スポンサーリンク

<和訳>Radiohead – Weird Fishes/Arpeggi

2017-12-26

Radioheadの7作目のアルバム「In Rainbows」(2007年) の4曲目に収録された楽曲です。

 

 

Radiohead – Weird Fishes/Arpeggi
レディオヘッド – ウィアード・フィッシズ/アルペッジ

 

In the deepest ocean
The bottom of the sea
最も深い海の
底に潜って

Your eyes
They turn me
君の目が
僕を変える

Why should I stay here?
どうしてここにいなきゃいけないの?

Why should I stay?
どうしてここに?

I’d be crazy not to follow
ついていかなければ、僕は狂ってしまうよ
Follow where you lead
君が導く場所へついていかなければ
Your eyes
They turn me
君の目が、
僕を変える

Turn me on to phantoms(Way out)
僕を化け物に変えるんだ(出口は)

I follow to the edge of the earth(Way out)
僕は地球の果てだってついていく(出口は)

And fall off(Way out)
そして滑り落ちる(出口は)

Everybody leaves
If they get the chance
皆、チャンスさえあれば
去っていくだろう

And this is my chance
そして僕にチャンスがきた

I get eaten by the worms
And weird fishes
僕は虫ケラと奇妙な魚たちに
喰われたんだ
Picked over by the worms
And weird fishes
僕は虫ケラと奇妙な魚たちに
つつき回されたんだ

Weird fishes
奇妙な魚たちに
Weird fishes
奇妙な魚たちに

Yeah I
そうさ、僕は
I’ll hit the bottom
底にたどり着いた
Hit the bottom and escape
底にたどり着いて、逃げる
Escape
逃げるのさ

I’ll hit the bottom
僕は底にたどり着いた
Hit the bottom and escape
底にたどり着いて、逃げる
Escape
逃げる

Written by Colin Charles Greenwood / Edward John O’brien / Jonathan Richard Guy Greenwood / Philip James Selway / Thomas Edward Yorke
Weird Fishes/Arpeggi Lyrics © Warner/Chappell Music, Inc

 

言葉の意味・解説

weird fishes/arpeggi weird fishesは直訳すると「奇怪な魚」。深海を思わせる歌詞から、深海魚をイメージしました。arpeggiはアルペジオ(arpeggio)の事でしょう。コードを分散して弾く楽器の奏法で、この曲でも幾重にも重なるアルペジオが美しい雰囲気を醸しています。

 

 

トム・ヨークの評伝。「On A Friday」や「Headless Chicken」からソロ作品まで