スポンサーリンク

<和訳>Maroon 5 – Animals

2018-10-13

Maroon5の5作目のアルバム「V」(2014年) の2曲目に収録されている曲です。

同アルバムからの2枚目のシングルとしても、2014年8月にリリースされています。

 

 

Maroon 5 – Animals
マルーン・ファイヴ – アニマルズ

 

Baby I’m preying on you tonight
今夜、君は僕の獲物
Hunt you down eat you alive
君を捕まえて、食べてしまおう
Just like animals
獣みたいに
Animals
獣みたい
Like animals-mals
まるで、獣みたいにね

Maybe you think that you can hide
隠れられるって思ってるみたいだね
I can smell your scent for miles
何マイル離れていようと、君の匂いならわかるよ
Just like animals
獣みたいに
Animals
獣みたい
Like animals-mals
まるで、獣みたいにね
Baby I’m…

 

So what you trying to do to me?
僕にどうするつもりだい?
It’s like we can’t stop, we’re enemies
止められないね、敵同士なのに
But we get along when I’m inside you, yeah
君の中に入れば、よくなっちゃうだろ

You’re like a drug that’s killing me
君はまるで、僕を苦しめるクスリみたいだ
I cut you out entirely
完全に断ち切っても
But I get so high when I’m inside you
君の中に入れば、すごくハイになれる

 

Yeah you can start over, you can run free
そうだね、やり直せばいい、逃げ出せばいい
You can find other fish in the sea
海の中の魚<のようにすぐにパートナー>も見つかるさ
You can pretend it’s meant to be
そういう運命だと思い込めばいい
But you can’t stay away from me
だけど僕からは離れられない
I can still hear you making that sound
君の立てる音が、聴こえてくるよ
Taking me down, rolling on the ground
<に仕立て上げた誰か>を押し倒し、地面に転がり
You can pretend that it was me
君は僕にしているつもりになる
But no, oh
でも、違うよ

 

Baby I’m preying on you tonight
今夜、君は僕の獲物
Hunt you down eat you alive
君を捕まえて、食べてしまおう
Just like animals
獣みたいに
Animals
獣みたい
Like animals-mals
まるで、獣みたいにね

Maybe you think that you can hide
隠れられるって思ってるみたいだね
I can smell your scent for miles
何マイル離れていようと、君の匂いならわかるよ
Just like animals
獣みたいに
Animals
獣みたい
Like animals-mals
まるで、獣みたいにね
Baby I’m…

 

So if I run, it’s not enough
走ったって、まるでダメだ
You’re still in my head, forever stuck
君の事が頭に居座って、ずっと離れない
So you can do what you wanna do, yeah
だから、君のしたいようにすればいい

I love your lies, I’ll eat ‘em up
君の嘘だって好きさ、飲み込んであげるよ
But don’t deny the animal
That comes alive when I’m inside you
だけど、僕が君の中にいる時に目覚める獣を、
拒まないでね

 

Yeah, you can start over, you can run free
そうだね、やり直せばいい、逃げ出せばいい
You can find other fish in the sea
別のパートナーも見つかるさ
You can pretend it’s meant to be
そういう運命だと思い込めばいい
But you can’t stay away from me
だけど僕からは離れられない
I can still hear you making that sound
君の立てる音が、聴こえてくるよ
Taking me down, rolling on the ground
僕に仕立てた誰かを押し倒し、地面に転がり
You can pretend that it was me
君は僕にしているつもりになる
But no, oh
でも、違うよ

 

Baby, I’m preying on you tonight
今夜、君は僕の獲物
Hunt you down eat you alive
君を捕まえて、食べてしまおう
Just like animals
獣みたいに
Animals
獣みたい
Like animals-mals
まるで、獣みたいにね

Maybe you think that you can hide
隠れられるって思ってるみたいだね
I can smell your scent for miles
何マイル離れていようと、君の匂いならわかるよ
Just like animals
獣みたいに
Animals
獣みたい
Like animals-mals
まるで、獣みたいにね
Baby I’m…

 

Don’t tell no lie, lie lie lie
嘘だなんて言わないで
You can’t deny, ny ny ny
否定できないはずさ
The beast inside, side side side
内に秘めた野獣を
Yeah yeah yeah
そうさ
No girl don’t lie, lie lie lie (No girl don’t lie)
ねえ、嘘はダメさ
You can’t deny, ny ny ny (You can’t deny)
否定できないだろ
The beast inside, side side side
内に秘めた野獣を
Yeah yeah yeah

 

Just like animals
獣みたいに
Animals
Like animals-mals
まるで獣さ
Just like animals (Yeah)
獣みたいに
Animals (Yeah)
Like animals-mals (Yeah)
まるで獣さ
Ow

 

Baby I’m preying on you tonight
今夜、君は僕の獲物
Hunt you down eat you alive
君を捕まえて、食べてしまおう
Just like animals
獣みたいに
Animals
獣みたい
Like animals-mals
まるで、獣みたいにね

Maybe you think that you can hide
隠れられるって思ってるみたいだね
I can smell your scent for miles
何マイル離れていようと、君の匂いならわかるよ
Just like animals
獣みたいに
Animals
獣みたい
Like animals-mals
まるで、獣みたいにね
Baby I’m…

 

Don’t tell no lie, lie lie lie
嘘だなんて言わないで
You can’t deny, ny ny ny
否定できないはずさ
The beast inside, side side side
内に秘めた野獣を
Yeah yeah yeah
そうさ
No girl don’t lie, lie lie lie (No girl don’t lie)
ねえ、嘘はダメさ
You can’t deny, ny ny ny (You can’t deny)
否定できないだろ
The beast inside, side side side
内に秘めた野獣を
Yeah yeah yeah

Written by Adam Levine / Johan Schuster / Levin Benjamin
Animals Lyrics © Kobalt Music Publishing Ltd., Universal Music Publishing Group, Downtown Music Publishing

 

言葉の意味・解説

preying 餌食、獲物

get along 上手くやっていく、なんとかする

start over やり直す

meant to be ~する運命にある

 

雑記

歌詞のおおまかな内容は「動物のような肉体関係」を表現したものと思われます。

しかし、好き嫌いや恋愛感情を超越したような「本能」が表現されている為か、単純なストーリーにはなりません。「君と僕は敵同士」「君は僕を苦しめるクスリ」「逃げ出せばいい」「他の奴を僕だと思い込めばいい」「君の事が頭から離れない、君の嘘が好き」等など、結局何が言いたいんだ?と思ってしまう部分もあります。