「Never Mind The Bollocks」(邦題:勝手にしやがれ!! 1977年) に収録されている曲です。

 

歌詞の意味と解釈

イギリスを代表する問題児だったピストルズですが、この曲の歌詞にはお騒がせとは違う、シリアスなトーンが漂っています。

「退屈な人生に甘んじる、他人任せの生き方をする、そんなお前の生き方こそが『プロブレム』(=問題。解決の難しい悩み) だ」と、そこには常識や権威に噛みついたピストルズならではの哲学と呼べるようなものが、垣間見えています。

 

歌詞と和訳

Written by Steve Jones, Sid Vicious, John Lydon & Paul Cook

Too many problems, oh, why am I here?
I need to be me ‘cause you’re all too clear
And I can see there’s something wrong with you
But what do you expect me to do?

俺のいるとこは、なんでこんなに問題だらけなんだ?
お前があまりに潔白でいやがるから、俺は俺でいなきゃな。
お前にだって間違いがあるぜ
そのくせ、俺に何を期待してやがる?

 

At least I gotta know what I wanna be
Don’t come to me if you need pity
Are you lonely? You got no one
You got your body in suspension

自分がなりたいものくらいわかってんだ
同情を求めて近寄って来るな。
寂しいのか? ひとりぼっちで
お前は宙ぶらりんだろう

 

pity 同情、哀れみ
suspension サスペンション、ぶら下げる事、保留、停止

 

That’s a problem
Problem
Problem
The problem is you

それが問題
問題
問題だぜ
問題はお前だ

 

Eat your heart out on a plastic tray
You don’t do what you want then you’ll fade away
You won’t find me working 9 to 5
It’s too much fun being alive

プラスチックトレーに置かれたお前のハートを食っちまえ
やりたいことをやらねぇと、消えていくだけだ
9時から5時の仕事じゃ、俺の言う事なんてわからねぇ
生きてるってのは最高に楽しいぜ

 

I’m using my feet for my human machine
You won’t find me living for the screen
Are you lonely? All needs catered
You got your brains dehydrated

俺は機械人間の為に歩かされてる
画面の中じゃ、俺の言う事なんてわからねぇ
寂しいのか? 何も満たされなくて
脳が干上がっちまってんだな

 

cater まかなう、提供する
dehydrated 脱水する、乾燥させる

 

Problem
Problem
Problem
The problem is you

What you gonna do?
Problem
Problem

問題だ
問題
問題だぜ
問題はお前だ

何がしてぇんだ?
問題
問題だぜ

 

Problem
Problem
Problem
The problem is you
What you gonna do with your problem?
The problem is you
Problem

問題だ
問題
問題だぜ
問題はお前だ
問題をどうすんだ?

問題はお前だ
問題だぜ

 

I ain’t equipment, I ain’t automatic
You won’t find me just staying static
Don’t you give me any order
For people like me there is no order

俺は機械じゃねぇ、俺はロボットじゃねぇ
大人しくしてるだけじゃ、俺の言う事なんてわからねぇ
決まりを押し付けんな
俺みたいな奴に決まりなんかねぇ

 

equipment 備品、装置、準備、技能
automatic 自動の、自動式な、機械的な
static 静的、変化のない、活気のない

 

Bet you thought you had it all worked out
Bet you thought you knew what I was about
Bet you thought you’d solved all your problems
But you are the problem

上手くいったと思ってんだろ?
俺の言うことなんてわかってるって?
問題はすべて解決済みだって?
そんなお前が問題だぜ

 

Problem
Problem
Problem
The problem is you

What you gonna do with your problem?
I’ll leave it to you
Problem, the problem is you
You got a problem
What you gonna do?

問題だ
問題
問題だぜ
問題はお前だ

問題をどうすんだ?
自分でどうにかしろよ
問題、問題はお前だ
問題アリだ

何がしてぇんだ?

 

They know a doctor gonna take you away
They’ll take you away and they’ll throw away the key
They don’t want you and they don’t want me
You got a problem, the problem is you

医者に連れてかれちまうぜ?
奴らに連れていかれて、鍵を捨てられ
お前は用無し、俺も用無し
問題があるぜ、お前が問題だ

 

Problem, what you gonna do?
Problem, I’ll leave it back, I have a
Problem, oh, you got a problem
Problem, problem

問題だ、何がしてぇんだ?
問題だ、俺は知ったこっちゃない、
問題があるんだ、あぁ、問題アリだ

問題、問題だぜ

 

Problem, problem
Problem, problem
Problem, problem
Problem, problem
Problem, problem
Problem, problem
Problem, problem
Problem

問題、問題
問題だ、問題だぜ

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Never Mind The Bollocks, Here’s The Sex Pistols(邦題:勝手にしやがれ!! 1977年)

 

パンクの名盤として語り継がれるピストルズ唯一のオリジナルアルバム。全英アルバムチャート1位獲得。有名プロデューサー クリス・トーマス(ピンク・フロイド等を手掛けた) による音作りは当時の他のパンクバンドとは一線を画す完成度の高いものです。
作曲と作詞のメインはベーシストのグレン・マトロックが担当しており、彼はレコーディング直前に脱退、後任にシド・ヴィシャスが加入しています(まともに演奏できない彼の代わりにベースを弾いたのはギターのスティーブ・ジョーンズ)。
ちなみに「ボロックス」とはキン〇マという意味で、畜生、クソという意味でも使われます(Never Mind The Bollocks=下らねえことは気にするな)。
2012年には35周年記念のボックスがリリースされました(上のリンクはそちらに飛びます)。

 

Kiss This(1992年)

 

ピストルズのベストアルバム。唯一のオリジナルアルバム「勝手にしやがれ!!」の全曲に、シドの『My Way』等が追加された全20曲。オリジナルアルバムにこだわらなければ、このベスト盤が一番いいと思います。