スポンサーリンク

<歌詞和訳>Here, There and Everywhere – The Beatles 曲の解説と意味も

2019-12-30[Revolver], Beatles 歌詞和訳[恋愛] 不朽のラヴソング

The Beatles – Here, There and Everywhere
ザ・ビートルズ – ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア

 

ザ・ビートルズの7作目のスタジオアルバム「Revolver」(1966年) に収録されている曲です。

シングルにはなっていませんが、作者のポール・マッカートニー自身が「最高傑作の一つ」と言っており、ジョンやプロデューサーのジョージ・マーティンもこの曲を称賛しています。

 

歌詞の意味と解釈

歌詞の内容は、タイトルどおり「愛する人を “ここでも、そこでも、どこでも” 必要とする」というもので、ポールが生んだ究極のラヴ・バラードの1つと言えます。

また、観念的で奥深い歌詞は、この頃から現れ始める東洋思想の影響も感じさせます。

 

歌詞と和訳

Written by John Lennon / Paul McCartney

To lead a better life I need my love to be here

より良い人生を送るには、愛するあなたがここに必要なんだ

 

Here, making each day of the year
Changing my life with the wave of her hand
Nobody can deny that there’s something there

ここで、一日一日を作り上げていく
彼女の仕草が、僕の人生を変えていく
誰も否定できない、”何か” がそこにある

 

There, running my hands through her hair
Both of us thinking how good it can be
Someone is speaking but she doesn’t know he’s there

そこで、僕は彼女の髪をそっと撫でながら
二人で、愛がどれほど素晴らしいか思いを巡らせる
誰かが彼女に話かけても、彼女は気づきもしない

 

I want her everywhere and if she’s beside me
I know I need never care
But to love her is to need her everywhere

Knowing that love is to share
Each one believing that love never dies
Watching her eyes and hoping I’m always there
(×2)

どこにいても、彼女にいて欲しい、彼女がそばにいれば
僕の心は何物にもとらわれない
だけど彼女を愛する事は、どこでも彼女を必要する事

愛は分かち合うものだと知り
愛は不滅だと、互いに信じ合い
彼女の瞳を見つめながら、いつもそこに映っていたいと願っている

 

I will be there and everywhere
Here, there and everywhere

僕がそこにいても、どこにいても
ここでも、そこでも、どこにいても

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Revolver(1966年)

 

アート性を一段と高めた7作目のオリジナルアルバムです。