スポンサーリンク

<和訳>Arcade Fire – Rebellion (Lies)

2018-09-21

Arcade Fireのファーストアルバム「Funeral」(2004年) の9曲目に収録された曲です。
同アルバムからの4枚目のシングルとして、2005年9月にもリリースされました。

 

Arcade Fire – Rebellion (Lies)
アーケイド・ファイア – リベリオン(ライズ)

 

Sleeping is giving in,
眠る事は屈する事、
No matter what the time is
たとえ何時だとしても
Sleeping is giving in,
眠る事は屈する事、
So lift those heavy eyelids
だから重たい瞼を持ち上げな
People say that you’ll die faster than without water
脱水症状よりも<睡眠不足の方が>人を死に致らしめる、って人々は言うけど
But we know it’s just a lie,
そんなの嘘だって僕らは知ってる
Scare your son and scare your daughter
<そうやって>男の子を脅かして、女の子を脅かして

 

People say that your dreams are the only things that save you
夢だけが人を救ってくれる、と人々は言う
Come on baby in our dreams,
夢の中でおいでよ
We can live our misbehavior
僕らはだらしなく生きられる

Every time you close your eyes (lies, lies!)(×4)
目を閉じればいつだって<夢の中にいける> <でも夢の中は>(嘘だ、嘘だ!)
Every time you close your eyes (×4)
目を閉じれば、いつだって

 

People try and hide the night underneath the covers
人は夜を覆い隠そうとする
People try and hide the lies underneath the covers
人は嘘も覆い隠そうとする
Come on hide your lovers
Underneath the covers
さぁ、君の恋人を
覆い隠しなよ
(×2)
Hiding from your brothers underneath the covers,
覆いの下で、君は兄弟から身を隠している
Come on hide your lovers underneath the covers
さぁ、君の恋人を覆い隠しなよ

 

People say that you’ll die faster than without water,
脱水症状よりも人を死に致らしめる、って人々は言うけど
But we know it’s just a lie,
そんなの嘘だって僕らは知ってる
Scare your son, scare your daughter(×3)
男の子を脅かして、女の子を脅かして

Now here’s the sun, it’s alright!(Lies! Lies!)
太陽が出てきた、大丈夫さ!(嘘だ、嘘だ!)
Now here’s the moon, it’s alright!(Lies! Lies!)
月が出てきた、大丈夫さ!(嘘だ、嘘だ!)
(×2)
But every time you close your eyes(Lies! Lies!)
だけど、目を閉じればいつだって(嘘だ、嘘だ!)
Every time you close your eyes (lies, lies!)(×3)
目を閉じれば、いつだって(嘘だ、嘘だ!)
Every time you close your eyes (×3)
目を閉じれば、いつだって

 

Written by Howard Bilerman / Regine Chassagne / Richard R Parry / Tim Kingsbury / Win Butler
Rebellion Lyrics © Sony/ATV Music Publishing LLC

 

言葉の意味・解説

rebellion 反乱、抵抗

misbehavior 無作法、非行、不正行為

 

雑記

親や現代社会の決まり事に対して、子供のような「反抗」(rebellion)をするというテーマは、アルバム「funeral」の曲に多くみられます。

大人はあの手この手で子供を眠らせようとします。そして、都合の悪い事を覆い隠そうとします。そんな大人に対して「嘘だ!」と声高に叫び、自分達なりの真実を発見しよう、というのがこの曲の内容だと、私には思えました。