スポンサーリンク

<歌詞和訳>Cross Road Blues – Robert Johnson 曲の解説と意味も

その他の有名曲・定番曲 和訳

Robert Johnson – Cross Road Blues
ロバート・ジョンソン – クロス・ロード・ブルース

 

アメリカの伝説的なブルース・ミュージシャン ロバート・ジョンソンの代表曲で、1937年に発表されました。

ロバート・ジョンソンは小作人の私生児として1911年5月にミシシッピー州で生まれ、兄弟からギターを教わったといいます。
その後、アメリカ各地を弾き語りしながら腕を磨き、1936年~1937年にかけて2度のレコーディングで29曲を録音しましたが、27歳の若さで急死しました。

 

クロス・ロード

彼にまつわる有名な話として、”クロスロード伝説“があります。ミシシッピ州クラークスデイルという小さな町にある国道61号と49号の交差点で、彼は「悪魔に魂を売りギターのテクニックを手に入れた」というものです(現在ではブルース愛好家の観光名所となっています)。

そのような伝説がまことしやかに語られるほど、彼は短期間の間に歌と演奏を上達させたようです。

ちなみに、田舎において交差点(十字路)は数少ないランドマークであり、ヒッチハイカーにとっては最も車を捕まえ易い場所でもあります。

 

歌詞の意味と解釈

歌詞の内容は、”クロスロード(十字路) でヒッチハイクを試みた旅人の心境“を歌ったもの、と考えられます。

一方で、前述のクロスロード伝説に引っ掛けた解釈もされています。

 

一般的には2つのテイクが知られており、ここでは添付の動画と同じTake2を和訳しています。

 

歌詞と和訳

Written by Robert Johnson

I went to the crossroad, fell down on my knees
I went to the crossroad, fell down on my knees
Asked the Lord above, “Have mercy, save poor Bob if you please”

俺は十字路へ行き、ひざまずいた
俺は十字路へ行き、ひざまずいた
天の神に乞うた「どうかお慈悲を、この哀れなボブをお救いください」と

 

Bob ボブはロバート・ジョンソンのニックネームだと言われています

 

Mmmm, standin’ at the crossroad, I tried to flag a ride
Standin’ at the crossroad, I tried to flag a ride
Didn’t nobody seem to know me, everybody pass me by

十字路に立ち、車を捕まえようとした
十字路に立ち、車を捕まえようとしたんだ。
誰も彼も素知らぬふりして、通り過ぎていくのさ

 

yeo イェオ、よお

 

Mmmm, the sun goin’ down boy, dark goin’ catch me here
Oooo ooee eeee, boy dark goin’ catch me here
I haven’t got no lovin’ sweet woman that love and feel my care

日が落ちて、なぁ、暗闇が俺を包んでいった
なぁ、暗闇が俺を包んでいったんだ
俺には愛を捧げ、気にかけるイイ女なんていないのさ

 

You can run, you can run, tell my friend boy Willie Brown
You can run, tell my friend boy Willie Brown
Lord that I’m standing at the crossroad, babe
I believe I’m sinkin’ down

逃げろ、逃げろって、ダチのウィリー・ブラウンに伝えてくれ
逃げろって、ダチのウィリー・ブラウンに伝えてくれ
神よ、俺は十字路に立っている
そして俺は弱り果てている

 

Willie Brown ウィリアム・ブラウン。ロバートにギターを教えたブルースミュージシャンだと言われています。彼曰く「ある時までロバートのギターは下手だった」そうです。
sink down 弱まる、衰える、崩れる

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

The Complete Recordings(2004年)

 

1936年と37年に録音されたロバート・ジョンソンの音源をほぼすべて網羅した2枚組41曲(41トラック)収録のアルバムです。
(現存する彼の音源は曲42テイクと言われています)