スポンサーリンク

<歌詞和訳>Rocks – Primal Scream 曲の解説と意味も

その他の有名曲・定番曲 和訳[表現] ドラッグソング, [表現] 性的

Primal Scream – Rocks
プライマル・スクリーム – ロックス

 

スコットランド グラスゴー出身のロックバンド プライマル・スクリームの代表曲で、4thアルバム「Give Out But Don’t Give Up」(1994年)に収録されている曲です。

70年代ローリング・ストーンズを意識したようなサウンドは、音楽性を変え続けるプライマル・スクリームの中では異色の曲ですが、全英シングルチャート7位を獲得するなど、バンド最大のヒット曲となりました。

 

歌詞の意味と解釈

ノリのよいロックナンバーですが、歌詞の内容も良識ある人々が思わず顔をしかめるような、「これぞロック!」という内容になっています。

 

歌詞と和訳

Written by Robert Young, Andrew Innes & Bobby Gillespie

Dealers keep dealing
Thieves keep thieving
Whores keep whoring
Junkies keep scoring
Trade is on the meat rack
Strip joints full of hunchbacks
Bitches keep bitching
Clap just keeps itching

売人どもは売り続け
盗人どもは盗り続け
娼婦どもはウリ続け
ジャンキーどもはヤリ続ける
同性愛者のたまり場で取引
ストリップ小屋は (前かがみの)せむし野郎で一杯
ビッチどもは愚痴ばかり
淋病でかゆみが止まらねえ

 

score スコア、得点記録、つき、刻み込む、与える、獲得する、(クスリ・賄賂を)手に入れる
meat rack 肉屋の棚、肉料理の皿、同性愛者が相手を求めて集まる場所
strip joint ストリップ小屋
hunchback せむしの人
bitching すごい、文句を言う
clap 拍手の音、叩く、淋病

 

Ain’t no use in praying
That’s the way it’s staying, baby
Johnny ain’t so crazy
He’s always got a line for the ladies
Yeah, yeah, yeah

祈ってもムダさ
そんなもんだ、変わりゃしねえぜ、ベイビー
ジョニーはイカレちゃいない
女の為に一本キメてんだ
イエー、イエー、イエー

 

that’s the way it is そういうものだ、仕方ない
line (コカインの)ライン

 

Get your rocks off, get your rocks off, honey
Shake it now, now, get ‘em off downtown
(×2)

やりまくろうぜ、やろうぜ、ハニー
ボヤボヤすんな、さぁ、街に繰り出せ

 

get one’s rocks off セックス(射精)する
shake it 腰を振る、踊る
get off 降りる、楽しむ、オーガズムに達する
downtown ダウンタウン、繁華街、都心部

 

Creeps keep crawling
Drunks keep falling
Teasers keep teasing
Holy Joes are preaching
Cops just keep busting
Hustlers keep hustling
Death just keeps knocking
Souls are up for auction

ウジ虫どもは這い回り
酔っぱらいどもはぶっ倒れ
性悪女はジラしてる
聖職者どもは説教中
サツどもが楽しみを潰し
ハスラーどもが上手い事やってる
死がドアをノックし続け
魂はオークションにかけられる

 

teaser イジメる人、男をじらす女
holy Joes 牧師、市債、信心深い人
hustler ハスラー、やり手、詐欺師、実業家

 

Ain’t no use in praying
That’s the way it’s staying, baby
Johnny ain’t so crazy
He’s always got a line for the ladies
Yeah, yeah, yeah

祈ってもムダさ
そんなもんだ、変わりゃしねえぜ、ベイビー
ジョニーはイカレちゃいない
女の為に一本キメてんだ
イエー、イエー、イエー

 

Get your rocks off, get your rocks off, honey
Shake it now, now, get ‘em off downtown
Get your rocks off, get your rocks off, honey
Shake it now, now, get ‘em off downtown, get down

やりまくろうぜ、やろうぜ、ハニー
ボヤボヤすんな、さぁ、街に繰り出せ

 

Ain’t no use in praying
That’s the way it’s staying, baby
Johnny ain’t so crazy
He’s always got a line for the ladies, oh yeah

祈ってもムダさ
そんなもんだ、変わりゃしねえぜ、ベイビー
ジョニーはイカレちゃいない
女の為に一本キメてんだ

 

 

Get your rocks off, get your rocks off, honey
Shake it now, now, get ‘em off downtown
Get your rocks off, get your rocks off, honey
Shake it now, now, get ‘em off downtown
Get your rocks off, get your rocks off, honey
Shake it now, now, get ‘em off downtown
Get your rocks off, get your rocks off, honey
Shake it now, now, get ‘em off downtown

やりまくろうぜ、やろうぜ、ハニー
ボヤボヤすんな、さぁ、街に繰り出せ

 

Get your rocks off, get your rocks off, honey
Get your rocks off, get your rocks off, honey
Get your rocks off, get your rocks off, honey
Get your rocks off, get your rocks off, honey
Get your rocks off, get your rocks off, honey
Get your rocks off, get your rocks off, honey

やりまくろうぜ、やろうぜ、ハニー

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Give Out But Don’t Give Up(1994年)

 

アメリカで録音され、ジョージ・クリントン(Pファンク他)など多数の豪華ゲストを招いて作られたアメリカンロック作品。セールス的には好調だったものの(その代わり制作費も宣伝費もクリエイションレーベルの中では断トツだったそう…) ファンの間では賛否両論となりました。

 

Dirty Hits(2003年)

 

3rdアルバム「Screamadelica」(1991年) から7thアルバム「Evil Heat」(2002年) までのシングル曲を中心に収録された初のベストアルバムです。