スポンサーリンク

<歌詞和訳>Time To Pretend – MGMT 曲の解説と意味も

2018-07-06MGMT 歌詞和訳[社会] 風刺/抗議

MGMT – Time To Pretend
エムジーエムティー – タイム・トゥー・プリテンド

 

アメリカのサイケポップ・ユニット MGMTの1stアルバム「Oracular Spectacular」(”謎めいた特別ショー”の意味) に収録されている曲です。

同アルバムの1枚目のシングルとして、2008年3月にリリースされました。

もともとはデビュー前のEP「Time To Pretend」(2005年) の表題曲としてリリースされています(アルバム収録とは別バージョン)。

 

歌詞の意味と解釈

タイトル「タイム・トゥ・プリテンド」(フリをする時間)  は、若くして成功するミュージシャンの”ビッグな夢”を皮肉りながらも、それは「プリテンド (らしい振る舞い)」だと、どこか物悲しく歌った曲です。

“ロックの熱さ”と距離を置くMGMTならではの視点と言えそうです。

 

歌詞と和訳

Written by Ben Goldwasser & Andrew VanWyngarden

I’m feeling rough, I’m feeling raw
I’m in the prime of my life
Let’s make some music, make some money
Find some models for wives
I’ll move to Paris, shoot some heroin
And fuck with the stars
You man the island and the cocaine
And the elegant cars

激しい気持ち、生々しい感情
僕は人生の絶頂期
さぁ、曲を作って、金を稼いで、

モデルの中から愛人を見つけよう。
パリに引っ越して、ヘ口インをキメて、

スター達とヤリまくる。
それから自分の島とコカインと

高級車を手に入れる

 

This is our decision, to live fast and die young
We’ve got the vision, now let’s have some fun

Yeah, it’s overwhelming, but what else can we do?
Get jobs in offices and wake up for the morning commute?

Forget about our mothers and our friends
We’re fated to pretend
To pretend
We’re fated to pretend
To pretend

これこそが、派手に短く生きる、僕らの方針
ヴィジョンならある、今を楽しもう

そうさ、逆らえやしないんだ、他にどうしろって言うの?
オフィスワークを見つけて、通勤の為に早起きしろだって?

母さんや友達の事は忘れよう。
僕らは”らしく”振る舞う運命なんだ

僕らはらしく振る舞う運命なんだ

 

overwhelming 圧倒的な、抗しがたい、敵わない
commute (定期券で)通勤する、代わりとなる

 

I’ll miss the playgrounds
And the animals and diggin’ up worms
I’ll miss the comfort of my mother
And the weight of the world
I’ll miss my sister, miss my father
Miss my dog and my home
Yeah, I’ll miss the boredom and the freedom
And the time spent alone

恋しくなるよ、遊び場や
動物や、ミミズを掘じくり出した事が。
恋しくなるよ、母さんがくれた安らぎや
世界の重みが。
恋しくなるよ、妹や父さん、

愛犬や実家が。
あぁ、恋しくなるよ、退屈や自由や

一人で過ごした時間が。

 

But there is really nothing, nothing we can do
Love must be forgotten, life can always start up anew

The models will have children, we’ll get a divorce
We’ll find some more models, everything must run its course

We’ll choke on our vomit and that will be the end
We were fated to pretend
To pretend
We’re fated to pretend
To pretend

でもなんて事ないさ、何もできないんだ
愛は忘れさられる、人生はいつも上書きされる

モデルの妻に子供ができた、さよならさ
また別のモデルを探す、すべては成り行き任せ

僕らはゲロを喉に詰まらせて、くたばるのさ
僕らはらしく振る舞う運命なんだ

 

I said yeah, yeah, yeah
Yeah, yeah, yeah
Yeah, yeah, yeah
Yeah, yeah, yeah

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Oracular Spectacular(2007年)

 

メディアから絶賛された1stアルバム。ヘロヘロなサウンドの中にセンスが光っています。

 

Time To Pretend EP(2005年)

 

デビュー前にリリースされていたEP。『Time To Pretend』や『Kids』のアルバムとは別バージョンが楽しめます。