スポンサーリンク

<歌詞和訳>Jailhouse Rock (監獄ロック) – Elvis Presley 曲の解説と意味も

Elvis Presley 歌詞和訳[表現] ユーモア・面白い歌詞

Elvis Presley – Jailhouse Rock
エルヴィス・プレスリー – ジェイルハイス・ロック(邦題:監獄ロック)

 

エルビス・プレスリーが1957年にリリースしたシングル曲です。

エルビスが主演した同名の映画の主題歌となっています。


監獄ロック(字幕版)

 

歌詞の意味と解釈

ジェイルハウスとは”監獄”、”牢屋”を意味します。

邦題「監獄ロック」のタイトルどおり、刑務所の中でロックパーティーが開かれ、囚人たちが我を忘れて盛り上がる様子がコミカルに書かれています。

 

歌詞と和訳

Written by Mike Stoller & Jerry Leiber

The warden threw a party in the county jail
The prison band was there and they began to wail
The band was jumping and the joint began to swing
You should’ve heard those knocked out jailbirds sing

田舎のムショで所長がパーティーを開いた
刑務所バンドは大騒ぎ
バンドは飛び跳ね、刑務所中が踊り出す
アンタも聴きなよ、ぶっ飛んだ囚人共の歌を

 

warden 管理人、刑務所長
wail 泣き叫ぶ、声を上げて泣く
joint ジョイント、接手、いかがわしい場所、刑務所、マリファナ
jailbird 常習犯、囚人

 

Let’s rock, everybody, let’s rock
Everybody in the whole cell block
Was dancing to the Jailhouse Rock

ロックだ、みんな、騒ごうぜ
檻の中の奴ら全員
監獄ロックに合わせて踊り出す

 

cell block 独房棟

 

Spider Murphy played the tenor saxophone
Little Joe was blowing on the slide trombone
The drummer boy from Illinois went crash, boom, bang
The whole rhythm section was the Purple Gang

クモ野郎のマーフィーがテナーサックスを鳴らし
チビのジョーはトロンボーンを吹いた
イリノイ育ちのドラム小僧はドカスカ叩きまくり
リズム隊は全員、パープルギャングだったんだ

 

Purple Gang パープルギャング。ミシガン州デトロイトの存在した禁酒法時代(1920年代)のギャング

 

Let’s rock, everybody, let’s rock
Everybody in the whole cell block
Was dancing to the Jailhouse Rock

ロックだ、みんな、騒ごうぜ
檻の中の奴ら全員
監獄ロックに合わせて踊り出す

 

Number forty-seven said to number three
“You’re the cutest jailbird I ever did see
I sure would be delighted with your company
Come on and do the Jailhouse Rock with me”

囚人47号は3号に言った
「あんたみたいに可愛い囚人、見たこと無いぜ。
ご一緒出来て光栄さ
なぁ、俺と監獄ロックで騒ごうぜ」

 

Let’s rock, everybody, let’s rock
Everybody in the whole cell block
Was dancing to the Jailhouse Rock

ロックだ、みんな、騒ごうぜ
檻の中の奴ら全員
監獄ロックに合わせて踊り出す

 

The sad sack was a sitting on a block of stone
Way over in the corner weeping all alone
The warden said, “Hey, buddy, don’t you be no square
If you can’t find a partner use a wooden chair”

乗り遅れたノロマはブロックに腰を下ろし
隅っこで一人、泣いている
所長が言った「よぉ、兄弟。そんなシケた面すんなよ
相手がいなけりゃ、木の椅子とでも踊りゃいい」

 

sad sack のろま、マヌケ
weeping 涙を流す、すすり泣く
buddy 兄弟、相棒、お前
square 四角、真面目で面白みがない人 (”no”は強調の意味だと思われます)

 

Let’s rock, everybody, let’s rock
Everybody in the whole cell block
Was dancing to the Jailhouse Rock

ロックだ、みんな、騒ごうぜ
檻の中の奴ら全員
監獄ロックに合わせて踊り出す

 

Shifty Henry said to Bugs, “For Heaven’s sake
No one’s looking, now’s our chance to make a break”
Bugsy turned to Shifty and he said, “Nix nix
I want to stick around a while and get my kicks.”

ずる賢いヘンリーはバグジーに言った「一体どうしちまったんだ
誰も見てねえ、脱獄するチャンスじゃねえか」
バグジーは狡猾野郎の方を向き、奴にこう言った「いやいや、やめとくよ
もうしばらく俺はここで盛り上がんだよ」

 

shifty 不誠実な、ずるそうな
for heaven’s sake (一生の)お願いだから、勘弁してくれ、なんてこった
nix 無、驚き、警察が来たぞ、逃げろ、拒否する
stick around 近くをぶらつく、固執する、聞き続ける
get one’s kicks 快感を味わう(kick=楽しみ、興奮)

 

Let’s rock, everybody, let’s rock
Everybody in the whole cell block
Was dancing to the Jailhouse Rock

ロックだ、みんな、騒ごうぜ
檻の中の奴ら全員
監獄ロックに合わせて踊り出す

 

Dancing to the Jailhouse Rock
Dancing to the Jailhouse Rock
Dancing to the Jailhouse Rock
Dancing to the Jailhouse Rock

監獄ロックに合わせて踊り出す

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Jailhouse Rock & Love Me Tender(1997年)

 

エルヴィス初期の出演映画「Jailhouse Rock」と「Love Me Tender」のサウンドトラックを合わせた編集盤です。

 

Love Me Tender The Greatest Hits Elvis Presley(2018年)

 

2018年にリリースされた30曲入りのベストアルバムです。