スポンサーリンク

<歌詞和訳>Right Action – Franz Ferdinand 曲の解説と意味も

2018-12-22Franz Ferdinand 歌詞和訳

Franz Ferdinand – Right Action
フランツ・フェルディナンド – ライト・アクション

 

スコットランド グラスゴー出身のロックバンド フランツ・フェルディナンドの4thアルバム「Right Thoughts, Right Words, Right Action」のリードシングルとして、2013年6月にリリースされた曲です。

代表曲『Take Me Out』の流れを組む、ファンキーなギターカッティングとダンサブルなリズムが特徴のロックソングです。

 

歌詞の意味と解釈

タイトルである「正しい行動」の通り、フランツ・フェルディナンドの王道ロックを堂々と鳴らしている”正しい曲”(演るべき曲) といえます。

軽快な歌詞も含め、アルバムのオープニングトラックとして、続きを楽しみにさせてくれる曲です。

 

歌詞と和訳

Written by Alexander Paul Kapranos Huntley / Nicholas John Mccarthy / Paul Robert Thompson / Robert Hardy

Come home practically all is nearly forgiven
Right thoughts, right words, right action

Almost everything could be forgotten
Right thoughts, right words, right action

戻ってきなよ、実際、もう許されたようなものさ
正しい考え、正しい言葉、正しい行動

ほとんどのものは忘れられるんだ
正しい考え、正しい言葉、正しい行動

 

・practically ほとんど、事実上

 

How can we leave you
To a Saturday night or a Sunday morning?

Good morning

土曜の夜や日曜の朝に
君を置き去りにできるわけないだろ?

おはよう

 

 

Sometimes I wish you were here, weather permitting
Right thoughts, right words, right action

This time, same as before, I’ll love you forever
Right thoughts, right words, right action

君がここに居ればって、たまに思うよ、天気さえよければ
正しい考え、正しい言葉、正しい行動


今度も、前と同じように、君をずっと愛してみせるよ

正しい考え、正しい言葉、正しい行動

 

weather permitting 天気がよければ

 

How can we leave you
To a Saturday night or a Sunday morning?
Good morning

土曜の夜や日曜の朝に
君を置き去りにできるわけないだろ?

おはよう

 

11 Chalcot Gardens
England’s Lane Hampsead London

ロンドン ハムステッド地区
イングランズ通りチャルコット・ガーデンズ11番地

 

Sometimes I wish you were here, weather permitting
Right thoughts, right words, right action(×4)

君がここに居ればってたまに思うよ、天気さえよければ
正しい考え、正しい言葉、正しい行動

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Right Thoughts, Right Words, Right Action(2013年)

 

アルバムタイトル「正しい思考、正しい言葉、正しい行動」が指す通り、1stアルバムのようにリスナーを楽しませ、躍らせるロックを志向した4thアルバム。