スポンサーリンク

<和訳>Vampire Weekend – Cousins

2018-03-06

Vampire Weekendのセカンドアルバム「Contra」(2010年) の7曲目に収録された曲です。
同アルバムからの1枚目のシングルとしても2009年11月にリリースされました。

 

 

Vampire Weekend – Cousins
ヴァンパイア・ウィークエンド – カズンズ

You found a sweater on the ocean floor
君は海の底でセーターを見つけた
They’re gonna find it if you didn’t close the door
ドアを閉めてなかったら、奴らがそれを見つけてしまう

You and the smart ones sit outside of the sight
君と利口な奴らは、見つからないように
In a house on a street they wouldn’t park on the night
夜でも奴らが駐車しない通り沿いの家にいる

Dad was a risk-taker
パパは危険を冒す人だった

His was a shoe maker
彼は靴職人だった

You greatest hits 2006 little list-maker
君は2006年のグレイテストヒッツのちっちゃなリストを作る人

Heard codes in the melodies
メロディの中のコードを聞いて

You heeded the call
君は使命を感じ取った
You were born with ten fingers and you’re gonna use them all
君は10本の指(フィンガー)を持って生まれ、それをすべて使うのさ

Interesting colors I discovered myself
自分の中に見つけた興味深い色彩

If your art life is gritty, you’ll be toasting my health
もし君のアート・ライフに気骨があるんなら、僕の健闘を祝してくれるだろう

If an interest in culture should be lining the walls
もし、カルチャーに関心があるのなら、<好奇心を隔てる?>壁を覆うべきさ
When your birth right is interest you could just accrue it all
君が生まれながらにして、全部手にする事だってできる

Me and my cousins and you and your cousins
僕と僕のいとこ達と、君と君のいとこ達

It’s a line that’s always running
いつも列になって走ってる

Me and my cousins and you and your cousins
僕と僕のいとこ達と、君と君のいとこ達

I can feel it coming
やって来るのがわかるんだ

You can turn your back on the bitter world(×4)
君は辛い世界から背を向ける事だってできる

Me and my cousins and you and your cousins
僕と僕のいとこ達と、君と君のいとこ達
It’s a line that’s always running
いつも列になって走ってる
Me and my cousins and you and your cousins
僕と僕のいとこ達と、君と君のいとこ達
I can feel it coming
やって来るのがわかるんだ
(×2)

Writer(s): Christopher Joseph Baio, Christopher William Tomson, Rostam Batmanglij, Ezra Koenig

 

 


VAMPIRE WEEKEND ヴァンパイアウィークエンド Masthead Tシャツ

 

 


Vampire Weekend / Modern Vampires of the City Logo Tee (Black)

 

 

言葉の意味・解説

heed 注意する、傾聴する

gritty じゃりじゃりする、気骨のある

toast トースト、(パンなどを)焼く、乾杯する、破滅

・interest 利息、増える、興味、興味を持つ

accrue 生じる、つく

turn one’s back on 背を向ける、見放す

 

 


VAMPIRE WEEKEND ヴァンパイアウィークエンド Surf City Tシャツ

 

雑記

そのまま訳しても意味がよくわからない歌詞です。バンドとしての、音楽やアートへのポジティヴな向き合い方(色々なものを取り入れる?)を示している内容のようにもとれます。