スポンサーリンク

<歌詞和訳>Hair – Lady Gaga 曲の解説と意味も

2020-02-05Lady Gaga 歌詞和訳[生き方] 信念/自分らしさ

Lady Gaga – Hair
レディー・ガガ – ヘアー

 

レディー・ガガの2ndアルバム「Born This Way」(2011年) に収録されている曲です。

アルバムのプロモーション用シングルとして、2011年5月にデジタル配信されました。

 

歌詞の意味と解釈

自分のヘアスタイルをめぐって「ありのままに、自分らしく生きる事」が描かれている曲です。

同じようなテーマの『Born This Way』が大人だとしたら、こちらの世界観はティーンエイジャーです。

曲調も歌詞も、日本でかなり受け入れられそうな内容だと思います。

 

歌詞と和訳

Written by Lady Gaga & RedOne

Ooh, ooh, ooh, ooh, ooh, ooh, ooh, ooh, woah
Ooh, ooh, ooh, ooh, ooh, ooh, ooh, ooh, woah

 

Whenever I’m dressed cool, my parents put up a fight
(Uh-huh, uh-huh)
And if I’m a hot shot, mom will cut my hair at night
(Uh-huh, uh-huh)
And in the morning, I’m short of my identity
(Uh-huh, uh-huh)
I scream, “Mom and Dad, why can’t I be who I wanna be?”
(Uh-huh, uh-huh)
To be

クールにキメると、親に叱られる
ホットにハジけると、ママが夜に髪を切っちゃうの
翌朝、私の ”らしさ” が欠けている
思わず叫ぶの「ママ、パパ、なりたい自分になっちゃダメなの?」
なりたい自分に

 

I just wanna be myself, and I want you to love me for who I am
I just wanna be myself, and I want you to know
I am my hair

私は私らしくいたいだけ、私らしい私を愛してよ
私は私らしくいたいだけ、わかって欲しい
私はこの髪なの

 

I’ve had enough, this is my prayer
That I’ll die living just as free as my hair
(×2)

I’ve had enough, I’m not a freak
I just keep fighting to stay cool on these streets
I’ve had enough, enough, enough
And this is my prayer, I swear

I’m as free as my hair
I’m as free as my hair
I am my hair
I am my hair

もうウンザリ、私の願いは
この髪のように自由に人生を生きたい

もうウンザリ、私は変人じゃない
私は街でカッコよくいたいだけ
もうウンザリ、ウンザリ、ウンザリ
これが私の願い、誓うわ

私はこの髪のように自由
私はこの髪のように自由
私はこの髪
私はこの髪なの

 

Free as my hair, hair, hair, hair, hair, hair, hair
Hair, hair, hair, hair
Hair, hair, hair, hair, hair, hair
(×2)
Hair, hair, hair, hair

私はこの髪のように、髪のように、髪のように、自由

 

Sometimes I want some raccoon or red highlights
(Uh-huh, uh-huh)
Just because I want my friends to think I’m dynamite
(Uh-huh, uh-huh)
And on Friday, Rock City High School dance
(Uh-huh, uh-huh)
I’ve got my bangs to hide that I don’t stand a chance
(Uh-huh, uh-huh)
A chance (no)

たまに派手なアイシャドウをしたり、赤いメッシュを入れてみたい
だって友達から「ダイナマイトみたいな娘」って言われたいの
金曜の夜、ロックシティのハイスクール・ダンス
自分の弱気は、切り揃えた前髪で隠すの
チャンスなんだから

 

raccoon アライグマ。目のまわりを黒くしたメイクをガガ流に表現したものと思われます。
 派手なアイシャドウと赤いメッシュというと、こちらの人を思い浮かべてしまいます…

bangs 前髪
stand a chance 見込みがある、運に任せる

 

I just wanna be myself, and I want you to love me for who I am
I just wanna be myself, and I want you to know
I am my hair

私は私らしくいたいだけ、私らしい私を愛してよ
私は私らしくいたいだけ、わかって欲しい
私はこの髪なの

 

I’ve had enough, this is my prayer
That I’ll die living just as free as my hair
(×2)
I’ve had enough, I’m not a freak
I just keep fighting to stay cool on these streets
I’ve had enough, enough, enough
And this is my prayer, I swear

I’m as free as my hair
I’m as free as my hair
I am my hair
I am my hair

もうウンザリ、私の願いは
この髪のように自由に人生を生きたい

もうウンザリ、私は変人じゃない
私は街でカッコよくいたいだけ
もうウンザリ、ウンザリ、ウンザリ
これが私の願い、誓うわ

私はこの髪のように自由
私はこの髪のように自由
私はこの髪
私はこの髪なの

 

Free as my hair, hair, hair, hair, hair, hair, hair
Hair, hair, hair, hair
Hair, hair, hair, hair, hair, hair
(×2)
Hair, hair, hair, hair

私はこの髪のように、髪のように、髪のように、自由

 

I just want to be free, I just want to be me
And I want lots of friends that invite me to their parties
Don’t wanna change, and I don’t wanna be ashamed
I’m the spirit of my hair
It’s all the glory that I bare

I’m my hair, I am my hair
I’m my hair, I am my hair
I am my hair, I am my hair
I am my hair (Glory that I bare)
I’m my hair, I am my hair
It’s all the glory that I bare
I’m my hair, I am my hair
I’m my hair, yeah (All the glory that I bare)
I’m my hair, yeah (All the glory that I bare)
I’m my hair, yeah (All the glory that I bare)
I’m my hair, yeah

自由にしたい、自由にしてたいだけなの
パーティーに呼んでくれる友達がたくさん欲しい
チャンスを逃したくない、恥ずかしがってなんかいられない
私は髪の精
すべてをさらけ出す事が私の輝き

私はこの髪なの、この髪型でいたいの

 

sprit 精神、心、精霊
bare 覆いが無い、裸の、露出した、あからさまな

 

I’ve had enough, this is my prayer
That I’ll die living just as free as my hair
(×2)
I’ve had enough, I’m not a freak
I just keep fighting to stay cool on these streets
I’ve had enough, enough, enough
And this is my prayer, I swear

I’m as free as my hair
I’m as free as my hair
I am my hair
I am my hair

Ooh, my hair, my hair

もうウンザリ、私の願いは
この髪のように自由に人生を生きたい

もうウンザリ、私は変人じゃない
私は街でカッコよくいたいだけ
もうウンザリ、ウンザリ、ウンザリ
これが私の願い、誓うわ

私はこの髪のように自由
私はこの髪のように自由
私はこの髪
私はこの髪なの

あぁ、私の髪、この髪

 

 

ガガのママは?

Born This Way』のママは、主人公である私に「誰もがスーパースター」だと勇気付けてくれましたが、この曲では反対に、娘の個性を抑えつけようとしています。

箱入り娘として育てられ、カトリック系のお嬢様学校に通っていたガガとしては、『Hair』のママの方が現実に近いかもしれません。

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Born This Way(2011年)

 

表題曲を始め、メッセージ性と歌の重みが格段に増した2ndアルバム。