スポンサーリンク

<歌詞和訳>Blue Suede Shoes – Elvis Presley 曲の解説と意味も

Elvis Presley 歌詞和訳[生き方] 信念/自分らしさ

Elvis Presley – Blue Suede Shoes
エルヴィス・プレスリー – ブルー・スウェード・シューズ

 

エルヴィス・プレスリーが1956年にシングルとしてリリースした、カバー曲です。

原曲はエルヴィスと同じサン・レコード所属のロックミュージシャン カール・パーキンス(Carl Perkins) の曲です。

エルヴィスが歌った事で世間的にはエルヴィスのイメージが定着したと言われています(私もエルヴィスの曲だと思っていました。デビューアルバムの1曲目ですし…)。

 

カール・パーキンスのバージョンはこちら↓

 

ちなみに、冒頭の印象的なフレーズ「ワン・フォー・ザ・マネー、トゥー・フォー・ザ・ショウ」(1つ目はカネの為、2つ目はショウの為) は、アメリカ南部のブルースシンガー達が歌っていた常套句だそうです。

歌詞の意味と解釈

「何をしたって構わない、だが俺のブルー・スエード・シューズ(青いスエードの靴) は踏むなよ」という、青いスエード靴へのこだわりを歌った曲です。

作者のカール・パーキンスによると、盟友であるジョニー・キャッシュから聴いた話(コンサート会場で「俺のブルー・スエード・シューズを踏むな」と言っていた男の話) がインスピレーションになっているそうです。
(その為、カール・パーキンスがブルースエードシューズを着用していたわけではなく、しかもその男が実際に履いていたのは黒のスエードシューズだったそうです。ちなみに、当時スエードの靴は高級品だったようです)

この由来から察するに、ブルー・スエード・シューズにはどこか滑稽なニュアンスが含まれていたと思われます。

しかし、一般的にはブルー・スエード・シューズとは”信念”や”アイデンティティ”を意味していると受け取られ(私もそう解釈しました)、若者を中心に熱く支持されたようです。
(「ブルースエードシューズを踏むな」=「俺の信念を汚すな」)

 

歌詞と和訳

Written by Carl Perkins

Well, it’s one for the money, two for the show
Three to get ready, now go, cat, go

But don’t you step on my blue suede shoes
Well, you can do anything, but stay off of my blue suede shoes

1つ目にカネ 2つ目にショー
3つ目で準備万端、騒ぎな、野郎共

だがな俺のブルースエードシューズは踏むな
あぁ、好きにしな、だが俺のブルースエードシューズは汚すなよ

 

cat 猫、意地悪女、やつ(男)
stay off 立ち入らない、遠ざかる

 

Well, you can knock me down, step in my face
Slander my name all over the place
Do anything that you wanna do
But uh-uh honey, lay off of them shoes

俺をぶん殴って、顔面を踏みつけて
こき下ろしたって構わない
好きにしろよ
だがな、ハニー、俺の靴には手を出すな

 

slander 中傷、悪口
lay off 一時解雇する、区別する、やめる、放っておけ

 

And don’t you step on my blue suede shoes
Well, you can do anything, but stay off of my blue suede shoes
Let’s go, cat!
Ah, walk the dog

俺のブルースエードシューズは踏むな
あぁ、好きにしな、だが俺のブルースエードシューズは汚すなよ
さあ、野郎共!
騒ぎな!

 

walk the dog 直訳すると「犬を散歩する」ですが、繋がれた犬が解放される、というニュアンスかと思い(私の想像ですが…)、上記のように訳しました

 

You can burn my house, steal my car
Drink my liquor from an old fruit jar
Do anything that you want to do
But uh-uh, honey, lay off of my shoes

俺の家を燃やし、車を盗み
大事なフルーツ瓶に入った、酒を飲んだっていいぜ
好きにしろ
だがな、ハニー、俺の靴には手を出すな

 

liquor リカー、酒、蒸留酒(ウイスキーやテキーラ、ブランデーなど)

 

And don’t you step on my blue suede shoes
Well, you can do anything, but lay off of my blue suede shoes
Rock it
Yeah!

俺のブルースエードシューズは踏むな
あぁ、好きにしな、だが俺のブルースエードシューズに触れるなよ
ぶっとべ
イエー!

 

Well, it’s one for the money, two for the show
Three to get ready, now go, go, go

But don’t you step on my blue suede shoes
Well, you can do anything but lay off of my blue suede shoes

1にカネ 2にショー
3で準備万端、騒ぎな、野郎共

だがな俺のブルースエードシューズは踏むな
あぁ、好きにしな、だが俺のブルースエードシューズに触れるなよ

 

Well it’s blue, blue, blue suede shoes
Blue, blue, blue suede shoes, yeah
Blue, blue, blue suede shoes, baby
Blue, blue, blue suede shoes
Well, you can do anything but lay off of my blue suede shoes

ブルー、ブルー、ブルースエードシューズ
ブルー、ブルー、ブルースエードシューズ、イエー
ブルー、ブルー、ブルースエードシューズ、ベイビー
ブルー、ブルー、ブルースエードシューズ
あぁ、好きにしな、だが俺のブルースエードシューズには触れるなよ

 

 

ジョニー・キャッシュとの共演はこちら↓

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Elvis Presley(邦題:エルヴィス・プレスリー登場 1956年)

 

デビューアルバム。まだシングルがヒットしていなかった為、即席で作られたアルバムと言われており、12曲中5曲がカバー曲ですが、エルヴィスおよびロックンロールの傑作に挙げられる事の多い作品です。

 

Love Me Tender The Greatest Hits Elvis Presley(2018年)

 

2018年にリリースされた30曲入りのベストアルバムです。

 

 

Blue Suede Shoes / Carl Perkins

 

こちらはカール・パーキンスのベストアルバムです。