スポンサーリンク

<和訳>Radiohead – Faust Arp

2017-12-26

Radioheadの7作目のアルバム「In Rainbows」(2007年) の6曲目に収録された楽曲です。

 

 

Radiohead – Faust Arp
レディオヘッド – ファウスト・アープ

 

One two three four
1,2,3,4
Wakey wakey
起きて起きて
Rise and shine
もう起きな
It’s on again, off again, on again
点いたり、消えたり、繰り返す
Watch me fall
僕が落ちるのを見ていてよ
Like domino’s
In pretty patterns
ドミノのように
見事な動きをしてるから

Fingers in the blackbird pie
ブラックバードパイに指を突っ込む
I’m tingling tingling tingling
ヒリヒリ、ヒリヒリ疼くんだ
It’s what you feel now
君が今感じるもの
What you ought to, what you ought to
君がしなきゃ、君がしなきゃ

Reasonable and sensible
合理的だし賢明だ
Dead from the neck up
首から上が死んでるみたいに愚か
Because I’m stuffed, stuffed, stuffed
だって僕は剥製さ、剥製、剥製
We thought you had it in you
君ならわかると思ってたけど
But no, no, no
でも、違った、違った
For no real reason
根拠は無いのさ

Squeeze the tubes and empty bottles
チューブと空き瓶を握って
Take a bow take a bow take a bow
お辞儀するんだ、お辞儀をね
It’s what you feel now
それが今の君の気持ち
What you ought to
君がしなくちゃ
What you ought to
君がしなくちゃ

An elephant thats in the room is
象が部屋の中で
Tumbling tumbling tumbling
転げ回る、転げ回る
In duplicate and duplicate
2組の、2組の
Plastic bags and
ビニール袋と
Duplicate and triplicate
2組そして3組
Dead from the neck up
首から上が死んでるみたいに愚か
Because I’m stuffed, stuffed, stuffed
だって僕は剥製さ、剥製、剥製
We thought you had it in you
君ならわかると思ってたけど
But no, no, no
でも、違った、違った

Exactly where do you get off
どこできっかり終わらせればいいのか
Is enough is enough is enough
十分さ、十分さ、十分さ
I love you but enough is enough, enough
君を愛しているけど、充分さ、もう充分
A last stop
終点さ
There’s no real reason
理由なんてない

You’ve got a head full of feathers
君は羽毛で頭をいっぱいにした
You got melted to butter
君はバターに溶けていった

Written by Colin Charles Greenwood / Edward John O’brien / Jonathan Richard Guy Greenwood / Philip James Selway / Thomas Edward Yorke
Faust Arp Lyrics © Warner/Chappell Music, Inc

 

言葉の意味・解説

faust arp ゲーテの戯曲「ファウスト」と、フランスの彫刻家・画家・詩人のジャン・アルプ(Jean Arp、ドイツ名ハンス・アルプHans Arp)の事を指していると言われています(またギター奏法のアルペジオともかけています)。ファウストはアルバム「In Rainbows」の世界観の元になっているそうです。


JEAN ARP RETROSPECTIVA 1915-1966

 

wakey wakey、rise and shine 相手を起こす時に使われるフレーズだそうで、「起きなさい」「もう朝ですよ」「いつまで寝てるの」といった意味合いだそうです。親子や恋人同士のような、親しい間柄で使われる事が多いようです。

 

blackbird pie イギリスの童謡「マザーグース」の中の「6ペンスの歌」(Sing a song fo sipence)にパイの中で焼かれた黒ツグミ(blackbirds)と、パイを開けたら小鳥が歌い出すフレーズが登場します。

 

Dead from the neck up 直訳すると「首から上が死んでいる」ですが、「バカな、愚かな」という意味になります。

stuffed 詰まった、いっぱいになった、剥製の、ぬいぐるみの、疲れ切った などの意味があります。

 


レディオヘッド RADIOHEAD メンズ レディース ユニセックス パーカpkwh00419-m