スポンサーリンク

<歌詞和訳>Song 2 – Blur 曲の解説と意味も

その他の有名曲・定番曲 歌詞和訳

Blur – Song 2
ブラー – ソング・トゥー

 

90年代のブリットポップを先導したイギリスのロックバンド ブラーの5thアルバム「Blur」(1997年)に収録されている曲です。

同アルバムの2枚目のシングルとしてもリリースされました。

 

もともとはアコースティックの曲で作られていたそうですが、ギタリスト グレアム・コクソンのアイデアのもと、パンクロックのようなアップテンポの爆音ナンバーになったそうです。

「グランジのパロディ」とも呼ばれ、ブラーらしからぬ曲ですが、アメリカでもヒットとなり(ブラーはアメリカでは売れていませんでした)、ブラーを代表する曲となりました。

 

歌詞の意味と解釈

タイトル「ソング2」は仮タイトルだったそうです(その由来は曲の長さが2分である事とも、アルバム用の2曲目とも言われています)。

歌詞も短時間で作られた、特に意味のないものらしいですが、音響も含め"雑"なところが、かえって好評を得たようです。

 

歌詞と和訳

Written by Dave Rowntree, Alex James, Graham Coxon & Damon Albarn

Woo-hoo
Woo-hoo
Woo-hoo
Woo-hoo

 

 

I got my head checked
By a jumbo jet
It wasn’t easy
But nothing is, no

頭をチェックされた
ジャンボジェットに乗る時
楽じゃないよ
でも、なんだってそうさ

 

(Woo-hoo) When I feel heavy metal
(Woo-hoo) And I’m pins and I’m needles
(Woo-hoo) Well, I lie and I’m easy
All of the time, but I’m never sure why I need you
Pleased to meet you

ヘヴィーメタル気分で
手足がしびれる時
まあ、横になって、楽にいこう
いつだって。でもわからない、どうして君が必要なのか
君に会えて嬉しいよ

 

pins and needle (手足の)しびれ、しびれる感覚

 

I got my head done
When I was young
It’s not my problem
It’s not my problem

頭はもうイカレてた
ガキの頃にね
どうでもいい
どうでもいいのさ

 

done 終わった、仕上がった

 

(Woo-hoo) When I feel heavy metal
(Woo-hoo) And I’m pins and I’m needles
(Woo-hoo) Well, I lie and I’m easy
All of the time, but I’m never sure why I need you
Pleased to meet you

ヘヴィーメタル気分で
手足がしびれる時
まあ、横になって、楽にいこう
いつだって。でもわからない、どうして君が必要なのか
君に会えて嬉しいよ

 

Yeah-yeah
Yeah-yeah
Yeah-yeah
Oh, yeah

 

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Blur(1997年)

 

脱ブリットポップを果たし、アーティスト性を高めた5thアルバムです。

 

Blur: The Best Of(2000年)

 

1stアルバム「Leisure」(1991年)~6thアルバム「13」(1999年)のシングル曲を中心に18曲(アルバム未収録曲有)が収録されたベストアルバムです。