スポンサーリンク

The Beatles – You Never Give Me Your Money 歌詞の意味と和訳

The Beatles – You Never Give Me Your Money
ザ・ビートルズ – ユー・ネヴァー・ギヴ・ミー・ユア・マネー

 

 

The Beatlesの12作目のアルバム「Abbey Road」(1969年) の9曲目に収録されている曲です。

アルバム「アビー・ロード」の後半に登場するメドレーの、最初の曲です。

 

 

 

歌詞の意味と解釈

タイトル「君は僕にお金を渡さない」とは、「ビートルズに関する様々な金銭トラブル」を表現したものだと言われています。

作曲者のポールは、マネージャーだったブライアン・エプスタインの死後、金銭面も担当するようになっていました。

 

しかし、歌詞に表現された世知辛さや閉塞感、その後の開き直るような展開は、多くの人が共感できると思われます。

 

掘り下げた考察は、和訳の後に載せています。

 

歌詞と和訳

Written by Paul McCartney

You never give me your money
You only give me your funny paper
And in the middle of negotiations
You break down

君は僕にカネを渡さない
ヘンな紙キレを渡すだけ
そして交渉の最中に
泣き崩れてしまう

 

negotiation ネゴシエーション、交渉
break down 破壊する、壊れる、泣き崩れる、衰える

 

I never give you my number
I only give you my situation
And in the middle of investigation
I break down

僕は君に連絡先を明かさない
僕の苦境を伝えるだけ
色々調べていくと
僕も泣き崩れてしまう

 

situation 位置、立場、状況、事態
investigation 調査、取り調べ

 

Out of college, money spent
See no future, pay no rent
All the money’s gone, nowhere to go

大学をやめ、カネは使い果たし
お先真っ暗、家賃も払えない
カネはもう無い、行く当てもない

 

Any jobber got the sack
Monday morning, turning back
Yellow lorry slow, nowhere to go

But oh, that magic feeling, nowhere to go
Oh, that magic feeling, nowhere to go
Nowhere to go

労働者はクビになる
月曜の朝はやってくる
黄色いトラックはゆっくりと、行く当てもなく

だけどあの魔法のような感覚は、どこにも行かない
あぁ、あの魔法のような感覚は、どこにも行かない
どこにも行かない

 

jobber 仲買人、日雇い労働者
sack 袋、解雇、略奪
lorry トラック、トロッコ

 

One sweet dream
Pick up the bags and get in the limousine

Soon we’ll be away from here
Step on the gas and wipe that tear away

One sweet dream came true today
Came true today
Came true today
Yes, it did

素敵な夢が1つ
バッグを持って、リムジンに乗り込む

もうすぐこことはおさらばさ
アクセルを踏み、涙を拭う

素敵な夢が1つ、今日叶った
今日叶った
今日叶った
そうさ

 

1, 2, 3, 4, 5, 6, 7
All good children go to Heaven
1, 2, 3, 4, 5, 6, 7
All good children go to Heaven

1,2,3,4,5,6,7
良い子はみんな天国にいける
1,2,3,4,5,6,7
良い子はみんな天国にいける

 

 

One Sweet Dream?

ビートルズが手に入した名声と富が大きいだけに、金銭面の重要性も大きく、デビュー以来のマネージャーであるブライアン・エプスタインの死後、メンバーをまとめる立場にあったポールの負担は相当なものだったと思われます。

また、高い理想を掲げて立ち上げた多角的企業アップル・コア(アップルレコードはこの会社の一部門)も、メンバーに経営やカネの難しさを痛感させたでしょう。

 

カネについてのいざこざが書かれた曲の前半に対し、後半は開き直ったかのような解放的な内容になっています。

うがった見方をすると、歌詞に出てくる「One Sweet Dream」とは、課題が山積みのビートルズやアップルとおさらばして、リンダ夫人と再出発する(または現実逃避のバカンスに出かける)ポールの夢、と捉える事もできます。