スポンサーリンク

<歌詞和訳>The Eraser – Thom Yorke 曲の解説と意味も

2019-06-08Thom Yorke 歌詞和訳[社会] 風刺/抗議

Thom Yorke – The Eraser
トム・ヨーク – ジ・イレイザー

 

イギリスのオルタナティブ・ロックバンド レディオヘッドのフロントマン トム・ヨークの、初のソロアルバム「The Eraser」(2006年) に収録されている曲です。

アルバムの中で唯一、レディオヘッドのジョニー・グリーンウッドとの共作となっています。

 

歌詞の意味と解釈

タイトルの「イレイザー」とは、”消し去るもの” を意味します。

サビの部分では「僕を消そうとすればするほど、僕ははっきりと現れる」と歌われています。

消そうとすればするほど、現れてしまうもの” とは、まるでなぞなぞみたいですが、頭に浮かぶものと言えば「嘘」「後悔」「失望」…。なんだかネガティブなものばかり…。

まるで、政治家や権力者の頭の中に直接囁きかけるような、やや不穏で政治的なテーマを感じさせる曲です。

 

歌詞と和訳

Written by Jonny Greenwood & Thom Yorke

Please excuse me but I got to ask
Are you only being nice because you want something?

My fairy tale arrow pierces
Be careful how you respond, ‘cause you might end up in this song

I never gave you an encouragement
And it’s doing me in, doing me in, doing me in, doing me in

悪いんだけど、聞かせてくれないかい?
あんたがただのいい人なのは、何かが欲しいからだろ?

僕のおとぎ話の矢が刺さる
返事には気をつけな、この歌のネタにされるのがオチだぜ

あんたを刺激したことなんて、一度もなかった
そのことが僕の息の根を止める、僕の息の根を止めるんだ

 

pierce ピアス、突き刺す、貫通する
end up 結局~になる、~するのが落ち
encoragement 刺激、励み
do in くたびれさせる、殺す

 

The more you try to erase me
The more, the more, the more that I appear
Oh, the more, the more

The more you try the eraser
The more, the more, the more that you appear

あんたが僕を消そうとすればするほど
はっきりと、はっきりと、僕は現れるんだ
はっきりと、はっきりと

あんたが消そうとする程
くっきりと、くっきりと、あんたは現れるんだ

 

You know all the answers so why do you ask?
I am only being nice because I want someone, something

You’re like a kitten with a ball of yarn
And it’s doing me in, doing me in, doing me in, doing me in

答えなら全部知っているのに、なぜあんたは聞いてくる?
僕がただのいい人なのは、誰かを、何かを欲しいからさ

あんたは毛玉と戯れる仔猫みたい
そのことが僕の息の根を止める、僕の息の根を止めるんだ

 

The more you try to erase me
The more, the more, the more that I appear
Oh, the more, the more

The more I try to erase you
The more, the more, the more that you appear

あんたが僕を消そうとすればするほど
はっきりと、はっきりと、僕は現れるんだ
はっきりと、はっきりと

あんたが消そうとする程
くっきりと、くっきりと、あんたは現れるんだ

 

No, you’re wrong, you are wrong
You are wrong, you are wrong
You are wrong, you are wrong
You’re wrong

あぁ、あんたは間違っている、あんたは間違ってるよ
あんたは間違っている、あんたは間違ってるよ

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

The Eraser(2006年)

 

ソロ1作目。エレクトロニクスとトムのボーカルが中心で、派手さはありませんが沁みる作品です。レディオヘッド好きならきっと好きになる内容だと思います。