スポンサーリンク

<歌詞和訳>People Are Strange (まぼろしの世界) – The Doors 曲の解説と意味も

2020-04-04Doors(The Doors) 歌詞和訳[生き方] 孤独/厭世, [表現] 詩的/文学的

The Doors – People Are Strange
ザ・ドアーズ – ピープル・アー・ストレンジ(邦題:まぼろしの世界)

 

カリスマ的なボーカリスト ジム・モリソンが在籍していたロックバンド ザ・ドアーズの2ndアルバム「Strange Days」(邦題:まぼろしの世界) に収録されている曲です。

1967年9月にシングルとしてリリースされました。

精神的に落ち込んでいたジム・モリソンが、ギタリストのロビー・クリーガーに夕日を見に散歩に誘われ、その時に生まれた曲だと言われています。

 

歌詞の意味と解釈

タイトルは「ピープル・アー・ストレンジ」(=人々が奇妙) ですが、それは「ストレンジャー」(=見知らぬ人・馴染んでいない人) の自分から見た人々の様子であり、歌詞で歌われているのは “自分の孤独” です。

「世の中がおかしく見えるのは、自分が世界に適合していないからだ」という真理が、詩的な表現で書かれています。

ただ、曲を聴いていると、自分の孤独を嘆いているよりも、孤独の中に “気楽さ” を感じているように感じられます。

 

歌詞と和訳

Written by Robby Krieger & Jim Morrison

People are strange when you’re a stranger
Faces look ugly when you’re alone
Women seem wicked when you’re unwanted
Streets are uneven when you’re down

自分が馴染んでいない時、人々が奇妙に思える
自分が孤立している時、人の顔が醜く見える
自分が求められない時、女が邪悪なものに見える
自分が落ち込んでいる時、通りは歪んでいる

 

uneven 平らでない、でこぼこした、不規則な

 

When you’re strange
Faces come out of the rain
When you’re strange
No one remembers your name
When you’re strange
When you’re strange
When you’re strange

自分が馴染んでいない時
顔を背けられる
自分が馴染んでいない時
誰も君の名を覚えようとしない
自分が馴染んでいない時
自分が馴染んでいない時
自分が馴染んでいない時

 

out of the rain 直訳すると「雨の外」ですが、「厄介ごとを避ける」「雨宿り」という意味があります。

 

People are strange when you’re a stranger
Faces look ugly when you’re alone
Women seem wicked when you’re unwanted
Streets are uneven when you’re down

自分が馴染んでいない時、人々が奇妙に思える
自分が孤立している時、人の顔が醜く見える
自分が求められない時、女が邪悪なものに見える
自分が落ち込んでいる時、通りは歪んでいる

 

When you’re strange
Faces come out of the rain
When you’re strange
No one remembers your name
When you’re strange
When you’re strange
When you’re strange
Alright, yeah

自分が馴染んでいない時
顔を背けられる
自分が馴染んでいない時
誰も君の名を覚えようとしない
自分が馴染んでいない時
自分が馴染んでいない時
自分が馴染んでいない時

 

When you’re strange
Faces come out of the rain
When you’re strange
No one remembers your name
When you’re strange
When you’re strange
When you’re strange

自分が馴染んでいない時
顔を背けられる
自分が馴染んでいない時
誰も君の名を覚えようとしない
自分が馴染んでいない時
自分が馴染んでいない時
自分が馴染んでいない時

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Strange Days(邦題:まぼろしの世界 1967年)

 

前作からわずか9か月後にリリースされた2ndアルバム。ジャケットのアート性や、アルバム全体の世界観等高く評価されており、ドアーズの最高傑作に挙げる人も多い作品です。
2017年に、50周年を記念した50thアニヴァーサリー・デラックス・エディションがリリースされました。

 

The Very Best Of Doors(2017年)

 

ドアーズのデビュー40周年を記念してリリースされたベストアルバム。代表曲がほぼ網羅された全20曲で、最初に手を出すのに最適です。