スポンサーリンク

Iron Maiden – Fear Of The Dark 歌詞の意味と和訳

Iron Maiden – Fear Of The Dark
アイアン・メイデン – フィア・オブ・ザ・ダーク

 

 

1980年代のメタルブームを担ったイギリスのバンド Iron Maidenの9thアルバム「Fear Of The Dark」(1992年) の表題曲で、アルバムのラストを飾る曲です。

中期(90年代) アイアン・メイデンの最高傑作と言われており、ライヴバージョンが、シングルとして1993年3月にリリースされました。

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

タイトル「フィア・オブ・ザ・ダーク」を訳すと ”暗闇の恐怖” となります。

歌詞の内容も、暗闇を恐れる男の独白のようなものになっています。

しかし、恐怖の ”正体” は最後まで明かされません。

暗闇そのものの恐怖よりも、「未知のものから勝手に恐怖心を作り出す人間の心理」こそ、恐ろしいのかもしれません。

 

 

歌詞と和訳

Written by Steve Harris

I am a man who walks alone
And when I’m walking a dark road
At night or strolling through the park

俺は一人きりで歩く
暗い夜道も
公園をぶらつく時も

 

stroll through ぶらつく

 

When the light begins to change
I sometimes feel a little strange
A little anxious when it’s dark

陽が傾いてくると
時々、妙な感覚に襲われる
暗くなると、少し不安になる

 

anxious 心配して、気になって

 

Fear of the dark, fear of the dark
I have a constant fear that something’s always near
Fear of the dark, fear of the dark
I have a phobia that someone’s always there

暗闇の恐怖
何かがすぐそばにいる、絶え間ない恐怖
暗闇の恐怖
誰かがすぐそこにいる、病的なまでの恐怖

 

phobia 恐怖症、病的な恐怖心

 

Have you run your fingers down the wall
And have you felt your neck skin crawl
When you’re searching for the light?

光を求めて、
壁に指を沿わせると
首筋に悪寒が走ったりするだろ?

 

feel one’s skin crawl 肌があわ立つ、悪寒がする

 

Sometimes when you’re scared to take a look
At the corner of the room
You’ve sensed that something’s watching you

部屋の隅に目をやるだけで
恐怖に襲われる時がある。

誰かに見つめられている気がするから

 

Fear of the dark, fear of the dark
I have constant fear that something’s always near
Fear of the dark, fear of the dark
I have a phobia that someone’s always there

暗闇の恐怖
何かがすぐそばにいる、絶え間ない恐怖
暗闇の恐怖
誰かがすぐそこにいる、病的なまでの恐怖

 

Have you ever been alone at night
Thought you heard footsteps behind
And turned around and no-one’s there?

夜、一人きりでいると
背後から足音がして
振り返ってみても誰もいない、そんな事があるだろ?

 

And as you quicken up your pace
You find it hard to look again
Because you’re sure there’s someone there

心臓が波打ち
もう振り返る事もできない
誰かがそこにいると、わかってしまったから

 

Fear of the dark, fear of the dark
I have constant fear that something’s always near
Fear of the dark, fear of the dark
I have a phobia that someone’s always there

暗闇の恐怖
何かがすぐそばにいる、絶え間ない恐怖
暗闇の恐怖
誰かがすぐそこにいる、病的なまでの恐怖

 

Fear of the dark(×8)

暗闇の恐怖

 

Watching horror films the night before
Debating witches and folklore
The unknown troubles on your mind

昨日の夜に見たホラー映画
頭から離れない魔女や伝承
心の中にある、未知の不安

 

debate ディベート、討論会、熟考、議論
folklore 民俗、伝承

 

Maybe your mind is playing tricks
You sense, and suddenly eyes fix
On dancing shadows from behind

ただの気のせいか
でも感じるだろ、そして突然その目に映る
背後から忍び寄る影が

 

Fear of the dark, fear of the dark
I have constant fear that something’s always near
Fear of the dark, fear of the dark
I have a phobia that someone’s always there
(×2)

暗闇の恐怖
何かがすぐそばにいる、絶え間ない恐怖
暗闇の恐怖
誰かがすぐそこにいる、病的なまでの恐怖

 

When I’m walking a dark road
I am a man who walks alone

暗い道を歩く時も
俺は一人きり