スポンサーリンク

The Chainsmokers – Closer 歌詞の意味と和訳

2019-04-29

The Chainsmokers feat. Halsey – Closer
ザ・チェインスモーカーズ feat. ホールジー – クローサー

 

 

2人組のDJユニット The Chainsmokers のシングルとして、2016年7月にリリースされた曲です。

12週間連続ビルボードチャートの1位に留まり続けるなど、チェインスモーカーズの中でも特別大きなヒットとなった曲です。

EP「Collage」(2016年) や、ファーストアルバム「Memories…Do Not Open」(2017年) の日本盤に追加収録されています。

 

ボーカルは、メンバーのAndrew Taggart(アンドリュー・タガート)と、アメリカのシンガーソングライター Halsey(ホールジー)が担当しています。

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

かつて恋人同士だった男女が再会し、あの頃と変わらない恋愛感情を抱く、というテーマの曲です。

タイトルの「クローサー」とは”接近”を意味します。

これは二人の人生の再接近を指すとともに、”抱きしめ合う行為”も指しているようです。

 

 

歌詞と和訳

Written by Alex Pall, Halsey, Shaun Frank, Frederic Kennett & Andrew Taggart

Hey, I was doing just fine before I met you
I drink too much
And that’s an issue, but I’m okay

Hey, you tell your friends
It was nice to meet them
But I hope I never see them again

ねぇ、君に会うまで僕は上手くやってたんだ
飲み過ぎっていう
問題はあるけど、大丈夫さ

ねぇ、君は友達に
”会えて素敵”って言ってたけど
僕は奴らとは二度と会いたくないな

 

I know it breaks your heart
Moved to the city in a broke-down car
And four years, no calls
Now you’re lookin’ pretty in a hotel bar

And I-I-I can’t stop
No, I-I-I can’t stop

君を傷つけたのはわかってる
ボロボロの車で街へ引っ越し
4年間、音沙汰無し
だけど今、ホテルのバーにいる君はとても素敵だよ

そう、止められない
この気持ちは止められない

 

So, baby, pull me closer
In the backseat of your Rover
That I know you can’t afford
Bite that tattoo on your shoulder
Pull the sheets right off the corner
Of the mattress that you stole
From your roommate back in Boulder
We ain’t ever getting older

だからベイビー、僕を抱き寄せて
君のローバーの後部座席で、
君が買えないような(親に買ってもらった)車さ
君の肩のタトゥーを噛んで
マットレスの端からシーツを引き剥がす
そいつは君が昔
ボールダーのルームメイトから盗んだやつで
僕らはちっとも成長しないね

 

Rover LAND ROVER社の高級SUV車Range Rover(レンジローバー)


ランドローバー レンジローバー ミニカー 1/24 ウェリー WELLY LAND ROVER RANGE ROVER SPORT 2014 WHITE BLACK

afford 余裕がある、買う事ができる

 

We ain’t ever getting older(×2)

僕らはちっとも変っていない

 

You look as good as the day I met you
I forget just why I left you, I was insane
Stay and play that Blink-182 song
That we beat to death in Tucson, okay

あなたは出会った頃のまま、素敵よ
なんであなたを振ったのかしら、どうかしてたのね
待って、Blink 182の曲をかけるから
ツーソンで死ぬほど聴いたじゃない、そうでしょ

 

insane 正気でない、非常識な

Blink-182 ブリンク・ワンエイティートゥー。90年代から2000年代にかけて活躍したカリフォルニア州出身のパンクバンド。若い世代に絶大な人気を誇った。


Blink 182 – The Band, The Breakdown & The Return (English Edition)

 

I know it breaks your heart
Moved to the city in a broke-down car
And four years, no call
Now I’m lookin’ pretty in a hotel bar

And I-I-I can’t stop
No, I-I-I can’t stop

君を傷つけたのはわかってる
ボロボロの車で街へ引っ越し
4年間、音沙汰無し
だけど今、ホテルのバーにいる君はとても素敵だよ

そう、止められない
この気持ちは止められない

 

So, baby, pull me closer
In the backseat of your Rover
That I know you can’t afford
Bite that tattoo on your shoulder
Pull the sheets right off the corner
Of the mattress that you stole
From your roommate back in Boulder
We ain’t ever getting older

だからベイビー、僕を抱き寄せて
君のローバーの後部座席で、
君が買えないような車さ
君の肩のタトゥーを噛んで
マットレスの端からシーツを引き剥がす
そいつは君が昔
ボールダーのルームメイトから盗んだやつで
僕らはちっとも変っていないね

 

We ain’t ever getting older(×2)

僕らはちっとも成長しない

 

 

So, baby, pull me closer
In the backseat of your Rover
That I know you can’t afford
Bite that tattoo on your shoulder
Pull the sheets right off the corner
Of the mattress that you stole
From your roommate back in Boulder
We ain’t ever getting older

だからベイビー、僕を抱き寄せて
君のローバーの後部座席で、
親に買ってもらった車さ
君の肩のタトゥーを噛んで
マットレスの端からシーツを引き剥がす
そいつは君が昔
ボールダーのルームメイトから盗んだやつで
僕らはちっとも成長してない

 

We ain’t ever getting older
(No, we ain’t ever getting older)
(×5)

僕らは相変わらずだね

 

 

言葉の解説

・your Rover that I know you can’t afford
君が買えないような君のレンジローバー(高級車)

このフレーズから、親に買ってもらった高級車に乗る女性と、オンボロ車で引っ越した男性の”経済格差”(家庭環境の違い)を想像させます。

この差が、特に男性側に微妙な距離感を抱かせ、二人の破局の一因になったのではないでしょうか。(「彼女の友達には二度と会いたくない」というくだりも、二人の格差を匂わせます)

 

そして、再会後も”相変わらず”親にもらった高級車を乗り回している女性に対し、複雑な気持ちを抱きつつも、肩のタトゥーやマットレスと同様の懐かしさを感じているようです。

こういった独特の演出も、この曲を奥深いものにしていると思われます。

 

 

Blink-182

90年代から2000年代に、特にティーンに支持されたパンクロックバンドで、青春や若さ故のおバカさを前面に押し出していました。

アンドリューはこの曲を書くにあたり、Blink-182の『I Miss You』から大きなインスピレーションを受けたと語っています。

 

 


blink-182 [Explicit]