スポンサーリンク

John Lennon – Imagine 歌詞の意味と和訳

John Lennon – Imagine
ジョン・レノン – イマジン

 

 

John Lennonの2作目のソロアルバム「Imagine」(1971年) の表題曲で、同アルバムの1曲目に収録されています。

ジョンのソロ作品の中で最もヒットしたアルバムであり、ジョンを代表する1曲です。

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

イマジンは、ジョン・レノンが、彼の理想とする「平和や人類愛」を歌った曲です。

9.11アメリカ同時多発テロの後には、アメリカのラジオ局にリクエストが殺到したといいます。

一方で、天国や国家、宗教や所有をも否定する内容の歌詞は、一部のテレビやラジオで放送禁止曲に指定される事もありました。

 

また、Imagine という呼びかけから始まる歌詞についてジョン・レノンは、オノ・ヨーコの詩がインスピレーションにあったと語っており、2017年からはオノ・ヨーコが共作者として名を連ねています。

 

 

歌詞と和訳

Written by John Lennon & Yoko Ono

Imagine there’s no heaven
It’s easy if you try
No hell below us
Above us, only sky
Imagine all the people living for today
Ah

想像してごらん、天国なんか無いって
その気になれば簡単さ
地面の下に地獄なんか無くて
頭の上にあるのは、空だけ
想像してごらんよ、みんなが今日を生きている

 

Imagine there’s no countries
It isn’t hard to do
Nothing to kill or die for
And no religion too
Imagine all the people living life in peace
You

想像してごらん、国なんか無いって
難しい事じゃないさ
殺したり、殺されたりすることもなく
宗教だって無いんだ
想像してごらんよ、みんなが平和に暮らしている

 

You may say I’m a dreamer
But I’m not the only one
I hope some day you’ll join us
And the world will be as one

君は僕を夢想家だと言うかも
でも<夢想家は>僕だけじゃない
いつか君が仲間に加わってくれたら
世界は一つになるんだよ

 

Imagine no possessions
I wonder if you can
No need for greed or hunger
A brotherhood of man
Imagine all the people sharing all the world
You

想像してごらん、独り占めも無いって
君にできるかな
物欲も飢えも無くなって
人類は兄弟なんだ
想像してごらんよ、人々が世界を分かち合っている

 

possession 所有、占有、所有物、財産、領地
brotherhood 兄弟、兄弟分、協会、同業者

 

You may say I’m a dreamer
But I’m not the only one
I hope some day you’ll join us
And the world will live as one

君は僕を夢想家だと言うかも
でも僕だけじゃない
いつか君が仲間に加わってくれたら
世界は一つになるんだよ