スポンサーリンク

<歌詞和訳>Wonderful Christmastime – Paul McCartney 曲の解説と意味も

Paul McCartney 歌詞和訳[☆]【クリスマスソング】

Paul McCartney – Wonderful Christmastime
ポール・マッカートニー – ワンダフル・クリスマスタイム

 

ポール・マッカートニーが1979年11月にクリスマス・シングルとしてリリースした曲です。

ポールのソロアルバム「McCartney II」制作時に録音された曲で、シンセサイザーなどすべての楽器をポール一人で演奏しています(ミュージックビデオではウイングスのメンバーと演奏していますが)。

当時流行のテクノ・ポップを意識したポールらしからぬチープなサウンドで、音楽的には賛否両論となっていますが、クリスマスシーズンになると音楽チャートにたびたび登場するヒット曲となっています。

 

元ビートルズのクリスマスソングという事で、ついついジョンの『Happy Xmas(War Is Over)』と比較してしまいます。音楽的な価値で言えばおそらく『Happy Xmas(War Is Over)』の足元にもおよばないと思うのですが(すみません…)、クリスマスのBGMと割り切ればこちらも味わい深い曲だと思います。

 

歌詞の意味と解釈

ポールがこの曲で描く「ワンダフル・クリスマスタイム」(素晴らしいクリスマスタイム)とは、豪華なクリスマス・パーティーではなく、気の合う仲間と集まる平凡でささやかなクリスマスのようです。

宅録のようなシンプル過ぎるサウンドは、ささやかだけど温かい、仲間たちとのクリスマスを表現しているようにも聴こえます。

 

歌詞と和訳

Written by Paul McCartney

The mood is right
The spirit’s up
We’re here tonight
And that’s enough

いい感じの雰囲気
気分は上がってる
今夜ここに集まれば
それで十分

 

Simply having a wonderful Christmastime
Simply having a wonderful Christmastime

ただ過ごすのさ、素敵なクリスマス・タイムを
ただ過ごすのさ、素敵なクリスマス・タイムを

 

The party’s on
The feeling’s here
That only comes
This time of year

パーティーの真っ最中
こんな気持ちは
一年のうちで
この時だけ

 

Simply having a wonderful Christmastime
Simply having a wonderful Christmastime

ただ過ごすのさ、素敵なクリスマス・タイムを
ただ過ごすのさ、素敵なクリスマス・タイムを

 

The choir of children sing their song
Ding dong, ding dong, ding dong, ding
Ooh ooh ooh ooh ooh
Ooh ooh ooh ooh ooh ooh
Doo doo doo doo doo doo doo

子供たちの聖歌隊の歌声
ディンドン、ディンドン、ディンドン、鐘の音

 

Simply having a wonderful Christmastime
We’re simply having a wonderful Christmastime
Simply having a wonderful Christmastime

ただ過ごすのさ、素敵なクリスマス・タイムを
僕らはただ過ごすのさ、素敵なクリスマス・タイムを

ただ過ごすのさ、素敵なクリスマス・タイムを

 

The word is out
About the town
To lift a glass
Oh, and don’t look down

街中に飛び交う
この言葉
乾杯
おっと、ちゃんと上を向いて

 

the word is out ~という噂が広まる
※上の訳では、文章の流れから"噂"とせず上記のように訳しました

 

Simply having a wonderful Christmastime
Simply having a wonderful Christmastime

ただ過ごすのさ、素敵なクリスマス・タイムを
ただ過ごすのさ、素敵なクリスマス・タイムを

 

The choir of children sing their song
They practiced all year long
Ding dong, ding dong
Ding dong, ding dong
Ding dong, ding dong
Ding dong, ding dong

子供たちの聖歌隊の歌声
1年間練習してきたんだ
ディンドン、ディンドン、ディンドン、鐘の音

 

The party’s on
The spirit’s up
We’re here tonight
And that’s enough

パーティーの真っ最中
気分は上がってる
今夜ここに集まれば
それで十分

 

Simply having a wonderful Christmastime
We’re simply having a wonderful Christmastime
Simply having a wonderful Christmastime

ただ過ごすのさ、素敵なクリスマス・タイムを
僕らはただ過ごすのさ、素敵なクリスマス・タイムを

ただ過ごすのさ、素敵なクリスマス・タイムを

 

 

The mood is right
The spirit’s up
We’re here tonight
Oh, and that’s enough

いい感じの雰囲気
気分は上がってる
今夜ここに集まれば
それで十分

 

We’re simply having a wonderful Christmastime
Simply having a wonderful Christmastime (×4)

僕らはただ過ごすのさ、素敵なクリスマス・タイムを
ただ過ごすのさ、素敵なクリスマス・タイムを

 

Oh oh oh oh
Oh oh oh wonderful Christmas time

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Back To The Egg(1979年)

 

ウイングスのラストアルバムとなった7枚目のアルバム。CD化の際にポールの『Wonderful Christmastime』が追加収録されました(ポールのソロでなくウイングスの方に収録されたのは不思議です)。

なお、『Wonderful Christmastime』はポールのベスト盤などにも収録されていないので、CDで聴くにはこのアルバムが一番だと思います(それ以外ですと、クリスマス系のコンピレーションアルバムか、ポールソロ「McCartney II」のスペシャルエディションとなります)。