スポンサーリンク

Iron Maiden – The Number Of The Beast(魔力の刻印) 歌詞の意味と和訳

2020-02-25

Iron Maiden – The Number Of The Beast
アイアン・メイデン – ザ・ナンバー・オブ・ザ・ビースト(邦題:魔力の刻印)

 

 

1980年代のメタルブームを担ったイギリスのバンド Iron Maidenの3rdアルバム「The Number Of The Beast」(1982年) の表題曲で、5曲目に収録されている曲です。

同アルバムからの2枚目のシングルとして、1982年4月にリリースされました。

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

タイトルは、新約聖書の「ヨハネの黙示録」に記述されている「獣の数字」からとられています。

(参考:wikipedia 獣の数字

 

歌詞の内容は、「主人公が邪悪な心に取り付かれる様子」を描いたものです。

一部で、「アイアン・メイデンは悪魔崇拝者である」という非難を受けたそうですが、この曲は商業的にも成功しました。

 

 

歌詞と和訳

Written by Steve Harris

Woe to you, o’er Earth and Sea
For the Devil sends the beast with wrath
Because he knows the time is short
Let him who hath understanding reckon the number of the beast
For it is a human number
Its number is six hundred and sixty six

<ナレーション>
【ヨハネ黙示録12章12節より】
「地と海とは不幸である。

悪魔は怒りに燃えて、お前たちの所へ降っていった。
残された時が少ないのを知ったからである」
【ヨハネ黙示録13章18節より】
「ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。

数字は人間を指している。
そして、数字は666である」

 

I left alone, my mind was blank
I needed time to think to get the memories from my mind
What did I see? Can I believe that what I saw
That night was real and not just fantasy?

Just what I saw, in my old dreams, were they
Reflections of my warped mind staring back at me?
Cause in my dreams, it’s always there
The evil face that twists my mind and brings me to despair

YEAH!

一人取り残され、虚ろな心で
必死で記憶をたぐり寄せた
本当に見たのか? 信じていいのか?
あの夜の出来事は、幻覚ではなかったのか?

昔夢で見たことがある、そいつは
俺をとらえる、歪んだ心の表れか?
夢の中ではいつも
邪悪な顔が俺の心を侵し、俺を絶望の淵に叩き落とす

イエー!

 

warped mind 屈折した心
stare back at 見つめ返す

 

The night was black, was no use holding back
Cause I just had to see, was someone watching me?
In the mist, dark figures move and twist
Was all this for real or just some kind of hell?

真っ暗な夜、隠しても無駄だった
俺は知っていたんだ、誰かに見られていることを
霧の中、黒い影が動き揺らめく
これは現実か? それとも地獄の沙汰か?

 

hold back 抑止する、秘密にする、遠慮する

 

666 the number of the beast
Hell and fire was spawned to be released

666 悪魔の数字
地獄の業火が、この世に放たれた

 

spawn 卵、産む、大量に引き起こす

 

Torches blazed and sacred chants were phrased
As they start to cry, hands held to the sky
In the night, the fires are burning bright
The ritual has begun, Satan’s work is done

松明が燃え上がり、礼拝の呪文が唱えられた
皆が泣きだし、空に手を伸ばす
真夜中、炎は赤々と燃える
儀式は始まった、悪魔の呪いは成し遂げられた

 

sacred 神聖な、礼拝の、不可侵の
chant 歌、聖歌、唱える
phrase 句、表す、演奏する

 

666 the number of the beast
Sacrifice is going on tonight

666 悪魔の数字
今夜、生贄が捧げられる

 

This can’t go on, I must inform the law
Can this still be real, or just some crazy dream?
But I feel drawn towards the chanting hordes
They seem to mesmerize, can’t avoid their eyes

こんな事が続くはずはない、法に触れるはずだ
これは現実か? 狂った妄想か?
それでも群集の呪文に引き寄せられ
催眠術のように、奴らの目から逃げられない

 

inform 知らせる、密告する
draw toward 引き付ける、魅力を感じさせる
horde 大群、群れ
avoid 避ける、無効にする

 

666 the number of the beast
666 the one for you and me

666 悪魔の数字
666 これこそ俺達に与えられたもの

 

I’m coming back, I will return
And I’ll possess your body and I’ll make you burn
I have the fire, I have the force
I have the power to make my evil take its course

俺は目を覚ます、意識が戻る
お前の体に取り付いて、燃やしてやろう
俺が手に入れた炎、力
そして魔力が、この邪悪な心を解き放つのだ

 

possess 所有する、取りつく
take its course 行くところまで行く、決着をつける、成り行き