スポンサーリンク

<歌詞和訳>Wouldn’t It Be Nice(素敵じゃないか) – The Beach Boys 曲の解説と意味も

Beach Boys 歌詞和訳[恋愛] 不朽のラヴソング,★★★★★ (いい歌詞)

The Beach Boys – Wouldn’t It Be Nice
ザ・ビーチ・ボーイズ – ウドゥント・イット・ビー・ナイス(邦題:素敵じゃないか)

 

アメリカ カリフォルニア出身のロックバンド ザ・ビーチ・ボーイズの11thアルバム「Pet Sounds」(1966年)のオープニングトラックで、同年にシングルとしてもリリースされました(B面は『God Only Knows』)。

B面の『God Only Knows』とともにビーチボーイズを代表する曲の1つで、洗練されたサウンドとコーラスワークは、プログレッシヴ・ポップとも形容されています。

 

作詞のメインは、当時広告代理店のコピーライターをしていたトニー・アッシャーによるものです。(ブライアン・ウィルソンは当時、様々な作詞家と共同作業をしており、トニーはアルバム「ペットサウンズ」で関わった曲は8曲あります)

 

歌詞の意味と解釈

歌詞の内容は「結婚を夢見る若いカップル」の話だそうです。

しかし、個人的な感想としては若さや初々しさよりも、どこか達観したものを感じさせます。

この曲の"願望"は叶うものなのか、それとも叶わないと知って歌われたものなのか、それは想像するしかなく、ただ幸せなだけのラブソングとは違う重みを感じさせます。

 

歌詞と和訳

Written by Tony Asher, Mike Love & Brian Wilson

Wouldn’t it be nice if we were older?
Then we wouldn’t have to wait so long
And wouldn’t it be nice to live together
In the kind of world where we belong?

素敵だろうね 僕らが年をとったら
もうこんなに長く待たなくていいんだ
素敵だろうね 一緒に暮らせたら
二人がいる、この世界で

 

You know it’s gonna make it that much better
When we can say goodnight and stay together

もっと素晴らしくなるはずさ
おやすみと言ってから、二人一緒にいられたら

 

Wouldn’t it be nice if we could wake up
In the morning when the day is new?
After having spent the day together
Hold each other close the whole night through

素敵だろうね 二人が朝、目を覚まし
新しい一日を始められたら
まる一日、二人で過ごした後
一晩中、ギュッと抱きしめ合うんだ

 

But happy times together we’ve been spending
I wish that every kiss was never-ending
Oh, wouldn’t it be nice?

どれだけ幸せな時を過ごしても
キスをするたび、ずっとこのままでいたい

あぁ、素敵だろうね

 

Maybe if we think and wish and hope and pray, it might come true
Oh, baby, then there wouldn’t be a single thing we couldn’t do
Oh, we could be married (Oh, we could be married)
And then we’d be happy (And then we’d be happy)
Oh, wouldn’t it be nice?

二人で思ったり、願ったり、望んだり、祈ったりすれば、きっと叶うんじゃないかな
ねぇ、だとしたら、僕らにできない事なんて一つもないよ
ねぇ、結婚だってできる
そして、幸せになるんだ
あぁ、素敵だろうね

 

You know it seems the more we talk about it
It only makes it worse to live without it
But let’s talk about it
But wouldn’t it be nice?

こんな事を話せば話すほど
それ以外の暮らしは考えられなくなってしまう
でも、もっと話そう
だって、素敵だろうね

 

Goodnight, my baby
Sleep tight, my baby
Goodnight, my baby
Sleep tight, my baby
Goodnight, my baby
Sleep tight, my baby

おやすみ、愛しい君
ぐっすり眠って、愛しい君

 

収録アルバム

アルバムジャケットを押すとアマゾンのページへ移動します。

Pet Sounds(1966年)

 

11thアルバム。ブライアン・ウィルソンの才能が余すことなく注がれた名盤。ビーチボーイズのみならず、ロックの名盤として歴史に名を刻んでいる作品です。

 

The Very Best of The Beach Boys: Sounds of Summer(2003年)

 

1stアルバム「Surfin’ Safari」(1962年)から、1988年のヒット曲『Kokomo』までの代表曲全30曲を収録したベストアルバム。