スポンサーリンク

<歌詞和訳>1999 – Prince 曲の解説と意味も

Prince 歌詞和訳[社会] 風刺/抗議,[表現] ユーモア・面白い歌詞

Prince – 1999
プリンス – ナインティーン・ナインティー・ナイン

 

ミュージシャンとしての卓越したセンス/スキルと、独特な世界観を併せ持つアメリカのアーティスト プリンスの5thアルバム「1999」(1982年リリース)の表題曲です。

1982年、1985年にシングルとしてリリースされた他、1999年を目前に控えた1998年12月には再レコーディングされたバージョンがリリースされました。

リードボーカルの掛け合い(プリンスと、レヴォリューションのメンバー デズ・ディッカーソン、リサ・コールマン)が特徴的な、踊れるファンクナンバーです。

 

歌詞の意味と解釈

タイトルの「1999」とは、西暦1999年の意味で、これは"2000年に人類は滅亡する"という80年代当時に流行していた予言(終末論)を基にしています。

(日本では「ノストラダムスの大予言」が流行っていましたが、この曲の終末論とは"judgement day“(裁きの日)という言葉もあるように、キリスト教的な終末・再臨を指しているようです)


ノストラダムスの大予言 迫りくる1999年7の月人類滅亡の日 (ノン・ブック)

 

歌詞の内容は、「2000年に世界が終わるなら、その前(1999年)までパーティーしていよう、踊り続けよう」というものです。

これは世間を賑わしていた終末論に対する皮肉だけでなく、「人生いつか終わりがくるのなら、楽しんで生きよう」というポジティブなメッセージにも受け取れます。

また、"why does everybody have a bomb?“(どうしてみんな爆弾を持ってるの?)という歌詞からは、当時の冷戦・核戦争への不安も感じさせます。

 

歌詞と和訳

Written by Prince

Don’t worry, I won’t hurt you
I only want you to have some fun

“心配するな、傷つけるつもりは無い
僕は君に楽しんでほしいだけだ"

※ミュージックビデオではこの箇所は省かれています

 

I was dreamin’ when I wrote this
Forgive me if it goes astray

But when I woke up this morning
Could have sworn it was judgement day

The sky was all purple
There were people runnin’ everywhere

Tryin’ to run from the destruction
You know I didn’t even care

これを書いた時、夢を見てた
脱線があっても許して欲しい

だけど今朝目覚めると
審判の日に違いなかった

空は紫に染まり
あたりには逃げ惑う人々

破滅から逃れようとしてた。
でも僕にはどうでもよかった

 

go astray 道を踏み外す、脱線する、迷う

 

'Cause they say
2000, zero-zero, party over, oops, out of time

So tonight I’m gonna party like it’s 1999

だって、みんな言う
2000年の0時0分、お楽しみはここまで、おっと、もう時間切れ

だから今夜はパーティーさ、1999年みたいに

 

the party is over お楽しみはここまで
oops おっと、しまった
out of time 時間切れになって、時間を間違えて、調子はずれで

 

I was dreamin’ when I wrote this
So sue me if I go too fast

But life is just a party
And parties weren’t meant to last

War is all around us
My mind says, “Prepare to fight"

So if I gotta die
I’m gonna listen to my body tonight
Yeah

これを書いた時、夢を見てた
速すぎるって? ほっといて

だけど人生なんて所詮パーティー
パーティーは終わる運命さ

そこら中で戦争が起きてる
心の声が言う「戦う覚悟を決めろ」

どうせ死ぬんなら
今夜は体が求める通りにしよう
イエー

 

sue me 悪かったね、知ったことか、(直訳では「私を訴えろ」)
meant to ~するように運命づけられている、~しなければならない、~を意図されている
prepare to ~する準備をする、覚悟を決める
gotta (=have got to)~しなければならない

 

They say
2000, zero-zero, party over, oops, out of time

So tonight I’m gonna party like it’s 1999
Yeah, yeah, shh

みんな言う
2000年の0時0分、お楽しみはここまで、おっと、もう時間切れ

だから今夜はパーティーさ、1999年みたいに

 

Lemme tell ya somethin’
If you didn’t come to party
Don’t bother knockin’ on my door, oh

I got a lion in my pocket
And baby he’s ready to roar, yeah, yeah

Everybody’s got a bomb
We could all die any day, oh

But before I’ll let that happen
I’ll dance my life away
Oh

一つ言わせて
パーティーしに来たんじゃないなら
ドアをノックしなくていいよ

僕のポケットにはライオンがいる
彼は今にも吠えそうさ

みんな爆弾を抱えてる
僕らはいつかみんな死んじゃうんだ

でも、そうなる前に
僕は人生を踊り明かすんだ

 

lemme tell ya somethin’ (=let me tell you something)言わせてもらうけど、一言言わせてくれ
don’t bother お気遣いなく、お構いなく
roar 吠える、うなる、わめく、怒鳴る、唸り声、轟音

 

They say
2000, zero-zero, party over, oops, out of time
(We’re runnin’ outta time)

So tonight I’m gonna party like it’s 1999
So tonight we gonna, we gonna, oh
Say it one more time

2000, zero-zero, party over, oops, out of time
No, no
Tonight I’m gonna party like it’s 1999
So tonight we gonna, we gonna, woo

みんな言う
2000年の0時0分、お楽しみはここまで、おっと、もう時間切れ

だから今夜はパーティーさ、1999年みたいに
今夜はみんなで、さあみんなで
もう一度

2000年の0時0分、お楽しみはここまで、おっと、もう時間切れ
今夜はパーティー、1999年みたいに
今夜はみんなで、さあみんなで

 

Alright, 1999
You say it, 1999
Ooh, 1999, oh, 1999
Don’t stop, don’t stop, say it one more time
2000, zero-zero, party over, oops, out of time
Yeah, yeah
Tonight I’m gonna party like it’s 1999
So tonight we’re gonna, we’re gonna, woo

そうさ、1999
君の言う通り、1999
あぁ、1999
止めないで、止めないで、もう一度
2000年の0時0分、お楽しみはここまで、おっと、もう時間切れ

今夜はパーティー、1999年みたいに
今夜はみんなで、さあみんなで

 

Yeah, 1999
Don’tcha wanna go? (1999)
Don’tcha wanna go? (1999)
We could all die any day (1999)
I don’t wanna die
I’d rather dance my life away 1999
Listen to what I’m tryin’ to say
Everybody, everybody say, “Party"
C’mon now, you say, “Party"
That’s right, everybody say “Party"
Can’t run from the revelation, no (Party)
Sing it for your nation y’all, “Party"
Tell me what you’re singin’, baby say, “Party"
Telephone’s a-ringin’, mama (Party)
C’mon, c’mon, you say, “Party"
Everybody, two times, “Party"
Woo, work it down to the ground, say, “Party"
Ooh, ooh, ooh, ooh (Party)
Come on, oh, take my body, baby (Party)
That’s right, c’mon, sing the song (Party)
(Oh) (Party)
That’s right (Party)
Got a lion in my pocket mama, say, “Party"
Oh, and he’s ready to roar (Party)
Ah

※ミュージックビデオでは後半部分も省かれています

イエー、1999
行きたくないかい?
行きたくないかい?
僕らはいつかみんな死ぬ
僕は死にたくない
どうせなら踊って死にたいね
僕の話を聞いて
みんな、叫んで「パーティー」
さあ、叫んで「パーティー」
いいね、みんな叫んで「パーティー」
革命からは逃げられないのさ
君の国のみんなに向かって、歌うんだ
君の歌を聴かせて、「パーティー」
電話が鳴ってるよ、ママ
さあさあ、叫んで「パーティー」
みんな、2回、「パーティー」
思いっきり叫んで「パーティー」
さあ、僕を吹き飛ばしてよ、ベイビー
そうさ、さあ、歌って「パーティー」
彼も吠えるところだよ

 

Mommy, why does everybody have a bomb?
Mommy, why does everybody have a bomb?

“ねえママ、なんでみんな爆弾を持ってるの?"

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

1999(1982年)

 

5thアルバム。ポップかつバラエティに富んだ作品で、プリンスの数ある作品の中でもオススメできるアルバムの1つです。

 

4Ever(2016年)

 

代表的な12枚のオリジナルアルバムと、サントラ提供曲などから選出した2枚組のベストアルバム。toを"2″と、forを"4″と表記するのがプリンスの通例です。