スポンサーリンク

<歌詞和訳>The End – The Beatles 曲の解説と意味も

[Abbey Road],Beatles 歌詞和訳

The Beatles – The End
ザ・ビートルズ – ジ・エンド

 

ザ・ビートルズの11thアルバム「Abbey Road」(1969年) に収録されている曲です。

ポール・マッカートニーの作品で、タイトル通りアルバムのメドレーを締めくくる曲となっています。

メンバーそれぞれのソロ演奏が収録されている曲です。
貴重なリンゴ・スターのドラムソロと、残り3人のギターソロの応酬(ポール→ジョージ→ジョンの順番を3回繰り返し。一番ひずんだ音を出しているのがジョンです)が聴けます。

 

メドレー一覧:『You Never Give Me Your Money』『Sun King』『Mean Mr.Mustard』『Polythene Pam』『She Came In Through The Bathroom Window』『Golden Slumbers』『Carry That Weight』『The End

 

 

歌詞の意味と解釈

アルバム「アビー・ロード」はビートルズが最後に録音したアルバムであり(次のアルバム「レット・イット・ビー」の方が録音は先です)、この曲は単にメドレーの締めくくりというだけでなく、ビートルズの活動を締めくくる曲といえます。
(この曲の後に、オマケ的な『Her Majesty』が収録されていますが…)

 

最後に歌われる歌詞は、いかにもビートルズらしい"愛"をテーマにしたメッセージです。

 

歌詞と和訳

Written by Lennon-McCartney & Paul McCartney

Oh yeah, alright
Are you going to be in my dreams
Tonight?

オーイエー、オーライ
君は僕の夢に出てくるの? 今夜

 

Love you, love you
(×12)
Love

ラブ・ユー

 

 

And in the end
The love you take
Is equal to the love you make

結局のところ
君が手にする愛は
君が作り出す愛の量と一緒なんだ

 


ビートルズ クロッシング アビーロード Tシャツ

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Abbey Road(1969年)

 

通算11枚目のアルバムで、アルバムタイトルはレコーディングスタジオがある通りの名前からとられました(後に、スタジオの名称も正式に「アビー・ロード・スタジオ」となりました)。