スポンサーリンク

Simon & Garfunkel – The Boxer 歌詞の意味と和訳

2020-03-14

Simon & Garfunkel – The Boxer
サイモン・アンド・ガーファンクル – ザ・ボクサー

 

アメリカのフォークデュオ サイモン&ガーファンクルが1969年3月にリリースしたシングル曲です。
ラストアルバムとなる5作目「Bridge Over Troubled Water」(邦題:明日に架ける橋) に収録されました。

この曲は、各パートを複数のスタジオや教会で録音し、録音にかかった時間は100時間以上と言われています。

 

歌詞は当初、ボブ・ディランについて(非難を込めて) 歌われたものだと噂されましたが、ポール・サイモンはそれを否定し、歌詞の大部分は自伝的な内容であると説明したそうです。
(ちなみにボブ・ディランは、後にこの曲をカバーしています)

 

歌詞の意味と解釈

歌詞は、タイトルどおり一人の「ボクサー」について書かれた物語です。

貧しい生まれの少年は、都会で苦労を重ね、ボクサーになります。

しかし、そこに栄光や名声はなく、ただそれを続けなければならない宿命(義務) だけが残ります。

この曲は、ボクサーだけでなく、”戦うように生きている人” すべてに当てはまる曲だと思います。

 

録音されなかったパート

アルバム「明日に架ける橋」やベストアルバムなどに入っている『Boxer』には、一部の歌詞が録音されていません。

それは、「Now the years are rolling by me」から始まる、4番に当たる歌詞です。

同時期のライヴなどでは歌われていることから、後から追加されたものではなく、最初から用意されていたものだと言われています。

添付のYoutubeのライヴ動画でも、その歌詞は歌われています。

下の和訳では、その部分も含めて和訳しています。

 

歌詞と和訳

Written by Paul Simon

I am just a poor boy, though my story’s seldom told
I have squandered my resistance for a pocketful of mumbles, such are promises
All lies and jest, still a man hears what he wants to hear
And disregards the rest, hmmmm

僕はただの哀れな少年、自分の事なんて滅多に話さない
精一杯の抵抗はポケットいっぱいのつぶやき、それがお約束。
嘘や冗談ばかりでも、人は聞きたい事しか聞こうとせず
他の事には耳を塞ぐのさ

 

squandered 浪費する、使い果たす
resistance 反抗、耐性、抵抗運動
mumble つぶやく、もぐもぐ言う
jest 冗談、笑い種
disregard 無視する、軽蔑する

 

When I left my home and my family, I was no more than a boy
In the company of strangers
In the quiet of the railway station, runnin’ scared, laying low
Seeking out the poorer quarters, where the ragged people go
Looking for the places only they would know

故郷も家族も捨てた時、僕はまだ子供だった
見知らぬ人々に混じり
駅の静寂の中で、びくびくしながら、身を潜めていた。
見すぼらしい人々が行くような、貧困街を捜し歩き
彼らだけが知る場所を、探していた

 

run scared びくびくする
lay low 身を低くする、大人しくする、倒す
seek out 捜し出す、追及する

quarter クォーター、4分の1、地区

 

Lie la lie, lie la lie la lie la lie
Lie la lie, lie la lie la lie la lie, la la lie la lie

ライ・ラ・ライ、ライ・ラ・ライ・ラ・ライ
ライ・ラ・ライ、ライ・ラ・ライ・ラ・ライ、ラ・ラ・ライ・ラ・ライ

 

※ポールによるとこの ”ライ” (嘘、横たわる) に意味はないそうです

 

Asking only workman’s wages, I come lookin’ for a job
But I get no offers
Just a come-on from the whores on 7th Avenue
I do declare, there were times when I was so lonesome
I took some comfort there, lalalalalalala

日雇いでお金を稼ごうと、職を探し求めたけれど
成果はなく
声をかけてくれるのは7番街の娼婦だけ。
正直に打ち明けると、本当に寂しい時は
そこが慰めになった事もあった

 

Now the years are rolling by me
They are rockin’ evenly
I am older than I once was
And younger than I’ll be; that’s not unusual
Nor is it strange
After changes upon changes
We are more or less the same
After changes we are more or less the same

今、月日は僕の周りを駆け巡り
平等に<時を>揺らしている
僕は年をとったけれど
かつての自分よりも若いんだ。それは珍しい事じゃないし、
おかしなことでもない。
変化を重ねても
それが多かろうが少なかろうが、僕たちは変わらない
変化が多かろうが少なかろうが、変わらないんだ

 

Lie la lie, lie la lie la lie la lie
Lie la lie, lie la lie la lie la lie, la la lie la lie

ライ・ラ・ライ、ライ・ラ・ライ・ラ・ライ
ライ・ラ・ライ、ライ・ラ・ライ・ラ・ライ、ラ・ラ・ライ・ラ・ライ

 

And I’m laying out my winter clothes and wishing I was gone
Goin’ home
Where the New York City winters aren’t bleedin’ me
Leadin’ me
Goin’ home

冬服を広げていると、
故郷に帰りたくなってくる。
ニューヨークの冬とは違う、僕から搾取しない場所へ。
僕を故郷へ
導いて

 

bleeding 出血する、金をしぼられる、苦しい、ひどい

 

In the clearing stands a boxer, and a fighter by his trade
And he carries the reminders
Of every glove that laid him down or cut him
‘Til he cried out in his anger and his shame
“I am leaving, I am leaving”, but the fighter still remains

平らな場所に立つボクサー、戦うことが彼の仕事
自分を打ちのめし、切り裂いたすべてのパンチの痕が
彼の記憶を呼び覚ます、
彼が怒りと屈辱の混じった叫び声をあげるまで。
「俺はやめる、もうやめるんだ」と。でも戦士はまだ戦っている

 

clearing 開拓地、清掃
ones’s trade 職業
reminder 思い出させるもの、合図

 

Lie la lie, lie la lie la lie la lie
Lie la lie, lie la lie la lie la lie, la la lie la lie
Lie la lie, lie la lie la lie la lie
Lie la lie, lie la lie la lie la lie, la la lie la lie
Lie la lie, lie la lie la lie la lie
Lie la lie, lie la lie la lie la lie, la la lie la lie
Lie la lie, lie la lie la lie la lie
Lie la lie, lie la lie la lie la lie, la la lie la lie
Lie la lie, lie la lie la lie la lie
Lie la lie, lie la lie la lie la lie, la la lie la lie
Lie la lie, lie la lie la lie la lie
Lie la lie, lie la lie la lie la lie, la la lie la lie
Lie la lie, lie la lie la lie la lie
Lie la lie, lie la lie la lie la lie, la la lie la lie
Lie la lie, lie la lie la lie la lie
Lie la lie, lie la lie la lie la lie, la la lie la lie
Lie la lie, lie la lie la lie la lie
Lie la lie, lie la lie la lie la lie, la la lie la lie
I love you

 

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Bridge Over Troubled Water(邦題:明日に架ける橋 1970年)

 

ラストアルバムとなる5thアルバム。グラミー賞では6部門を獲得し、現在までに2,500万枚以上売れている、モンスターアルバムです。

 

The Best Of Simon & Garfunkel(邦題:サイモン&ガーファンクルのすべて 1999年)

 

代表曲を網羅した、全20曲収録のベストアルバムです。