スポンサーリンク

<和訳>Sugar – Maroon 5

2018-10-07Maroon 5 歌詞和訳[恋愛] 情熱的な愛

Maroon 5 – Sugar
マルーン・ファイヴ – シュガー

Maroon5の5作目のアルバム「V」(2014年) の5曲目に収録されている曲です。

同アルバムからの3枚目のシングルとしても、2015年1月にリリースされています。

 

 

 

I’m hurting, baby, I’m broken down
傷ついてるよ、ベイビー、ボロボロさ
I need your loving, loving, I need it now
君の愛が必要なんだ、愛が今必要さ
When I’m without you
君と一緒じゃなきゃ
I’m something weak
元気が出ないよ
You got me begging
君は僕にお願いさせる
Begging, I’m on my knees
僕はひざまづいてお願いしてる

I don’t wanna be needing your love
君の愛が欲しいんじゃない
I just wanna be deep in your love
その愛に深く溺れたいのさ
And it’s killing me when you’re away
君がいなきゃ、生きた心地がしない
Ooh, baby,
あぁ、ベイビー
‘Cause I really don’t care where you are
君がどこにいようと関係ないんだ
I just wanna be there where you are
どこだろうと、君のそばにいたい
And I gotta get one little taste
そして、ちょっとだけ味わうんだ

Sugar
シュガー
Yes, please
お願いだ
Won’t you come and put it down on me?
ねぇ、僕にそいつ(シュガー) をくれないか?
I’m right here, ‘cause I need
僕はここさ、必要なんだ
Little love, and little sympathy
少しの愛情と、少しの同情が

Yeah you show me good loving
そうさ、君が素敵な愛をくれて
Make it alright
うまくいく
Need a little sweetness in my life
人生にちょっと甘さ(ご褒美) が欲しいよ
Your sugar
君のシュガー
Yes, please
頼むよ

Won’t you come and put it down on me?
さぁ、僕にそいつをくれないか?

 

Babe,
my broken pieces
バラバラの僕を
You pick them up
君が拾い集める
Don’t leave me hanging, hanging
宙ぶらりんにしないで、
Come give me some
そばに来てよ
When I’m without you
君と一緒じゃなきゃ
I’m so insecure
すごく不安さ
You are the one thing
君がただ一つの
One thing, I’m living for
ただ一つの僕の生きがい

I don’t wanna be needing your love
君の愛が欲しいんじゃない
I just wanna be deep in your love
その愛に深く溺れたいのさ
And it’s killing me when you’re away
君がいなきゃ、生きた心地がしない
Ooh, baby,
あぁ、ベイビー
‘Cause I really don’t care where you are
君がどこにいようと関係ないんだ
I just wanna be there where you are
どこだろうと、君のそばにいたい
And I gotta get one little taste
そして、ちょっとだけ味わうんだ

Sugar
シュガー
Yes, please
お願いだ
Won’t you come and put it down on me?
ねぇ、僕にそいつをくれないか?
I’m right here, ‘cause I need
僕はここさ、必要なんだ
Little love, and little sympathy
少しの愛情と、少しの同情が
Yeah you show me good loving
そうさ、君が素敵な愛をくれて
Make it alright
うまくいく
Need a little sweetness in my life
人生にちょっと甘さが欲しいよ
Your sugar (your sugar)
君のシュガー
Yes, please (yes, please)
頼むよ
Won’t you come and put it down on me?
さぁ、僕にくれないか?

 

I want that red velvet
I want that sugar sweet
僕が欲しいのは
レッドヴェルヴェット、甘い砂糖
Don’t let nobody touch it
Unless that somebody’s me
僕以外の誰にも
触れさせないで
I gotta be a man
<君にとっての>男になるんだ
There ain’t no other way
それ以外考えられない
‘Cause girl you’re hotter than southern California day
南カリフォルニアの陽射しよりホットな君

Never wanna play no games
かけ引きなんてしたくない
I don’t gotta be afraid
心配なんてさせないよ
Don’t give all that shy shit
シャイなふりなんてよしなよ
No make up on, that’s my sugar
メイクなんていらない、僕のシュガー

 

Sugar,
シュガー
Yes, please
お願いさ
Won’t you come and put it down on me? (down on me)
ねぇ、僕にそいつをくれないか?(一粒落として)

I’m right here (right here),
僕はここさ(ここにいるよ)
‘Cause I need (I need)
必要なんだ(僕には必要さ)
Little love and little sympathy
少しの愛情と、少しの同情が

Yeah, you show me good loving
そうさ、君が素敵な愛をくれて
Make it alright
うまくいく
Need a little sweetness in my life
人生にちょっと甘さが欲しいよ
Your sugar (sugar)
君のシュガー
Yes, please (yes, please)
そうさ、頼むよ

Won’t you come and put it down on me?
さぁ、僕にそいつをくれないか?

Sugar
シュガー
Yes, please
お願いだ
Won’t you come and put it down on me?
ねぇ、そいつをくれないか?
I’m right here, ‘cause I need
僕はここさ、必要なんだ
Little love, and little sympathy
少しの愛情と、少しの同情が
Yeah you show me good loving
そうさ、君が素敵な愛をくれて
Make it alright
うまくいく
Need a little sweetness in my life
人生にちょっと甘さが欲しいよ

Your sugar
君のシュガー
Yes, please
そうさ、頼むよ
Won’t you come and put it down on me?
ねぇ、そいつをくれないか?
(Down on me, down on me)
(僕にちょうだいよ)

Written by Adam Levine / Jacob Hindlin / Joshua Coleman / Lukasz Gottwald / Mike Posner / Pedro Canale / Henry Walter
Sugar Lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC, Universal Music Publishing Group, Kobalt Music Publishing Ltd.

 

言葉の意味・解説

red velvet レッド・ヴェルヴェット

赤いヴェルヴェット(ビロード)ではなく、ケーキの1種です。ココアや食紅で真っ赤にしたスポンジと、白いクリームチーズのフロスティング(糖衣)を特徴としています。


Betty Crocker Red Velvet Cake Mix (450g) ベティクロッカー赤いベルベットのケーキミックス( 450グラム)

 

雑記

ウェディングにサプライズで登場するMVも印象的な、バンドの代表曲です。

シュガーは彼女の愛の事でもあり、彼女自身の事でもあり、多分セクシャルな意味も含んでいるでしょう。それらを、自分の人生の甘さ(ご褒美)として称えている曲です。