スポンサーリンク

<歌詞和訳>Loser – Beck 曲の解説と意味も

2018-03-06Beck 歌詞和訳

Beck – Loser
ベック – ルーザー

 

アメリカのソロアーティスト ベックの、メジャーデビューアルバム「Mellow Gold」(1994年) に収録され、先行シングルとしてもリリースされた曲です。

ブルースとラップを組み合わせたユニークな曲で、ベックを一躍インディーロック界のスターに押し上げました。

 

歌詞の意味と解釈

俺は負け犬、殺しちまえよ」となぜかスペイン語を織り交ぜて、やる気のなさそうなトーンでラップする不思議な曲です。

しかし、このやる気のない感じが、当時のオルタナ/インディーロック界隈のリスナー(日本を含む) の空気とマッチしたのでしょう。

家族からの音楽的影響、親の離婚や高校(中学?)中退、ニューヨークで日雇い生活など、諸々の経験が、詞にも音楽にも影響しているようです。

歌詞の大部分は言葉遊びだと思われますが、言葉のチョイスが育ちの悪さ、もとい反骨精神を感じさせる下品なものが多いです。

 

歌詞と和訳

Written by Karl Stephenson & Beck

In the time of chimpanzees, I was a monkey
Butane in my veins and I’m out to cut the junkie
With the plastic eyeballs, spray-paint the vegetables
Dog food stalls with the beefcake pantyhose

皆がチンパンジーの頃 俺はまだ猿だった
ブタンを静脈に流し、俺はヤク中から抜け出すんだ
プラスチックの目玉をつけて、野菜にスプレーペイントを施す
頭の中身はドッグフード、パンスト履いたマッチョ男

 

butane ブタン。LPガスの主成分の一つ
dog food ドッグフード。「IT企業の自社製品試験」という意味や、「色の濃いヘ口イン」という意味もあるそうです。
beefcake ビーフケーキ。男性の肉体美、マッチョな男性のヌード
pantyhose パンスト

 

Kill the headlights and put it in neutral
Stock car flaming with the loser in the cruise control
Baby’s in Reno with the vitamin D
Got a couple of couches, sleep on the love-seat
Someone came in saying I’m insane to complain
About a shotgun wedding and a stain on my shirt

ヘッドライトを消して、ニュートラルに入れなよ
炎に包まれるストックカー(レース用の改造車) と、走行制御される負け犬
あの娘はビタミンDを持ってリーノーにいる
二人掛けソファを手に入れ、ラブシートにして眠る
できちゃった婚だのシャツのシミだのに文句言う俺の事を

狂ってるって言う奴がやって来た

 

stock car ストックカー。レース用に改造した一般車。または家畜運搬車。
cruise control 走行制御
Reno リーノー(アメリカ合衆国ネバダ州西部の都市)
shotgun wedding できちゃった婚

 

Don’t believe everything that you breathe
You get a parking violation and a maggot on your sleeve
So shave your face with some mace in the dark
Saving all your food stamps and burning down the trailer park
Yo, cut it

何も信じちゃいけないよ、アンタが息してる事もね
駐禁切符を切られ、袖にはウジがついてる
暗闇の中、メイス(こん棒)で髭を剃りなよ
食品配給券を貯めこんで、トレーラーパークを焼き尽くす
おぃ、よせよ

 

parking violation 駐車違反
food stamp (生活保護者向けの)食品配給券
trailer park トレーラー・パーク。トレーラーハウスを停めて生活できるようにした場所

 

Soy un perdedor
I’m a loser, baby, so why don’t you kill me?
(Double barrel buckshot)
Soy un perdedor
I’m a loser, baby, so why don’t you kill me?

【スペイン語】俺ハ負ケ犬
俺は負け犬さ、俺を殺しちまえよ

(二連式の散弾銃で)
俺ハ負ケ犬
俺は負け犬さ、殺しちまいなよ

 

Soy un perdedor スペイン語で “ I’m a loser “の意味

 

The forces of evil in a bozo nightmare
Ban all the music with the phony gas chamber
‘Cause one’s got a weasel and the other’s got a flag
One’s on the pole, shove the other in a bag
With the rerun shows and the cocaine nose-job
The daytime crap of the folksinger slob

野暮ったい悪夢の邪なフォースが
イカサマの毒ガス室にすべての音楽を封じ込めた
こっちがイタチ野郎を捕まえたら、あっちは旗を持ってる
ポールに登る奴や、袋に押し込められる奴
再放送番組に、コカインを使った鼻の美容整形
薄汚いフォークシンガーの昼間のクソ(ひどい演奏)

 

bozo 野暮な男
phony 偽の、いんちきの
gas chamber ガス室
weasel イタチ。ずるい人
slob のろま、薄汚い人

 

He hung himself with a guitar string
A slab of turkey-neck and it’s hanging from a pigeon wing
You can’t write if you can’t relate
Trade the cash for the beat for the body for the heat
And my time is a piece of wax falling on a termite
Who’s choking on the splinters

奴はギターの弦で首をくくる
陰茎の厚切りが、鳩の羽根にぶら下がる
関りがもてなけりゃ、詞だって書けない
熱のための体のためのビートのための現金取引
俺の時間がワックスの欠片となって
棘に喉を詰まらせたシロアリに降りかかる

 

slab スラブ、厚板、厚い切れ
turkey neck 陰茎、ペニス
termite シロアリ

 

Soy un perdedor
I’m a loser, baby, so why don’t you kill me?
(Get crazy with the cheese whiz)
Soy un perdedor
I’m a loser, baby, so why don’t you kill me?
(Drive-by body pierce)

(Yo, bring it on down)

俺ハ負ケ犬
俺は負け犬さ、殺しちまいなよ
(チーズウィズでアガッてこうぜ)

俺ハ負ケ犬
俺は負け犬さ、殺しちまいなよ
(走行しながらボディピアスさ)

(さぁ、やり切るぜ)

 

Cheese whiz (=Cheez Whiz?) チーズウィズ。チーズをベースにしたペースト状のディップ。パンやチップスなどに付けて食べます。もしかしたら、何かのスラングかもしれません。


Cheez Whiz Original Cheese Dip (8 oz Jar)

bring it on down やり切る

 

I’m a driver, I’m a winner
Things are gonna change, I can feel it

俺は運転手、俺は勝者
時代の変化を俺は感じる

 

Soy un perdedor
I’m a loser, baby, so why don’t you kill me?
(I can’t believe you)
Soy un perdedor
I’m a loser, baby, so why don’t you kill me?
Soy un perdedor
I’m a loser, baby, so why don’t you kill me?
(Sprechen Sie Deutsch, eh, baby?)

Soy un perdedor
I’m a loser, baby, so why don’t you kill me?
(Know what I’m sayin’?)

俺ハ負ケ犬
俺は負け犬さ、殺しちまいなよ
(あんたが信じられない)

俺ハ負ケ犬
俺は負け犬さ、殺しちまいなよ

俺ハ負ケ犬
俺は負け犬さ、殺しちまいなよ
【ドイツ語】(ドイツ語ハ話セマスカ?)

俺ハ負ケ犬
俺は負け犬さ、殺しちまいなよ
(俺の言ってる事、わかるかい?)

 

 


Beck – 1996 Mini Poster – 25x25cm

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Mellow Gold(1994年)

 

ベックの商業的成功のきっかけとなったメジャーデビューアルバム(1stアルバムと思われがちですが、インディーで2枚のアルバムをリリースしている為正確には3rdアルバム)。 ヘンテコなジャケットどおり、フォークを中心に置きながらも節操なく他のジャンルも詰め込んだヘンテコだけど癖になる作品。”ローファイ”という言葉が流行るきっかけともなりました。

 

 

”居場所無き貧乏な白人”だったベックの事が一番よくわかる書籍です