スポンサーリンク

<歌詞和訳>Black Dog – Led Zeppelin 曲の解説と意味も

2020-01-04Led Zeppelin 歌詞和訳[恋愛] 失恋/報われない恋, [表現] 性的

Led Zeppelin – Black Dog
レッド・ツェッペリン – ブラック・ドッグ

 

イギリスのロックバンド レッド・ツェッペリンの4thアルバム「Led Zeppelin IV」(1971年) に収録されている曲です。

イギリス以外の国では、1971年12月にシングルとしてリリースされました(イギリスではシングルを出さないというバンドの方針があった為です)。

 

歌詞の意味と解釈

タイトルの「ブラックドッグ」には、”憂鬱” や “落胆” という意味がありますが、歌詞には直接関係ありません。

スタジオの周辺に黒い野良犬(ゴールデン・レトリバー) がいたため、タイトルとして付けられたそうです。

歌詞の内容は、前半は異性との性的な快楽を表現したもの、後半は女性に騙されて痛い目に遭って嘆くもの、と解釈しました。

 

歌詞と和訳

Written by Robert Plant, Jimmy Page & John Paul Jones

Hey, hey, mama, said the way you move
Gonna make you sweat, gonna make you groove
Ah, ah, child, way you shake that thing
Gonna make you burn, gonna make you sting
Hey, hey, baby, when you walk that way
Watch your honey drip, I can’t keep away

ヘイ、ヘイ、そこの彼女、その身体の動き
熱くなって、ウズウズしてるんだろ
アァ、アァ、お嬢ちゃん、そうやってアレを震わすと
燃えてきて、しびれるだろ
ヘイ、ヘイ、ベイビー、お前がそんな風に歩くと
甘い蜜が滴り落ちて、居ても立ってもいられないぜ

 

Oh yeah, oh yeah, oh, oh, oh
Oh yeah, oh yeah, oh, oh, oh

オゥ、イエー、オゥ、イエー、オゥ、オゥ、オゥ

 

I got to roll, can’t stand still
Got a flaming heart, can’t get my fill
Eyes that shine, burning red
Dreams of you all through my head
Ah-ah, ah-ah
Ah-ah, ah-ah
Ah-ah, ah-ah, ahh

始まったらもう、じっとしてられないぜ
ハートが燃え盛り、満足できない
輝く瞳は、燃えるような赤
お前のことで、頭が一杯だ

 

all through 通してずっと

 

Hey baby, oh baby, pretty baby
Tell me would you do me now
Hey baby, oh baby, pretty baby
Move me while you groove me now

ヘイ、ベイビー、オー、ベイビー、かわいいベイビー
教えてくれよ、さあ
ヘイ、ベイビー、オー、ベイビー、かわいいベイビー
お前のグルーヴ(溝) で俺を突き動かしてくれ、さあ

 

Take too long ‘fore I found out
What people mean by down and out
Spent my money, took my car
Started tellin’ her friend she’ gon’ be a star
I don’t know, but I’ve been told
A big-legged woman ain’t got no soul

ようやく俺にもわかったぜ
落ちぶれるってのが、どういう事か。
あの女は俺のカネを使い、俺の車に乗って
「私はいずれスターになる」とか、ダチに言い出したのさ。
いつだったか、こう教わったよ
エロい脚の女は情が薄い、ってな

 

down and out 落ちぶれ果てて、ノックダウンされて、どん底で
・big legged woman 直訳すると「足が大きな女」となりますが、ブルースの有名曲のタイトルでもあり、上記のように訳しました。

 

Oh yeah, oh yeah, oh, oh, oh
Oh yeah, oh yeah, oh, oh, oh

オゥ、イエー、オゥ、イエー、オゥ、オゥ、オゥ

 

All I ask for, all I pray
Steady rollin’ woman gonna come my way
Need a woman gonna hold my hand
Won’t tell me no lies, make me a happy man
Ah-ah, ah-ah
Ah-ah, ah-ah
Ah-ah, ah-ah, ahh

俺は願うんだ、俺は祈るんだ
ずっと付き添ってくれる女と、出会えないかって。
女が欲しいんだ、俺の手を握ってくれる女が
嘘なんかつかず、俺を幸せな気分にさせてくれる女が

 

steady しっかりした、安定した、不変

Hey baby, pretty baby, oh baby
Hey baby, pretty baby, oh baby
Hey baby, pretty baby, oh baby

ヘイ、ベイビー、かわいいベイビー、オー、ベイビー

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Led Zepelin IV(1971年)

 

レッド・ツェッペリンの中でも最も売れており(全世界で3,700万枚以上のセールス)、評価も高い4thアルバム。正式にはアルバムタイトルは無く、便宜的に「Led Zepelin IV」と呼ばれています。

2014年にジミー・ペイジ監修によるリマスターが施されて再発されました。デラックスエディションは未発表ミックスが付属した2枚組、スーパーデラックスエディション(右側) はLPが付属した6枚組です。

 

Mothership(邦題:マザーシップ~レッド・ツェッペリン・ベスト 2007年)

 

2枚組24曲、キャリアを通した代表曲がほぼ収録されています。リマスター版が2016年にリリースされました(リンク先はリマスター版です)。