スポンサーリンク

<歌詞和訳>For No One – The Beatles 曲の解説と意味も

[Revolver], Beatles 歌詞和訳[恋愛] 別れ/後悔, [恋愛] 失恋/報われない恋, [表現] 詩的/文学的

The Beatles – For No One
ザ・ビートルズ – フォー・ノー・ワン

 

ザ・ビートルズの7作目のスタジオアルバム「Revolver」(1966年) に収録されている曲です。

ポール・マッカートニーの作品で、ジョン・レノンは「お気に入りの1つ」と評しています。

曲中のフレンチ・ホルンは、ロンドンで一番のホルン奏者を呼んで、録音したものだそうです。

 

歌詞の意味と解釈

タイトル「ノー・フォー・ワン」は、歌詞にある「Cried for no one」((彼女が) 誰のためでもなく泣いた) というフレーズからとられています。

歌詞には、いつまでも彼女を忘れられない彼と、さばさばと自分の生活を進める彼女の対比が描かれています。

シンプルな歌詞ですが、「彼女が”誰の為でもなく”流した涙」とは一体何だったのか、深い余韻を残します。

 

歌詞と和訳

Written by Lennon-McCartney

Your day breaks, your mind aches
You find that all her words of kindness linger on
When she no longer needs you

She wakes up, she makes up
She takes her time and doesn’t feel she has to hurry
She no longer needs you

夜が明けても、心が痛む
彼女の優しい言葉が、まだ耳に残っている
彼女はもう、君を必要としていないのに

彼女が目を覚ます、化粧をする
時間をかけて、少しも慌てず
彼女はもう、君を必要としていない

 

day berak 夜明け
linger on ぐずぐずする、居残る
take one’s time ゆっくりと、時間をかけて

 

And in her eyes, you see nothing
No sign of love behind her tears
Cried for no one
A love that should have lasted years

彼女の目を見ても、何も見つからない
誰のためでもなく流した涙の裏には
愛の痕跡すらない。
何年も続くはずの、愛だったのに

 

last 最後の、終わり、続く、持ちこたえる

 

You want her, you need her
And yet you don’t believe her when she says her love is dead
You think she needs you

彼女が欲しくて、彼女が必要で
もう愛していないと彼女が言っても、君は信じない。
彼女がまだ君を必要としていると思っている

 

And in her eyes you see nothing
No sign of love behind her tears
Cried for no one
A love that should have lasted years

彼女の目を見ても、何も見つからない
誰のためでもなく流した涙の裏には
愛の痕跡すらない。
何年も続くはずの、愛だったのに

 

You stay home, she goes out
She says that long ago she knew someone
But now he’s gone, she doesn’t need him

Your day breaks, your mind aches
There will be times when all the things she said will fill your head
You won’t forget her

君は家に残る、彼女は出ていく。
彼女は言う。昔、誰かがいたけれど
彼はもういない、だから私は彼を必要としていないのだと。

夜が明けても、心が痛む
彼女が言った言葉が、君の頭を一杯にする時もあるだろう
君は彼女を忘れない

 

And in her eyes you see nothing
No sign of love behind her tears
Cried for no one
A love that should have lasted years

彼女の目を見ても、何も見つからない
誰のためでもなく流した涙の裏には
愛の痕跡すらない。
何年も続くはずの、愛だったのに

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Revolver(1966年)

 

アート性を一段と高めた7作目のオリジナルアルバムです。