スポンサーリンク

<歌詞和訳>All My Loving – The Beatles 曲の解説と意味も

[その他 Beatles], Beatles 歌詞和訳[恋愛] 不朽のラヴソング, [恋愛] 情熱的な愛

The Beatles – All My Loving
ザ・ビートルズ – オール・マイ・ラヴィング

 

ザ・ビートルズの2ndアルバム「With The Beatles」(1963年) に収録されている曲です。

ポール・マッカートニーによる作品で、ジョン・レノンはこの曲を絶賛していたそうです。

 

歌詞の意味と解釈

タイトル「オール・マイ・ラヴィング」を訳すと、”全部の僕の愛” となります。

しかし、それなら「All My Love」でいいわけで、なぜ敢えて「Loving」としているのか、気になります。

譜割り等の音楽的な理由かとは思いますが、今回訳すにおいて、「Love」ではなく「Loving」 となっている点をできるだけはっきりさせたいと考えました。

「Loving」という単語は、”愛情深い” という形容詞です。

歌詞の「これから離れ離れになる恋人」という流れと、I’ll send all my loving to you という文章を考慮すると、イメージ的に「僕の愛を全部君に送るんだ」というよりも、「君の事が愛しい “この想い” を全部送るんだ」的な感じの方が合う気がしたので(意味はほぼ一緒ですが…)、そのように訳させていただきました。

 

歌詞と和訳

Written by Lennon-McCartney

Close your eyes and I’ll kiss you
Tomorrow I’ll miss you
Remember I’ll always be true
And then while I’m away
I’ll write home everyday
And I’ll send all my loving to you

目を閉じて、キスするから。
明日からは寂しくなるよ。
忘れないでね、ずっと君を想っているよ。
離れ離れの間、
毎日君の家に手紙を書いて
愛しい想いを全部、君に送るんだ

 

true 本当の、忠実な

 

I’ll pretend that I’m kissing
The lips I am missing
And hope that my dreams will come true
And then while I’m away
I’ll write home everyday
And I’ll send all my loving to you

恋しい君の唇に
キスする仕草をして、
<君と会える>僕の夢が叶いますように。
離れ離れの間、
毎日君の家に手紙を書いて
愛しい想いを全部、君に送るんだ

 

All my loving I will send to you
All my loving, darling I’ll be true

愛しい想いを全部、君に送るよ
愛しい想いを全部、ダーリン、本当さ

 

Close your eyes and I’ll kiss you
Tomorrow I’ll miss you
Remember I’ll always be true
And then while I’m away
I’ll write home everyday
And I’ll send all my loving to you

目を閉じて、キスするから。
明日からは寂しくなるよ。
忘れないでね、ずっと君を想っているよ。
離れ離れの間、
毎日君の家に手紙を書いて
愛しい想いを全部、君に送るんだ

 

All my loving I will send to you
All my loving, darling I’ll be true
All my loving, all my loving ooh
All my loving I will send to you

愛しい想いを全部、君に送るよ
愛しい想いを全部、ダーリン、本当さ
愛しい想いを全部、この想いを全部
この想いを全部、君に送るよ

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

With The Beatles(1963年)

 

たった1日で録音した前作と違い、3か月かけてじっくり録音された2ndアルバム。既発のシングル曲を収録せず、14曲中6曲がカバー曲という内容です。

 

The Beatles 1962-1966(通称:赤盤 1973年)

 

ビートルズ前半の代表曲が収められた2枚組ベストアルバムです。