スポンサーリンク

<歌詞和訳>Heart Of Gold (孤独の旅路) – Neil Young 曲の解説と意味も

その他の有名曲・定番曲 和訳[生き方] 信念/自分らしさ, ★★★★★ (いい歌詞)

Neil Young – Heart Of Gold
ニール・ヤング – ハート・オブ・ゴールド(邦題:孤独の旅路)

 

カナダ出身のシンガーソングライター ニール・ヤングの4thアルバム「Harvest」(1972年) に収録されている曲です。

ニール・ヤング最大のヒット曲で、彼にとって唯一の全米ナンバー1シングルとなっています。

コーラスに参加しているのは、アメリカのシンガー リンダ・ロンシュタッドとジェイムス・テイラーという豪華な顔ぶれです。

 

歌詞の意味と解釈

「俺は黄金の心を求める鉱夫」というフレーズが印象的な曲です。

ハート・オブ・ゴールド」が何を指すのか、具体的には説明されていません。
愛情や優しさ、純粋な心などと解釈できますが、やはりここは”黄金の心”と訳す以外にないような気がします。

個人的な考察は、和訳の後にしています。

 

歌詞と和訳

Written by Neil Young

I want to live, I want to give
I’ve been a miner for a heart of gold
It’s these expressions I never give
That keep me searchin’ for a heart of gold

And I’m getting old
Keep me searchin’ for a heart of gold
And I’m getting old

生きていたい、与える人でありたい
俺は黄金の心を求める鉱夫
その様子は決して見せず
“そいつ”が俺に黄金の心を探させている

俺が年をとっていっても
黄金の心を探させている
そして俺は年をとっていく

 

expression 表現すること、言い回し、表情
・Keep me searchin’ for a heart of gold ここは主語のThatが省略されているものとして訳しました。

 

I’ve been to Hollywood, I’ve been to Redwood
I crossed the ocean for a heart of gold
I’ve been in my mind, it’s such a fine line
That keeps me searchin’ for a heart of gold

And I’m getting old
Keeps me searchin’ for a heart of gold
And I’m getting old

ハリウッドにも行ったし、レッドウッドにも行った
黄金の心を求めて海を越えた
自分の意識にも潜り込んだ、それは寄る辺なき旅路
“そいつ”が俺に黄金の心を探させ続ける

俺が年をとっていっても
黄金の心を探させている
そして俺は年をとっていく

 

Redwood レッドウッドは樹木の名前ですが、ここではレッドウッドシティ(カリフォルニア州中部の都市)を指すと思います。
fine line 細い線、微妙な境界線、紙一重の差
 邦題「孤独の旅路」が歌詞を反映したものだとすれば、この箇所が「孤独の旅路」と訳せる箇所だと思います。

 

Keep me searchin’ for a heart of gold
You keep me searchin’ and I’m growing old
Keep me searchin’ for a heart of gold
I’ve been a miner for a heart of gold

黄金の心を探させている
君が黄金の心を探させ、俺は年をとっていく
黄金の心を探させている
俺は黄金の心を求める鉱夫

 

 

考察:黄金の心を探させるもの

この曲の歌詞を考える時、最初に「”黄金の心”とは何か?」を考え、人それぞれ解釈が生まれると思います。

ただ、私は今回歌詞を訳してみて、”黄金の心”というのはこの歌詞でそれほど重要ではないと思いました。

この曲の核心は、”黄金の心”を求め続けさせている、自分の意志を越えた「目に見えない力(=that)」ではないか、と思います。

率直に言えば「人の人生は何か目に見えない力によって突き動かされている」という事になります。

That keep me searchin’ for a heart of gold」という歌詞のThatは、接続詞や関係代名詞ではなく、主語であり、かつ歌詞のキーとなるものだと感じました。

歌詞の主人公は自身を「黄金の心を求める鉱夫」と言いますが、人は誰しも「黄金の心を求める鉱夫として」(=何かに突き動かされて) 人生を生きている、というのが、この歌詞で表現されている事柄ではないか、と思いました。

あくまで私が考えた事なので、具体的な確証があったりするわけではありませんが…。

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Harvest(1972年)

 

カントリー調に仕上げられた4作目となるソロ作。前作「After The Gold Rush」と並ぶニール・ヤングの最高傑作と言われています。

 

Greatest Hits(2004年)

 

35年のキャリアから選出された16曲が収録されたベストアルバムです。