スポンサーリンク

<和訳>Franz Ferdinand – Michael

Franz Ferdinandのファーストアルバム「Franz Ferdinand」(2004年) の9曲目に収録されている曲です。
同アルバムからの4枚目のシングルとしても、2004年8月にリリースされています。

 

 

Franz Ferdinand – Michael
フランツ・フェルディナンド – マイケル

 

This is where I’ll be
ここが僕の居場所さ
So heavenly
まるで天国
So come and dance with me Michael
こっちに来て、僕と踊ろう、マイケル

So sexy, I’m sexy
なんてセクシー、僕はセクシー
So come and dance with me Michael
こっちに来て、僕と踊ろう、マイケル

I’m all that you see, you want to see
君が見るものは僕だけ、見たいのは僕だろ
So come and dance with me Michael
こっちに来て、僕と踊ろう、マイケル

So close now, so close now
すぐそばに、ぴったりと
So come and dance with me(×3)
こっちに来て、僕と踊ろう、マイケル

 

Michael you’re the boy with all the leather hips
マイケル、ヒップにレザーをまとった男の子
Sticky hair, sticky hips, stubble on my sticky lips
べたつく髪、べたつく尻、僕のべたつく唇にあたる不精髭
Michael, you’re the only one I’d ever want
マイケル、僕が欲しいのは君だけ、僕が欲しいのは
Only one I’d ever want, only one I’d ever want
君だけさ、僕が欲っするのは君だけ
Beautiful boys on a beautiful dance floor
美しいダンスフロアで踊る、美しい少年たち
Michael, you’re dancing like a beautiful dance whore
マイケル、君はまるで美しく踊る娼婦
Michael waiting on a silver platter now
たやすく食べられてしまうマイケル
And nothing matters now
もうどうなったって構わない

 

This is what I am, I am a man
これが僕さ、僕は男さ
So come and dance with me, Michael
こっちに来て、僕と踊ろう、マイケル

So strong now, it’s strong now
なんて力強さだ、力強いよ
So come and dance with me Michael
こっちに来て、僕と踊ろう、マイケル

I’m all that you see, you want to see
僕は君がなるもの、君が見るものすべて
So come and dance with me, Michael
こっちに来て、僕と踊ろう、マイケル

So close now, it’s close now
すぐそばに、ぴったりと

So come and dance with me(×3)
こっちに来て、僕と踊ろう、マイケル

 

Michael, you’re the boy with all the leather hips
マイケル、ヒップにレザーをまとった男の子
Sticky hair, sticky hips, stubble on my sticky lips
べたつく髪、べたつく尻、僕のべたつく唇にあたる不精髭
Michael, you’re the only one I’d ever want
マイケル、僕が欲しいのは君だけ、僕が欲しいのは
Only one I’d ever want, only one I’d ever want
君だけさ、僕が欲っするのは君だけ
Beautiful boys on a beautiful dance floor
美しいダンスフロアで踊る、美しい少年たち
Michael, you’re dancing like a beautiful dance whore
マイケル、君はまるで美しく踊る娼婦
Michael waiting on a silver platter now
たやすく食べられてしまうマイケル
And nothing matters now
もうどうなったって構わない

Michael, you’re the only one I’d ever want
マイケル、僕が欲しいのは君だけ、僕が欲しいのは
Only one I’d ever want, only one I’d ever want
君だけさ、僕が欲っするのは君だけ
(×2)
Beautiful boys on a beautiful dance floor
美しいダンスフロアで踊る、美しい少年たち
Michael, you’re dancing like a beautiful dance whore
マイケル、君はまるで美しく踊る娼婦
Michael waiting on a silver platter now
たやすく食べられてしまうマイケル
もうどうなったって構わない

Nothing matters now, nothing matter, nothing matters, oh yeah
もうどうなったって構わない、どうなったって、そうさ

 

Written by Alexander Paul Kapranos Huntley / Nicholas John McCarthy / Paul Robert Thompson / Robert Hardy
Michael Lyrics © Universal Music Publishing Group

 

言葉の意味・解説

stciky ねばねばする、べたつく、粘着性のある、ややこしい

stubble 不精髭

whore 娼婦、売春婦

on a silver platter 何の苦労もなく、すべてお膳立てされている状態で
 silver platterは銀の大皿の事です。

 

雑記

モリッシー(The Smiths)ばりの、同性愛としか捉えようのない危うい歌詞です。

アレックス自身がゲイだという話はないようですが、彼が体験したダンスパーティー(そこで男友達2人が性的に結ばれたのだとか…)から着想を得ているそうです。

とても盛り上がる曲ですが、歌詞の意味を思うと素直に盛り上がるのが躊躇われる歌詞です。