スポンサーリンク

Iron Maiden – The Trooper(明日なき戦い) 歌詞の意味と和訳

Iron Maiden – The Trooper
アイアン・メイデン – ザ・トルーパー(邦題:明日なき戦い)

 

 

1980年代のメタルブームを担ったイギリスのメタルバンド Iron Maidenの4作目のアルバム「Piece Of Mind」(1983年 邦題:頭脳改革) の5曲目に収録されている曲です。

同アルバムからの2枚目のシングルとして、1983年6月にリリースされました。

 

 

 

ミュージックビデオに挿入されている戦争シーンは、1936年の映画「Charge of the Light Brigade」(邦題:進め竜騎兵) のものです。


進め竜騎兵 [DVD]

 

 

歌詞の意味と解釈

タイトルの「ザ・トルーパー」とは ”騎兵” の事です。

この曲は、クリミア戦争の1つ「バラクラヴァの戦い」を描いた詩「Charge of the Light Brigade」(軽騎兵旅団の突撃) がモチーフになっています。 

クリミア戦争(1853年~1856年):
オスマントルコ領内に侵攻するロシア軍と、オスマントルコ・イギリス・フランス連合軍との間で起こった戦争。

 

ちなみに、「軽騎兵旅団の突撃」は、命令の誤りからイギリス軍の軽騎兵がロシア軍砲兵陣内に正面から突撃し、673名中死傷者278名という大損害を出した戦いだそうです。
(参考:wikipedia バラクラヴァの戦い

 


The Great War With Russia — The Invasion Of The Crimea – A Personal Retrospect: Of The Battles Of The Alma, Balaclava, And Inkerman And Of The Winter Of … &c. [Illustrated Edition] (English Edition)

 

疾走感溢れるキャッチ―なリフが印象的な曲ですが、歌詞の内容は史実をもとにした悲惨な戦争となっています。

 

歌詞と和訳

Written by Steve Harris

You’ll take my life but I’ll take yours too
You’ll fire your musket but I’ll run you through
So when you’re waiting for the next attack
You’d better stand there’s no turning back

The bugle sounds, the charge begins
But on this battlefield no one wins
The smell of acrid smoke and horse’s breath
As I plunge on into certain death

お前が俺の命を奪うのなら、道連れにしてやる
お前のマスケット銃が火を吹くなら、お前を突き刺してやる
次の攻撃を待ち構える頃には
退路は無いと思え

進軍ラッパが鳴り響き、突撃開始
だが、この戦場に勝者はいない
鼻をつく煙の臭い、荒ぶる軍馬の吐息
俺は確実な死に向かって突き進む

 

musket マスケット銃

模造銃(装飾品) 1067 マスケット エンフィールドライフル 1853年 英

run through 突き通る、突っ込む
turning back 引き返し、後戻り
bugle (軍隊の)ラッパ
acrid ツンとする、からい
plunge 突っ込む、突きさす、投じる

 

Oh oh oh oh oh oh oh oh oh
Oh oh oh oh oh oh oh oh oh

オーオーオーオーオーオーオーオオー
オーオーオーオーオーオーオーオオー

 

 

The horse he sweats with fear we break to run
The mighty roar of the Russian guns
And as we race towards the human wall
The screams of pain as my comrades fall

We hurdle bodies that lay on the ground
And the Russians fire another round
We get so near yet so far away
We won’t live to fight another day

恐怖に汗を流す軍馬、手綱を引くと
ロシア軍の銃声がけたたましく吠える
俺達は敵陣めがけ突進する
味方がやられ、苦痛の叫びをあげる

地面に横たわる屍を越えていく
再びロシア軍の銃撃が起こる
近づいてきたが、まだ遠い
俺達に明日は無い

 

break to (馬具などに)ならす、伝える、知らせる
mighty 力強い、強力な

roar 吠える、轟音を発する、わめく、叫ぶ
race toward ~への突進
comrade 仲間、同志
hurdle ハードル、障害物、飛び越す、克服する

 

Oh oh oh oh oh oh oh oh oh
Oh oh oh oh oh oh oh oh oh

オーオーオーオーオーオーオーオオー
オーオーオーオーオーオーオーオオー

 

 

We get so close, near enough to fight
When a Russian gets me in his sights
He pulls the trigger and I feel the blow
A burst of rounds takes my horse below

And as I lay there gazing at the sky
My body’s numb and my throat is dry
And as I lay forgotten and alone
Without a tear I draw my parting groan

敵陣のすぐそこまで来た
一人のロシア兵が俺を見つけ
引き金を引くと、俺は撃ち抜かれる
激しい銃撃に、俺の馬もやられる

倒れたまま、空を見つめ
体の感覚は失われ、のどは渇き
一人きり、置き去りにされ
流す涙もなく、最期のうめき声をあげる

 

gaze 見つめる、凝視する
parting 告別、死去、分岐点、分け目
groan うめき声、軋み音

 

Oh oh oh oh oh oh oh oh oh
Oh oh oh oh oh oh oh oh oh

オーオーオーオーオーオーオーオオー
オーオーオーオーオーオーオーオオー