スポンサーリンク

Led Zeppelin – Stairway To Heaven(天国への階段) 歌詞の意味と和訳

2020-01-05

Led Zeppelin – Stairway To Heaven
レッド・ツェッペリン – ステアーウェイ・トゥ・ヘヴン(邦題:天国への階段)

 

 

イギリスのロックバンド Led Zeppelinの4thアルバム「Led Zeppelin IV」(1971年) の4曲目に収録されている曲です。

シングルとしてリリースはされていないものの、レッド・ツェッペリンを代表する ”ロックの名曲” と呼ばれています。

 

 

 

 

歌詞の意味と解釈

天国への階段』の歌詞は、長く、内容は抽象的です。

カネで天国への階段を買おうとする婦人” や ”我々を導こうとする笛吹” という、物語の核となりそうな登場人物が存在するものの、そこに確立したストーリーを見つけ出すのは難しいです。

 

大まかな内容としては、「物質的・金銭的な思想」と「観念的・精神的な思想」の対比や、ロックンロールにまつわる事柄(成功や観衆や高揚感)を詩的に表現したもの、と捉える事ができます。

しかし、この曲は意味を当てはめるよりも、散文詩として楽しむ方が適切だと感じました。

 

歌詞と和訳

Written by Robert Plant & Jimmy Page

There’s a lady who’s sure all that glitters is gold
And she’s buying a stairway to heaven

When she gets there she knows, if the stores are all closed
With a word she can get what she came for

輝くものはすべて黄金だと信じる婦人がいる
彼女は天国へ続く階段を買おうとしている

彼女はそこへたどり着けば、店がすべて閉まっていようとも
一言言えば、そいつが手に入ると思っている

 

glitter ピカピカ光る、きらめく
with a word 言下に

 

Ooh, ooh, and she’s buying a stairway to heaven
There’s a sign on the wall but she wants to be sure
‘Cause you know sometimes words have two meanings

In a tree by the brook, there’s a songbird who sings
Sometimes all of our thoughts are misgiven

彼女は天国へ続く階段を買おうとしている
壁には注意書きがある、でも彼女は確かめたがる
言葉は時として、2つの意味を持っているから

小川のそばの木の上で、鳥が歌っている
時として、俺達の考えは揺るがされる

 

brook 小川
songbird 鳴き鳥、歌姫
misgiven 不安を起こさせる、心配する

 

Ooh, makes me wonder
Ooh, makes me wonder

あぁ、俺にはわからないんだ
あぁ、俺にはわからないんだ

 

There’s a feeling I get when I look to the west
And my spirit is crying for leaving

In my thoughts I have seen rings of smoke through the trees
And the voices of those who stand looking

西の方を見つめると、不思議な感覚に襲われ
過去を想い、魂が涙を流す

想像の中で見た景色、木々の間に浮かぶ煙の輪と
それを見守る者達の声

 

Ooh, makes me wonder
Ooh, really makes me wonder

あぁ、俺にはわからないんだ
あぁ、本当にわからないんだ

 

And it’s whispered that soon if we all call the tune
Then the piper will lead us to reason

And a new day will dawn for those who stand long
And the forests will echo with laughter

やがて囁きが聞こえる、「俺達がその調べを奏でれば、
笛吹が俺達を正気に導いてくれるだろう」 と。

「そして長く耐えた者達には、新たな夜明けが訪れ
森には笑い声がこだまするだろう」と。

 

tune 曲、旋律、調和
piper 笛吹き
laughter 笑い、笑い声

 

If there’s a bustle in your hedgerow, don’t be alarmed now
It’s just a spring clean for the May queen

Yes, there are two paths you can go by, but in the long run
There’s still time to change the road you’re on

生垣の中からざわめきが聞こえても、驚かなくていい
それはメイ・クイーンを迎える為の掃除だから

そう、君の進む道は2つに分かれている、だけど長い目でみれば
君には進む道を変える時間も残されている

 

bustle せわしく動く、急き立てる、にぎわっている
hedgerow 生垣
May queen 5月の女王(メイデーで花の冠をかぶる少女)
spring clean (春の)大掃除をする
path 細道、歩道、進路
go by 通り過ぎる、過ぎ去る
in the long run 長い目で見れば、長期的には

 

And it makes me wonder
Ohhhh, woah

あぁ、俺にはわからないんだ

 

Your head is humming and it won’t go, in case you don’t know
The piper’s calling you to join him

Dear lady, can you hear the wind blow, and did you know
Your stairway lies on the whispering wind

頭の中で唸る音が、鳴りやまない。わからないかもしれないから言っておくと
それは笛吹が君を、仲間に誘っているんだ

親愛なる婦人よ、風が吹くのが聴こえるか
あなたが求める階段は、ささやく風に置かれているのさ

 

humming ハミング、鼻歌を歌う、ブンブンいう音
in case 万一に備えて、もし~なら

 

And as we wind on down the road
Our shadows taller than our soul
There walks a lady we all know
Who shines white light and wants to show

How everything still turns to gold
And if you listen very hard
The tune will come to you at last
When all are one and one is all
To be a rock and not to roll

And she’s buying a stairway to heaven

そして道を下っていくと
俺達の影は魂よりも高くそびえ
そこには皆が知っているあの婦人が歩き
白い光を放って、示そうとしている

すべてを黄金に変える方法を。
君がじっと耳を澄ませば
ついにあの調べを思い出すだろう
すべてが一つに、一つがすべてになる時
岩となり、転がりはせず

彼女は天国へ続く階段を買っている