スポンサーリンク

The Beatles – Across The Universe 歌詞の意味と和訳

2017-12-26

The Beatles – Across The Universe
ザ・ビートルズ – アクロス・ザ・ユニヴァース

 

The Beatlesの13枚目となるラストアルバム「Let It Be」(1970年) の3曲目に収録された楽曲です。

ジョン・レノンの世界観が強く現れた文学的な歌詞が印象的です。

 

 

 

歌詞の意味と解釈

タイトルの「アクロス・ザ・ユニバース」は”宇宙を越えて”とも”宇宙の彼方”とも”宇宙の至る所で”とも訳せます。

何ものにも変えられない」という究極の内面世界は、いかにもジョンの世界観が感じられます。

文法や意味にこだわり過ぎず、詩としてはまる事を意識して訳しました。

 

 

歌詞と和訳

Words are flowing out like endless rain into a paper cup
They slither wildly as they slip away across the universe

Pools of sorrow waves of joy are drifting through my opened mind
Possessing and caressing me

Jai guru deva om
Nothing’s gonna change my world (×4)

言葉は降り止まない雨のように紙コップに溢れ
激しい流れとなって、宇宙の彼方へ消えていく。

悲しみの溜まりと喜びの揺らぎは僕の心を漂いながら
僕を包み、撫でていく。

ジャイ・グル・デヴァ・オム
何ものも僕の世界は変えられない

 

Images of broken light which dance before me like a million eyes
They call me on and on across the universe

Thoughts meander like a restless wind
Inside a letter box they
Tumble blindly as they make their way
Across the universe

Jai guru deva om
Nothing’s gonna change my world (×4)

屈折した光の残像が無数の瞳みたいに僕の目の前で踊り出し
宇宙の至る所から僕に呼びかける。
思考は郵便箱の中のつむじ風みたいに交錯し
闇雲に転げまわりながら

宇宙の至る所へ進んでいく

ジャイ・グル・デヴァ・オム
何ものも僕の世界は変えられない

 

Sounds of laughter shades of life are ringing
Through my open ears inciting and inviting me

Limitless undying love which shines around me like a million suns
It calls me on and on, across the universe

Jai guru deva om
Nothing’s gonna change my world (×4)

笑い声と生活の影が僕の耳で鳴り響き
僕の心をかき立て、僕を招き入れる。

際限の無い不滅の愛は無数の太陽のように
僕を囲んで輝き
宇宙の至る所から僕に呼びかける

ジャイ・グル・デヴァ・オム
何ものも僕の世界は変えられない

 

Jai guru deva
Jai guru deva
Jai guru deva
Jai guru deva
Jai guru deva
Jai guru deva…

 

 

Written by John Lennon / Paul Mccartney
Across The Universe Lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC

 

 


限定人気!【Beatles/ビートルズ】マグカップ/Revolver/リボルバーマグカップ/mugcup-11 [並行輸入品]

 

 

言葉の解説

Jai guru deva om マントラで「我らが導師、神に勝利あれ」(神に感謝を)という意味があるそうです。

 ジョンの作品『I am the walras』の「goo g’joob」と同様、特に意味のない言葉と解釈して、意味は訳しませんでした。

 


ビートルズ レゴ アイデア イエローサブマリン 21306 LEGO Ideas ブロック Beatles コレクション 新品 誕生日 プレゼント 正規品