スポンサーリンク

<歌詞和訳>The Drugs Don’t Work – The Verve 曲の解説と意味も

2019-02-02その他の有名曲・定番曲 和訳死別/哀悼

The Verve – The Drugs Don’t Work
ザ・ヴァーヴ – ザ・ドラッグス・ドント・ワーク

 

イギリスのロックバンド ザ・ヴァーヴの3rdアルバム「Urban Hymns」(アーバン・ヒムス) に収録されている曲です。

同アルバムの2枚目のシングルとして1997年9月にリリースされ、UKシングルチャート1位を獲得しました。

 

歌詞の意味と解釈

薬はもう効かない” という意味深なタイトルの曲です。

一説には、曲中に出てくる大切な人 “You” は、ソングライターであるリチャード・アシュクロフトの父親だと言われています。リチャードは、11才の時に父を癌で亡くしたそうで、その時の体験がこの曲のモチーフになっているようです。

「薬も効かない」状態の父が死んでしまう様子と、父との思い出を描いた悲しい曲です。

最後のフレーズ「I’m never coming down」は、立ち直りへの意志表示だと思われます。

一方、この曲を「ドラッグ中毒からの脱却」を描いたものだという解釈もできます。

曲中の “You” は幻覚(または心の中) に登場する相手で、薬を断つことで “You” との関係も断たれてしまう、という解釈です。

また、「come down」はドラッグが作用する様子を表す言葉でもあるようです。それをもうやらない(=ドラッグを断つ) と捉える事が出来ます。

 

歌詞と和訳

Written by Richard Ashcroft

All this talk of getting old
It’s getting me down, my love
Like a cat in a bag
Waiting to drown
This time I’m coming down

老けてきたとかいう話は、
僕をうんざりさせるんだ、愛する人よ
袋に詰められた猫のように
溺れるのを待っている
今、沈んでいくんだ

 

Like a cat in a bag 昔は要らない猫を溺れさせて処分する事があったそうです

 

And I hope you’re thinking of me
As you lay down on your side
Now the drugs don’t work
They just make you worse
But I know I’ll see your face again

あなたが僕の事を思っていてくれたらいいな
あなたは体を横たえたまま
もう、薬は効かない
薬はあなたを苦しませるだけ
でも、僕はまたあなたに会える

 

Now the drugs don’t work
They just make you worse
But I know I’ll see your face again

もう、薬は効かない
薬はあなたを苦しませるだけ
でも、僕はまたあなたに会える

 

But I know I’m on a losing streak
Cause I passed down my old street
And if you want a show
Then just let me know
And I’ll sing in your ear again

僕は負け続けている
古びた路地を歩んでいたから
あなたが現れるのなら
僕に知らせてよ
あなたの耳元に、また歌を届けるから

 

losing streak 連敗、続落
pass down 沿って動く、受け継ぐ

 

Now the drugs don’t work
They just make you worse
But I know I’ll see your face again

もう、薬は効かない
薬はあなたを苦しませるだけ
でも、僕はまたあなたに会える

 

Cause, Baby, if heaven calls
I’m coming too
Just like you said
You leave my life
I’m better off dead

ベイビー、もし天の思し召しなら
僕も行くよ
あなたの言う通り
あなたは僕の人生から消えていった
僕は死んだ方がマシなくらいさ

 

better off dead 死んだ方がマシ

 

All this talk of getting old
It’s getting me down my love
Like a cat in a bag, waiting to drown
This time I’m coming down

年をとったっていう話は、
僕をうんざりさせるんだ、愛する人よ
袋に詰められた猫のように
溺れるのを待っている
今、沈んでいくんだ

 

Now the drugs don’t work
They just make you worse
But I know I’ll see your face again

もう、薬は効かない
薬はあなたを苦しませるだけ
でも、僕はまたあなたに会える

 

 

Cause baby, ooh, if heaven calls
I’m coming, too
Just like you said
You leave my life
I’m better off dead

ベイビー、もし天の思し召しなら
僕も行くよ
あなたの言う通り
あなたは僕の人生から消えていった
僕は死んだ方がマシなくらいさ

 

But if you want a show
Then just let me know
And I’ll sing in your ear again

だけど、あなたが現れようとするなら
僕にだけ知らせてよ
あなたの耳元に、また歌を届けるから

 

Now the drugs don’t work
They just make you worse
But I know I’ll see your face again

もう、薬は効かない
薬はあなたを苦しませるだけ
でも、僕はまたあなたに会える

 

Yeah, I know I’ll see your face again(×2)
Yeah, I know I’ll see your face again, oh Lord(×2)

僕はまたあなたに会える
僕はまたあなたに会えるんだ、神様

 

I’m never coming down, I’m never coming down
No more, no more, no more, no more, no more
(×2)

もう落ち込むことはない、落ち込む事はないよ
これ以上、これ以上、これ以上

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Urban Hymns(1997年)

 

(オアシスやレディオヘッドすら凌いで)多くの人から90年代の最高のUKロックアルバムと言われる3rdアルバムです。

 

This Is Music: The Singles 92-98(2004年)

 

アルバム未収録のシングルや、未発表曲も収録されたシングルコレクションです。