スポンサーリンク

<歌詞和訳>When Doves Cry (ビートに抱かれて) – Prince 曲の解説と意味も

2020-05-02その他の有名曲・定番曲 和訳

Prince – When Doves Cry
プリンス – ホエン・ダヴス・クライ(邦題:ビートに抱かれて)

 

ミュージシャンとしての卓越したスキルと、独特な世界観でカリスマ的な人気を誇るアメリカのアーティスト プリンスの、最大のヒットアルバム「Purple Rain」に収録されている曲です。

同アルバムのリードシングルとして、1984年5月にリリースされました。

プリンスの自伝的映画「パープル・レイン」の監督の要請で書かれた曲で、仲たがいした両親の記憶と、自分の恋愛をイメージして作られたそうです。


パープル・レイン ブルーレイ メモリアル・エディション(初回仕様) [Blu-ray]

 

歌詞の意味と解釈

タイトル「ホエン・ダヴズ・クライ」を直訳すると”鳩が泣く時“となります。

歌詞には「恋人と情熱的に愛し合っていても、自分の両親が離婚したように、愛は持続しないものだ」という、愛に対する恐れや悲観が書かれています。

その悲観的な感情を、(平和を象徴する)鳩が泣く時、と表現しているようです。

また、この曲ではベースが使われておらず(プリンスの判断で取り除いたそうです)、その分だけドラムマシンのビートが際立っています。

しかし、邦題の「ビートに抱かれて」は、音のイメージから付けられただけでは無いと思います。

なぜなら、鳩が泣いている時に頼れるのは”音楽”(ビートに抱かれる事) だと思われるからです。

 

歌詞と和訳

Written by Prince

Dig, if you will, the picture
Of you and I engaged in a kiss
The sweat of your body covers me
Can you, my darling?
Can you picture this?

君にその気があるんなら、考えてみて、こんな情景を。
君と僕が夢中でキスして
君の体から滴る汗が、僕を覆う。
どう? ダーリン
想像できた?

 

dig 掘る、発掘する、理解する、好む
engage 従事させる、魅了する、約束させる

 

Dream, if you can, a courtyard
An ocean of violets in bloom
Animals strike curious poses
They feel the heat
The heat between me and you

できるなら、思い描いて、中庭に
スミレが海のように咲き誇る。
動物たちも、興味を惹かれてるみたい。
彼らは熱を感じてるんだ
君と僕の間に生まれる熱を

 

strike a pose ポーズを決める
curious 好奇心をそそる、妙な、わいせつな

 

How can you just leave me standing
Alone in a world that’s so cold?
Maybe I’m just too demanding
Maybe I’m just like my father: too bold
Maybe you’re just like my mother
She’s never satisfied
Why do we scream at each other?
This is what it sounds like
When doves cry

立ち尽くす僕を、置き去りにするの?
こんな冷たい世界で、一人きり。
僕は要求し過ぎかもね
父さんみたいに、すごく無遠慮。
君は僕の母さんみたいかも、
決して満足しないから。
どうして僕らは、喚き合っているだろう?
その声はまるで
鳩が泣いているみたい

 

Touch, if you will, my stomach
Feel how it trembles inside
You’ve got the butterflies all tied up
Don’t make me chase you
Even doves have pride

その気があるなら、触ってみて、僕のお腹を、
心がどれだけ震えているか、わかるだろ
君は蝶を縛り付けたんだ。
君を追いかけたくないよ
鳩にだってプライドがあるんだ

 

tremble 震える、ひどく心配する
all tied up 手が塞がっている、全身を縛られている
 ちなみに、butterflies in my stomachとは「そわそわする」「ドキドキする」「緊張する」という意味です。

 

How can you just leave me standing
Alone in a world so cold?
Maybe I’m just too demanding
Maybe I’m just like my father: too bold
Maybe you’re just like my mother
She’s never satisfied
Why do we scream at each other?
This is what it sounds like
When doves cry
(×2)

立ち尽くす僕を、置き去りにするの?
こんな冷たい世界で、一人きり。
僕は要求し過ぎかもね
父さんみたいに、すごく無遠慮。
君は僕の母さんみたいかも、
決して満足しないから。
どうして僕らは、喚き合っているだろう?
その声はまるで
鳩が泣いているみたい

 

When doves cry (when doves cry)
When doves cry (when doves cry)
When doves cry
When doves cry
When doves cry

鳩が泣く時(鳩が泣く時)
鳩が泣く時(鳩が泣く時)
鳩が泣く時

 

When doves cry, don’t cry
Darling, don’t cry
Don’t cry, don’t cry, don’t, don’t cry

鳩が泣く時、泣かないで
ダーリン、泣かないで
泣かないで、どうか、泣かないでよ

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Purple Rain(1984年)

 

6thアルバムで、現在までに1,600万枚以上を売っているというプリンス最大のヒット作です。プリンスの世界観やキャラクターが好きかどうかは別としても、この作品は聴いておかなければ。

 

4Ever(2016年)

 

代表的な12枚のオリジナルアルバムと、サントラ提供曲などから選出した2枚組のベストアルバム。toを”2″と、forを”4″と表記するのがプリンスの通例です。