スポンサーリンク

<和訳>Radiohead – Street Spirit (Fade Out)

2017-12-26

Radioheadのセカンドアルバム「The Bends」(”潜水病”の意味 1995年) の最後を締めくくる曲です(日本盤はボーナストラック2曲が続きます)。

同アルバムの4枚目のシングルとしても1996年1月にリリースされました。

 

 

Radiohead – Street Spirit (Fade Out)
レディオヘッド – ストリート・スピリット(フェード・アウト)

 

Rows of houses, all bearing down on me
立ち並ぶ家々、僕に押しかかる
I can feel their blue hands touching me
奴らの青白い手が、触れるのを感じる

All these things into position
こんなこと全部、あるべき場所へ
All these things we’ll one day swallow whole
こんなこと全部、いつか僕らはすべてを飲み込む

And fade out again and fade out
そして再び消えていく、消えていくんだ

 

This machine will, will not communicate
この機械は、伝えてはくれない
These thoughts and the strain I am under
この想いも、のしかかる重圧も


Be a world child, form a circle
世界の子になれ、丸く輪になれ
Before we all go under
僕らが滅びる前に


And fade out again and fade out again
そして再び消えていく、消えていくんだ

 

Cracked eggs, dead birds
割れた卵、死んだ鳥たち
Scream as they fight for life
命がけて叫んでいる

I can feel death, can see its beady eyes
死を感じる、そいつの眼が光っている
All these things into position
こんなこと全部、あるべき場所へ
All these things we’ll one day swallow whole
こんなこと全部、いつか僕らはすべてを飲み込む

Fade out again
再び消えていく
Fade out again
消えていくんだ

Immerse your soul in love
魂を愛に浸すんだ
Immerse your soul in love
魂を愛に浸すんだ

Written by Colin Charles Greenwood / Edward John O’brien / Jonathan Richard Guy Greenwood / Philip James Selway / Thomas Edward Yorke
Street Spirit Lyrics © Warner/Chappell Music, Inc

 

言葉の意味・解説

bear down 圧倒する、打ち負かす、圧迫する、力を尽くす

into position 所定の場所へ、定位置につく

beady ビーズのようにキラキラ光る

 

雑記

美しい映像と、美しいアルペジオ。センチメンタルな歌声が一体になった、素晴らしい曲です。この曲辺りから、レディオヘッドでの芸術的評価がグンと高まっていったと考えます。

 

「A Moon Shaped Pool」後のツアーまでの解説

 

トム・ヨークの評伝。「On A Friday」や「Headless Chicken」からソロ作品まで