スポンサーリンク

<歌詞和訳>Tourniquet – Evanescence 曲の解説と意味も

2020-02-21Evanescence 歌詞和訳悲観/憂鬱/苦悩

Evanescence – Tourniquet
エヴァネッセンス – ターニケット

 

女性ボーカリスト エイミー・リー率いるアメリカのニューメタルバンド エヴァネッセンスの、1stアルバム「Fallen」に収録されている曲です。

 

歌詞の意味と解釈

タイトルの「ターニケット」とは、”止血帯” の事です。


止血帯 2本入 止血バンド 止血ベルト

 

メンバー曰く、この曲は「自殺した人が天国へいけるかどうか」という、キリスト教的なテーマを持った曲だそうです。

また、この曲はバンドのドラマー ロッキー・グレイ(デビューから2007年まで在籍)が、過去に在籍していたクリスチャン・メタルバンドで演奏していた曲が元になっているそうです。

その為、歌詞にはキリストの名前や、キリスト教的な言葉(my god、salvation 救済、betrayal 背信)が多く登場します。

 

歌詞と和訳

Written by Ben Moody, Amy Lee, Rocky Gray & David Hodges

I tried to kill my pain
But only brought more (So much more)
I lay dying
And I’m pouring crimson regret and betrayal

I’m dying, praying, bleeding and screaming
Am I too lost to be saved?
Am I too lost?

痛みを抑えようとしたけど
増していくばかり(あまりにも酷く)
死の床に横たわり
真っ赤に染まった後悔と裏切りが溢れ出す

私は死に瀕し、祈り、血を流し、叫んでいる
もう手遅れなの?
失い過ぎてしまったの?

 

crimson クリムゾン、深紅の、真っ赤に染める
betrayal 裏切り、背信、密告

 

My God, my tourniquet
Return to me salvation
(×2)

神よ、あなたは私の止血帯
私をどうか救って

 

salvation 救い、救済

 

Do you remember me?
Lost for so long
Will you be on the other side
Or will you forget me?

I’m dying, praying, bleeding and screaming
Am I too lost to be saved?
Am I too lost?

私を覚えていない?
別れの言葉もなく
あなたは向こう側に行ってしまうの?
それとも私を忘れてしまうの?

私は死に瀕し、祈り、血を流し、叫んでいる
もう手遅れなの?
失い過ぎてしまったの?

 

so long さようなら

 

My God, my tourniquet
Return to me salvation
My God, my tourniquet
Return to me salvation
(Return to me salvation)

(I want to die)

神よ、あなたは私の止血帯
私をどうか救って
神よ、あなたは私の止血帯
私をどうか救って

 

My God, my tourniquet
Return to me salvation
(×2)

神よ、あなたは私の止血帯
私をどうか救って

 

My wounds cry for the grave
My soul cries for deliverance
Will I be denied, Christ?
Tourniquet
My suicide

(Return to me salvation
Return to me salvation)

私の傷が、墓場を求めて泣き叫ぶ
この魂が、救いを求めて泣き叫ぶ
私は救われない運命なの? イエス様
止血帯
私の死

(私をどうか救って
どうか救って)

 

cry for 泣く、欲しがる、要望する

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Fallen(2003年)

 

グラミー賞を2部門獲得し、現在までに1,700万枚以上のセールスを記録している1stアルバム。サウンドに目新しさはないのですが、バランスが良く、歌や歌詞やメロディが秀逸です。